忘却エンドロール

家族ドラマカテゴリのご紹介

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ボルベール<帰郷>」を半分観ました…

ボルベール<帰郷>前半
製作:スペイン’06
原題:VOLVER
監督:ペドロ・アルモドバル
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】遅くまで働いていたライムンダは、帰宅して父親を刺し殺してししまった娘パウラを見つける。彼女が死体処理に奔走していると、今度は伯母が急死したとの報せが入った。姉ソーレが葬儀へ出席するが、そこで死んだ母イレネと出会い…。

半分だけ観ました。というか、録画失敗しました。なんとなくCMが印象に残っていて楽しみにしていたのに残念…。
とりあえず前半は面白かったです。ごちゃごちゃと色々な出来事が起こるのに”ちぐはぐ”な印象はなく、母娘(×2)がこれからどうなるか気になり一気に観れました、前半を(泣)
内容的には、冒頭から墓掃除だし、生きているうちに自分でお墓を買って掃除するとか、叔母が痴呆症、親が焼け死んだ、母親が行方不明の友人が癌で入院などなど…大半が重いです。しまいには、襲われそうになった娘が父親を刺し殺し、ライムンダが事件隠蔽に奔走することになるんですね。
でも、ライムンダの溢れんばかりの”活力”や、鮮やかな色彩、妙にコメディタッチな雰囲気によって、不思議と暗い気分にはなりません。それどころか、不謹慎にも次は何が起こるかとワクワクしてしまいました。
そして、現れたのは死んだはずの母親。殺人に幽霊というとサスペンス・ホラーになりそうですが、この母親は怨念とは無縁で可愛かったです。おならでライムンダに気づかれそうになっていたのには思わず噴出しそうになりました。
ライムンダとは昔何かあったようで、陰から見つめるだけで彼女の前になかなか姿を現すことができません。この後、仲直りできたんでしょうか? …先が気になります。
それにしても、彼女が太った娼婦に金を払い、夫の入った冷蔵庫を林(?)に捨てに行くシーンでは、桐生夏生著「OUT」のようなグロい展開になるのではとハラハラしてしまいました。実際は埋めるだけでしたが、あの冷蔵庫が発見されたら、すぐ足がつきますよね。そして、冷蔵庫の持ち主に迷惑が…信頼されていたのに、ちょっと酷いなぁ。

★は前半だけの評価なので、後半を観たら変わる可能性もあります。あと、ネタバレが嫌で細部を確認しなかったので、間違った事を書いているかもしれません。そこら辺はどうぞ悪しからず。

関連記事
「ボルベール<帰郷>」を最後まで観たよ

映画「父、帰る(ちちかえる)」観た

 | 家族ドラマ  com(12) 
Tag:ロシア 

父、帰る
原題:VOZVRASHCHENIYE
製作:ロシア’03
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】ロシアの片田舎。母親と暮らすアンドレイとイワンのもとに、12年も音信不通だった父親が帰ってくる。両親はこれまでの事を説明せず、翌朝彼は戸惑う二人を小旅行に連れ出す。高圧的な父親に、イワンは反抗心を募らせていき…。

とりあえずインパクトのある作品でした。★はつけてますが、面白かったのか好きなのかと問われると「よくわからない」と答えるしかないです。嫌いじゃないけれど。
まず、父親の不器用な性格に、傍から見ていてもオロオロしてしまいました。父親として教えられることを教えようと、色んなことを2人にやらせるんだけど、命令口調だし横柄だし12年の空白を全く配慮していないんですよね。たぶん、もう少し時間があったのなら、息子たちと固い絆を築き上げていたでしょう。
そして、反抗期真っ盛りのイワン君。年齢はおそらく13歳くらいで、父親の記憶なんて全くありません。冒頭で飛込台から海に飛び込めず、自分を庇わず仲間に媚びへつらう兄を見下し、優しい言葉をくれる母親にはべったりな子供です。だから、母親が自分より父親を優先する(ように見える)ことに腹を立て、兄が彼を”パパ”と言うたびに「自分はあんなヤツに媚びたりしない」とますます意固地になっていくのです。この親子の心がすれ違うたびに不安が掻き立てられ、ハラハラしてしまいました。
この中でちょっと癒し系なのが兄アンドレイ。嫌われるのが恐くて、という態度は見え隠れするものの、父親が帰ってきた晩に「今夜から日記をつけよう!」と嬉しそうにイワンに提案する彼の瞳に嘘はなかった! 弟に尊敬されていないことは痛感しているらしく、2人でいるときは対等、もしくは弟以下の立場にあるのがちょっと哀しいけれど。

