忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「フローズン・リバー」観た

 | 犯罪  com(6) 

フローズン・リバー
製作:アメリカ’08
監督:コートニー・ハント
原題:FROZEN RIVER
ジャンル:★犯罪ドラマ/サスペンス

【あらすじ】夫に新居購入費用を持ち逃げされた妻のレイは、支払期日までに金を工面しなければならなくなる。そんな時、モホーク族の女性ライラに騙され、凍ったセントローレンス川を越えてカナダからアメリカ側に不法入国させる闇の仕事の片棒を担がされ…。

お金が必要な時に、騙されて犯罪の片棒担がされたら、わたしも彼女のように自ら再びその仕事を求めてしまうかも…。頑張って働いても、それが報われなかった時ならなおさらです。
簡単に銃を持ち出す彼女に若干引いたんですが、ギャンブル依存症の夫に振り回されてヒステリー起こしてるならわからないでもない…かもしれない。淡々と描かれているのに妙にハラハラしたのは、彼女のこの不安定さのせいでしょうか。
しかも、貧しい上に両親の問題でこれまた精神不安定になってるレイの息子が、幼い弟の面倒を見てるから、ますますハラハラさせられるんですよ。
これなら普通に息子にバイトをさせてやった方が良かったような…。安心して子守を頼める知人がいなかった?

後半、パキスタン人の夫婦を密入国させるエピソードは、中身を確認せずにバッグを捨てるシーンにギョッとしてしまいました。テロリストを怖がるのはわかるけど、取り上げられた時の母親の様子とか…むしろ何が入ってるか叫ぶと思うし。ライラが聞き逃した?
過ちに気付いたときの行動は良かったものの、宗教的な展開で微妙についていけませんでした。

それに、考えてみれば彼女は、新居購入の手付金1500ドルが無駄になるのが嫌で、残りの購入費を稼ごうとしてるだけで、古い小さなトレーラーハウスで我慢するという選択も出来たんですよね。小火の後にどうしても引っ越さないといけない、と言ってたけど、今までのお金を使えば修理できたのでは?
結局、彼女も夫と同じようにギャンブルに嵌ってしまったんですよね。
一度陥るとなかなか抜け出せない貧しさと、ギャンブルや犯罪の誘惑…。そういうのがリアルに描かれていたと思います。

最後の一線の手前まできた時の彼女たちの行動には、驚きと感動がありました。レイもライラも、お互い母親として、最悪な状況の中で最善の道を選んだんだと思います。
どうして今さら子守なんて、と電話で問う息子が、幼子を抱くライラを目にした途端納得する描写もいい。
事態が好転したわけでもないのに、ラストの青空と、直ったメリーゴーランドの遊具で遊ぶ子供たちの様子に、希望が見えた気がしました。

■ Comment

こんにちは☆

この映画は見る予定で録画してありますので、
鑑賞後にお邪魔いたしますね~☆

さっき書き忘れましたが「50音索引」が、すっごく良くなりましたね~!
素晴らしいです♪
2012/08/29 (Wed) 13:28  miri〔編集〕  

>miriさん

> この映画は見る予定で録画してありますので、
> 鑑賞後にお邪魔いたしますね~☆

了解です。miriさんがどんな感想を持たれるのか、楽しみにしてお待ちします♪

> さっき書き忘れましたが「50音索引」が、すっごく良くなりましたね~!
> 素晴らしいです♪

あはは、今まで横幅の狭いモニターで見ていたので、新しいPCで適した文字サイズを選ぶとどう見えるのか気付いてませんでした…。見やすくなったようで良かったです!
2012/08/29 (Wed) 14:32  宵乃〔編集〕  

観てもらったのね!

好きな映画でした。
確か記事にしていたと思います。見つかったらTBをお願いしますね!
寄り道してしまい、いつもと同じくまた遅くなりました。
午後から観て、一気に書き上げました。
明日からまた忙しくなりそうなので、よろしくお願いします。
2012/08/29 (Wed) 17:04  bamboo編集〕  

>bambooさん

いらっしゃいませ!
見事に入れ違いになってしまいましたね(笑)
企画への参加もありがとうございます。後でうかがいますね~!
2012/08/30 (Thu) 09:13  宵乃〔編集〕  

見ました~☆

イラスト、素晴らしいですね~。
戻る事を決心した瞬間ですよね?

とても良い映画でした☆

>最悪な状況の中で最善の道を選んだんだと思います。

ひと言で言えば、こういう映画でしたよね~。

>事態が好転したわけでもないのに、ラストの青空と、直ったメリーゴーランドの遊具で遊ぶ子供たちの様子に、希望が見えた気がしました。

私はこの映画を見て、「この自由な世界で」を思い出しました。
正反対の結末になったと思っています。

(甘い見方かもしれないけど)お母さんは前科者になったけど、
そのことで逆に長男君は、きっと立ち直ると思います。

>後半、パキスタン人の夫婦を密入国させるエピソードは、
>過ちに気付いたときの行動は良かったものの、宗教的な展開で微妙についていけませんでした。

あれは、人間だと最初に言ったら、お金を余分に取られるので
絶対に言えなかったのではないでしょうか?

