忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「裁かるゝジャンヌ」観た

 | 歴史・実録ドラマ  com(0) 
Tag:フランス 

裁かるゝジャンヌ
原題:LA PASSION DE JEANNE D'ARC
製作:フランス’28
監督:カール・テオドール・ドライエル
ジャンル:歴史劇/ドラマ

【あらすじ】ルーアン城。祖国フランスを守るも、英軍の手に落ち捕虜となったオルレアンの乙女ジャンヌ。痛手を負った英軍の総督ウォーウィックは、同じく彼女に恨みを抱くコオション司教を味方にひき入れる。彼らは難問をつきつけ、”聖女”の仮面を引き剥がそうとするが…。

宗教も歴史も撮影技法もよく知らないけど、サイレントでこれだけ顔のアップばかりが続いても引き込まれるのはすごいですね~。
文字で表示されるセリフも最小限で、彼女の表情だけで審問官の問いに答えた内容を想像しなければいけない部分も多く、それがもどかしかったり、本当に言葉はいらないと思わせる表情にドキッとしたりしました。
また、審問官らの表情も内面を表していて素晴らしかったです。ジャンヌの目に怯む者、頭がおかしいのだと嘲笑う者、哀れな少女に同情する者、利害しか頭にない者などなど…。それぞれ違った表情を見せてくれるものの、ジャンヌの言葉を心の底から信じるひとはいないようでした。
役者さんの演技でここまで真に迫ってるんだもの。そりゃ、わからないわ…。まあ、彼らにとって真実かどうかなど問題ではないというのが哀しいところですが。
ただ、わたしが審問官だったら、彼女の信念を目の当たりにして一体どういう顔をしただろうか?と考えてしまいました。
人間の残酷さが描かれている作品だったと思います。
原題の意味はジャンヌダルクの受難。この受難は、イエスキリストが十字架にかけられて受けた苦難の事かな。

関連記事
「あるじ」観ました

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.