ラストはやるせないものでした。しかし、悲劇は突然訪れるものだと納得させられてしまいます。撮影後、ロケ地の湖でアンドレイ役の子が溺死したというのも悲痛極まりない…。

映画「秋日和(あきびより)」観ました

 | 家族ドラマ  com(5) 
Tag:小津安二郎 日本 

秋日和
製作:日本’60
監督:小津安二郎
原作:里見とん
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】三輪の七回忌に集まった旧友、間宮、田口、平山。彼らは美しく成長した三輪の娘・アヤ子にお見合い話を持ってくるが、彼女は母親を思ってそれを断った。では、まず母親・秋子に再婚の話をと、独身の平山が候補に挙がるが…。

小津監督の作品は、これを含めて4作しか観ていないのだけど、その中ではこれが一番わたし好みでした。ちなみに他に観た作品は「浮草」(雨の中、愛人と睨み合うシーンが印象的)、「晩春」(途中から娘のファザコンっぷりについていけなくなりました)、「東京暮色」(暗い…)です。

この作品はかなりユーモラスな雰囲気で、いつもの独特な会話のテンポがぴったり合ってました。
まず旧友3人が、「奥さんが美人過ぎると、旦那は早死にするのかな」「じゃあ、ここの女将の旦那は長生きだね」と陰でこそこそ笑っているような性格です。ヤな感じの客…とは思ったものの、女も3人揃えば同じ様なものですからね。どこにでもいそうなおじ様というところ。
そして、こんなおじ様方が暇をもてあますと、余計なお節介を始めてしまうみたいです。アヤ子に結婚させるため、まず母親を再婚させようと独身の平山に白羽の矢が。最初は嫌がる素振りを見せていた彼ですが、いつの間にやら結婚する気満々に。でも、一方で焚きつけたふたりはすっかり忘れているという…。
秋子さんに話してきてくれと頼んでも、”え、何の話?さっぱり見えてこない。”という感じだし、彼女に再婚の意思がなくて平山の事を伝えられず、”あいつはしばらく放っておこう”と2人で示し合わせたり。報告を聞きたそうにする平山と、彼と目を合わせないようにする2人のシーンはかなり笑えます。個人的に一番好きなのは、彼らのせいで母子喧嘩に発展し、怒鳴り込んできたアヤ子の友人と平山との和解後の会話。

「ねえ、おじちゃま。本当に三輪のおば様を愛せるの?」
「ああ、本当だよ。本当に愛せるよ。」
「ずっとよ。永遠に愛すのよ。」
「ああ、ずっとだよ。永遠に愛せるよ。」

これが二度三度繰り返され、地味に笑えました。
こんな幸せそうな彼が、ラストに見せる子供っぽい態度も可笑しかったです。
気が付いたら彼の事ばかり書いてしまったけれど、母子のドラマもそこまでドロドロしていなくて良かったです。全体的にほのぼのした作品でした。

関連記事
「彼岸花」観ました
「東京物語」観ました

映画「My Son あふれる想い」感想

 | 家族ドラマ  com(0) 
Tag:韓国 

My Son あふれる想い
読み:まいさんあふれるおもい
原題:MY SON
製作:韓国’07
監督:チャン・ジン
ジャンル:★ドラマ/コメディ

【あらすじ】強盗殺人で無期懲役となったガンシクは、15年目にして初めて一日の帰休を認められる。彼には母と、三歳の時に別れたきりの息子ジュンソクがいた。時間を惜しむように彼らに会いに行くが、老いた母は痴呆症となり、息子とも上手く話せなくて…。