そしてあの赤ちゃんの息が吹き返したのは、
私がいつも嫌っている「医者が診て死んだと判断してから何時間も経っている場合」
とは全然違うので、仮死状態だったと理解しました。

ライラの、あの胸の中で、ぬくもりを受けて、身体の機能が回復した・・・
それはこの場合、宗教的な展開とは思わず、すーっと受け入れられたんですよね~。
多分、自分の子供(この時はまだ取り返せる確信はなかった)を
思い、自然と「生きる力」を、受け渡しあっていたように、思うのです。

>お金が必要な時に、騙されて犯罪の片棒担がされたら、わたしも彼女のように自ら再びその仕事を求めてしまうかも…。頑張って働いても、それが報われなかった時ならなおさらです。

ホトンドの人がそうすると思います。
食べてゆけないくらいの、お金のなさ、の場合です。

>それに、考えてみれば彼女は、新居購入の手付金・・・結局、彼女も夫と同じようにギャンブルに嵌ってしまったんですよね。

なんというか冷静になれなかったのだと思いますし、
それは仕方のないことだったように思います。

>一度陥るとなかなか抜け出せない貧しさと、ギャンブルや犯罪の誘惑…。そういうのがリアルに描かれていたと思います。

夫さんの事があのくらいの描写ではどうにもこうにも分かりませんが、
男の子には父親が必要だと、こころから思いますし、

>どうして今さら子守なんて、と電話で問う息子が、幼子を抱くライラを目にした途端納得する描写もいい。

長男君は、それでもお父さんが大好きで、お父さんがやっていた事を真似たりして、
小さい頃から弟の面倒を見させられていた(10歳の時に生まれていますものね)こともあって、
本当に心の優しい子なんだな~と思いました。
優しくて、もろくて、だからこそ、お婆さんに謝って良かったし、今後は真直ぐに育ってくれると思います。

お金のない2組5人、でもきっと犯罪以外で何とかやってくれると信じます。
2012/08/30 (Thu) 14:56  miri〔編集〕  

Re: 見ました~☆

さっそくご覧になったんですね!
大正解、戻ると決めたシーンを描いてみました。ここはかなりグッときた!

> 私はこの映画を見て、「この自由な世界で」を思い出しました。
> 正反対の結末になったと思っています。

ですよね~。「この自由な世界で」を知ってる人は、どうしても比較してしまいます。こちらが圧勝ですけど。

> (甘い見方かもしれないけど)お母さんは前科者になったけど、
> そのことで逆に長男君は、きっと立ち直ると思います。

わかります~!おばあさんにもしっかり謝ったし、犯罪によって得るものと失うものを比べたら、どちらが大きいのか、胸に刻んだと思います。

> あれは、人間だと最初に言ったら、お金を余分に取られるので
> 絶対に言えなかったのではないでしょうか?

う~ん、世知辛い世の中ですね。主人公たちはパキスタン人に対して、彼らは白人に対して偏見を持っていて、相手を見ようともしてなかったのかな。まあ、じっさい見極めるのは難しいですけど。

> そしてあの赤ちゃんの息が吹き返したのは~仮死状態だったと理解しました。
> 自分の子供を思い、自然と「生きる力」を、受け渡しあっていたように、思うのです。

わたしもそう思ったんですけど、一度にたくさんの情報が入り込んできて、私には処理しきれなかったというか…。様々な立場にある母親の気持ちとか、9.11と偏見、家では一酸化炭素中毒の危険でハラハラ。
赤ん坊が息を吹き返して神に感謝する描写くらいならさらっと受け止められたんですが、”「奇跡だ」「凍えてただけ」「奇跡だ」…”というやり取りがくどくて。
わたし的には、見終わった後、あの日がクリスマスだという事を思い出して、「ああ、彼女たちの気持ちが奇跡を起こしたんだな」と思うくらいが良かったです。

> 夫さんの事があのくらいの描写ではどうにもこうにも分かりませんが、

夫の描写がなくても、貧しい者への周りの反応や、彼女たちと息子の行動で十分描けていたと思うのですが…?

> 長男君は、それでもお父さんが大好きで、お父さんがやっていた事を真似たりして、
> 小さい頃から弟の面倒を見させられていた(10歳の時に生まれていますものね)こともあって、本当に心の優しい子なんだな~と思いました。

本当にそうですよね。もっと荒んでてもおかしくない境遇なのに、思いやれる子でした。家族みんなの事が本道に大好きなんですよね。

> お金のない2組5人、でもきっと犯罪以外で何とかやってくれると信じます。

母2人が順番に子守を引き受ければ、息子もバイトに出られるし、母も仕事を続けられるし、きっと大丈夫ですよね。ライラのために戻ってきた彼女の事を、部族の人も少しは気に掛けてくれると思いますし。ハッピーエンドとは言い切れないけど、希望を持てるラストでした。
2012/08/31 (Fri) 09:29  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
DVD「フローズン・リバー」
〈猩々袴の蕾) セントローレンス川をはさみ、米・ニューヨーク州とカナダにまたがるモホーク族の保留地が舞台。多額の報酬と引き換えに、不法入国者を手助けする白人女性とモホー
晴山雨読ときどき映画|2012-08-30 09:08
.