15年の想いを抱えた無期囚が、手探りで息子との絆を取り戻そうとする物語。
暗くて沈んだ雰囲気漂うなか、淡々と語られる主人公とジュンソクの心情は、少ない言葉だけれど素直で単純で胸に響きます。
わたしの場合はツボのど真ん中だったらしく、中盤の夜の散歩で全力疾走する辺りなんかは大泣き。映画を観て30分くらい涙が止まらないという初の体験となったのでした(笑)
印象に残っているのは、冒頭の”待つものがなにもない無期囚のわたしに、「待つ」という切実な希望が出来ました”という主人公の言葉。息子に”目が恐い”と言われ、鏡を見ながら”こんな恐い目は嫌いだ、どう見れば息子は恐がらないだろうか、泣いていても恐い目だなんて…”と嘆く姿。父親の外に出ようという言葉に、ジュンソクが”今日の父の言葉のなかで一番気に入りました”と笑みを浮かべるシーン。そんな彼らを見ないフリして送り出す監察官など、挙げればキリがありません。
そして、そんな感動の合間には、思わず「ぷっ」と噴出してしまいそうなユーモアもちりばめられています。渡り鳥の親子の可笑しな会話には、楽しいだけでなく主人公たちの心の距離の変化も感じられました。

このように、泣くのも笑うのも監督の思う壺という感じで観ていたんですが、終盤で彼らが初めて手をつなぐシーンから
『あぁ、こういう流れになるわけね、ふ~ん…』
てなことに!!
いやもう、あれだけ感動させられたわけだし、この流れでも充分”いい話”のままだから★はつけたままにしておきますよ。きっと、この展開に更に感動した人もいると思います。
でもね、わたし的には今年最大のがっかりでした。
あれだけ高まっていた感情が、津波直前の引き潮のように「さぁーーー」っと引いていきましたからね。(しかも津波は来ないし。)しらけるってこういうことを言うんだなって、しみじみ実感しました。
あ、でも「いい話」であることには変わりないんですよ。あの展開が好きか嫌いかというだけで、手をつなぐシーンまでに感じた感動は嘘じゃないです。
う~ん、複雑な気分だ…。

映画「ポビーとディンガン」観た

ポビーとディンガン
読み:ぽびーとでぃんがん
原題:OPAL DREAM POBBY AND DINGAN
製作:オーストラリア・イギリス’05
監督:ピーター・カッタネオ
原作:ベン・ライス
ジャンル:ファミリー/ドラマ

【あらすじ】オパール採掘を夢見て田舎町で暮らし始めて一年。アシュモルの9歳の妹ケリーアンは、町に馴染めず空想の友達ポビーとディンガンと遊んでばかりいた。心配した父親は2人を連れ出した事にして、生身の友達をつくらせようとするが…。

娘とイマジナリーフレンドを引き離したら「帰ってこない」と大騒ぎされ、夜中に他人の採掘場まで探しに行ったら盗掘で訴えられさあ大変、というお話。
町の人々の悪意にあてられ、ケリーアンがどんどん弱ってゆくのが可哀相で見てられません。そして、少しでも彼女を元気付けようと、信じているわけでもないポビーとディンガンを捜し奔走するお兄ちゃんの姿にじ~んときました。妹だけでなく両親もちゃんと気遣っていて、ホント聡い子です。
ただ、最後に町の人々が集まってくれるのは、彼の言葉にこころ動かされたというより、ここで行かなかったら冷血人間と思われるから、という世間体を気にする大人たちの行動に見えてしまいました。
ちょっと出来すぎな感は否めませんが、全体的には面白かったと思います。

それにしても、どこぞの感想を読んだら「嘘つきは嫌い、イラついた」みたいなことが書かれていて軽くショックでした。あれは本人にはハッキリ見えてるから、嘘なんかじゃないのになぁ。こういう人は熱にうなされて幻覚みたり、夢か現実かわからないほどリアルな夢を見たりした事ないんだろうか。(私は目覚ましが鳴った夢でよく夜中に起きてしまう)状況はぜんぜん違うけど、ない物をあると認識する能力が人間の脳にある事ぐらいはわかると思うんだけど。
日本人にはあまり馴染みがないけど、実際には見えてる人は多いらしいから、子供の頃の写真を引っぱってきて「あれ、あの子がいない?」なんてことがあったら、その子はイマジナリーフレンドだったかもしれない。

関連記事
「フル・モンティ」観た

映画「わが谷は緑なりき」観ました

わが谷は緑なりき
読み:わがたにはみどりなりき
原題:HOW GREEN WAS MY VALLEY
製作:アメリカ’41
監督:ジョン・フォード
原作:リチャード・リュウエリン
ジャンル:★ドラマ/ロマンス

【あらすじ】19世紀、ウェールズの炭鉱町。炭鉱で働く父や兄たちをみて育った末っ子ヒュー。しかし、不況による影響はこの町にも表れ、賃金カットに抵抗する兄たちは父と対立し家を出る。静かになった家に寂しさを覚えながら、少年は様々な不幸を乗り越え成長してゆく。

不幸の連続ともいえる少年時代なのに、彼の目を通して見る”緑の谷”は美しく輝いていました。
窓辺からのぞく春の気配や、木漏れ日が降り注ぐ緑の谷のシーンでは、まるでその場にいるような感動を覚えます。上のイラストではちっとも伝わってきませんが、モノクロ映画とは思えないほどに鮮やかな印象を受けました。
そして、その映像に負けないくらい登場人物が魅力的で、とくに頑固おやじと肝っ玉母ちゃんのコンビは最強です。ヒューと数学を教わる父親に、「穴のあいた風呂おけに水を入れたりするものか」と母親が茶々を入れるシーンには笑わされました。
こうやって、辛い出来事も美しい思い出として振り返ることが出来るのは、大好きな家族や町の人々との思い出があったからこそなんだなと、しみじみ思いました。

関連記事
「怒りの葡萄」観ました
「バファロー大隊」観ました

映画「Dear フランキー」観ました

 | 家族ドラマ  com(0) 
Tag:イギリス 

Dear フランキー
読み:でぃあふらんきー
原題:DEAR FRANKIE
製作:イギリス’04
監督:ショーナ・オーバック
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】暴力的な夫から逃げ続けるリジーは、9歳の息子フランキーと母親を連れて港町に越してくる。息子には父親がアラク号で世界中を航海していると教え、父親の振りをして手紙を書いていた。しかし、そのアラク号がこの町に寄港すると知り…。

父親の暴力でフランキーが聴覚障害になったとは言えず手紙を書き続けるリジーと、その嘘を信じパパに会えると期待に胸を膨らませるフランキー。これを最後の嘘にしようと素性も知らない男を雇い父親の振りをしてもらう…というストーリーです。
静かな雰囲気で物語が展開していくんですが、演出や役者の演技が素晴しくて登場人物の感情がひしひしと伝わってきます。偽物のパパに抱きついて心底嬉しそうなフランキーと、それを見て罪悪感に駆られるリジーのつらそうな表情。見てるこっちまで胸が痛くなってきました。
じわじわと感動が広がってゆくラストも素晴しいです。

映画「うつくしい人生」観ました

 | 家族ドラマ  com(0) 
Tag:フランス 

うつくしい人生
読み:うつくしいじんせい
原題:C'EST QUOI LA VIE?
製作:フランス’99
監督:フランソワ・デュペイロン
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】南フランスの田舎町。農家の跡取り息子ニコラは、やりたいことはないが決められた道を進むことには抵抗があった。そんなある日、狂牛病で牛たちの処分命令が下り父親が自殺してしまう。ショックで祖父は呆け、次々と悪いことが重なり…。

美しい風景と細やかな心理描写が光る作品。
淡々としていて盛り上がりには欠けますが、観終わったあとの余韻がなんともいえません。
呆けてしまったおじいさんの言動に、彼の優しさを感じました。

映画「父と娘の歌」観ました

 | 家族ドラマ  com(0) 

父と娘の歌
読み:ちちとむすめのうた
製作:日本’65
監督:斎藤武市
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】元オーケストラクラリネット奏者の父と二人で暮す紘子。彼女は音大を目指しアルバイトとピアノの練習に励んでいた。ある日、有名なピアニストの指導を受ける事が決まり父の職場へ報告に行くが、父が心臓病で仕事を辞めていたことを知る。

BSで吉永小百合主演映画をたくさんやっていたので観ました。
何故か最後に主役が死ぬ作品ばかりでうんざりしていたところだったので、父娘の絆を描いたこの作品に心洗われた気持ちでした。
とにかく二人がお互いに思いやる気持ちが温かくて、娘が父親に股引を買ってきたら父親は娘の靴下を買っていたというエピソードが微笑ましいです。
そして度々入る紘子の演奏。
クラシック曲が主ですが、「ひょっこりひょうたん島」の曲を弾きながら子供たちと歌うシーンもあり懐かしいです。それら全てを実際に吉永さんが弾いていたと後で知り驚きました。父親に心配かけまいと、ひたすらピアノに打ち込んだ紘子と同じように頑張ったんでしょうね。
ラスト、父娘で臨んだコンサートが素晴しいです。

映画「砂と霧の家(すなときりのいえ)」感想

 | 家族ドラマ  com(0) 

砂と霧の家
原題:HOUSE OF SAND AND FOG
製作:アメリカ’03
監督:バディム・パールマン
原作:アンドレ・デビュース三世
ジャンル:ドラマ

【あらすじ】夫に捨てられ父の遺した家で悲しみに暮れていたキャシーは、郡のミスにより家を差し押さえられてしまう。保安官レスターの助けもあり家を取り戻そうと立ち上がるが、家はすでにイランから追放されたべラーニ元大佐に売却されていた。

悲劇としか言いようのない内容でした。
孤独な女性キャシーと、国を追われ地位も財産も失った一家の主が、ある家をめぐり対立する物語なのですが、終わり方があまりにも悲惨です。
どうしてここまで哀しい結末にしなければならなかったのか、と問いたくなるほどに。

家族と疎遠になり夫に捨てられたキャシーが、”父親が生きていた頃の幸せな家庭”の象徴である”あの家”にこだわるのは分かります。
そして、労働者に身をやつした元大佐が、家族の誇りを取り戻し再出発するために、”あの家”を簡単に手放せないのも分かります。
でも、悲劇の引き金となった保安官の行動には、どうも釈然としないものがありました。
仕事をクビになったとか、別れた妻に多額の慰謝料請求されたとか、何か理由があればよかったのですが。保安官である彼を犯罪に走らせるほどの”動機”が見当たらず、無理やり悲劇に仕立てたという感じを受けてしまいました。とても深いテーマを扱っていて、大佐側の描かれ方も素晴しかっただけに残念です…。

失って、初めて気付いた。
求めていたのは、家(ハウス)ではなく 家庭(ホーム)だったと…。

映画「ハイジ(2005)」観ました

 | 家族ドラマ  com(6) 
Tag:イギリス にゃんこ 

ハイジ(2005)
原題:HEIDI
製作:イギリス’05
監督:ポール・マーカス
原作:ヨハンナ・スピリ
ジャンル:★ファミリー/ドラマ

【あらすじ】両親を亡くしデーテ叔母さんに引き取られたハイジ。山奥で暮す偏屈な祖父の元に連れてこられた彼女は、直ぐに打ち解け「かけがえのない家族」となる。しかし、再び叔母さんが現れ、ハイジをクララという少女の家にやると言いだす。

ハイジというと、アニメの「クララが立った!」の場面しか知らなかったので、今回初めてその全容を知ることが出来ました。
いやぁ、可愛いですねハイジ。
まさしく天真爛漫、お日様のような子でした。
こんな可愛い孫ができた日には、どんな頑固じじいでも即、陥落です。
ハイジのお爺さんも例外ではなく、ハイジのために椅子を作ってあげたり、手作りのそりで一緒にはしゃいだりしている姿は、見ていて思わずニマニマしてしまいます。
アニメを見ていた方が見るとやや駆け足な感じを受けるかもしれませんが、人間像は原作に忠実なものになっているらしいので、イメージが崩れるという心配はないと思います。

<再見:2017/05/29>
アニメを観た後だと、やっぱりダイジェスト感はありましたが、それでもあの作品のピュアで温かい部分は同じだったと思います。ハイジ役の子やアルムおんじ、ペーター役の子、そして何よりロッテンマイヤーさんがはまり役で。夫人の自分が持たないものを持つ人への嫉妬と怒りはアニメよりも伝わってきました。ただ、アニメではアルプスに来て自分を見つめなおすところが描かれるのに対し、こちらでは大奥様と言葉を交わし、指摘されるところで終わってるのが残念。原作ではどうなんだろう?
クララへの愛情が見えないので、この作品だと自分より本来上の階級にいるクララが病気によって自分に近い”持たざる者”となり、それをお世話することで自尊心を満たしていたようにしか見えませんでした。
それでも、全体的に誠実な映像化で心温まる作品だったと思います。にゃんこも可愛いです!

関連記事
OVA版「アルプスの少女ハイジ」観ました
「ハイジ アルプスの物語」観ました

映画「北京ヴァイオリン」観た

北京ヴァイオリン
読み:ぺきんばいおりん
原題:TOGETHER
製作:中国/香港’02
監督:チェン・カイコー
ジャンル:★ドラマ/音楽

【あらすじ】母の形見のヴァイオリンを3歳から弾き始め、毎年入賞するほどの実力を身に付けた13歳の小春(シャオチュン)。息子の成功を夢見る成は、貧しさにも負けず必死に彼の才能を伸ばそうと奔走する。

とても優しい雰囲気に包まれた御伽話のような映画でした。
息子の幸せを願い、なりふり構わずその才能を伸ばせる環境を整えようとする父親。母を想いながらヴァイオリンを弾き、父と一緒なら何でも頑張れる息子。そして彼らの深い愛情に感化される周りの人々。
ちょっとほのぼの過ぎる感じはありますが、音楽も良いし心温まる作品です。
癒されたい時にはおすすめですよ。

関連記事
「さらば、わが愛/覇王別姫」観ました

映画「アリスの恋(ありすのこい)」観た

 | 家族ドラマ  com(6) 

アリスの恋
おもしろ親子の水かけ合戦。
原題:ALICE DOESN'T LIVE HERE ANYMORE
製作:アメリカ’74
監督:マーティン・スコセッシ
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】夫を事故で亡くし歌手として再出発しようと決意したアリスは、幼い息子トムを連れ故郷のモントレーへ向かう。路銀を稼ぐため道々仕事を探すが、泣き落としでやっと見つかる程度。順調にいく筈だった旅は何故か問題続きで…。

アリスの恋…なんて言ってますが、印象に残った場面は「恋」より「親子の戯れ」。ませた口の利き方をする8歳くらいの息子トムと、横柄な夫から解放され自分の道を歩み始めたアリスの生き生きした会話が最高です。
とくに新調した服をトムに見せた時、「人を傷付けるのが…得意なのね。」と言う破目になってしまったアリスの顔!
親子の会話と言うよりコントでしょう、それじゃ。
このおかしな親子を見てるだけで元気になれます。

関連記事
「ハスラー2」観た
.