忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」シーズン2 まとめ感想

「シャーロック・ホームズの冒険」シーズン2のまとめ感想です。こちらも備忘録から引っ張ってきました。

第8話「ぶなの木屋敷の怪:The Copper Beeches」
不気味な事件でした。実際、こんな依頼があったらヤバイ!と思うものの、報酬に釣られるだろうなぁ…。「自分の妹だったら絶対止める」と思うんなら、もうちょっと引き止めて!にしても、家庭教師兼、奥さんの絵のモデルで雇えば、ドレスも髪を切るのも、長時間同じ場所に座らせるのも自然に不審がられることなくできたのでは。髪を切るのにあれだけの決心が必要だというのに、時代を感じました。この作品は毎回ヒロインの女優さんが役にぴったりだなぁと感心させられます。しかし「まだらの紐」の時は義理の娘だったけど、今回は実の娘なのでは…。酷い…。
第9話「ギリシャ語通訳:The Greek Interpreter」
マイクロフト兄さん来たー!!!終盤「老人はいない方がいい」と弟が去ったところでキリッと目を覚ますところが素敵。手先も器用で、銃を奪うくだりもいいよね~。陰惨な事件だったけど、兄さんに救われました。しかし、ほんとうにむごい事件だった。遺産のために、食べ物も与えられず閉じ込められ暴力だってふるわれただろうし…。シャーロックは妹を冷血な女と言っていたが、愛する人が兄を惨たらしく殺したなんてすぐには信じられないだろうし、自分のせいで兄が死んだなんて動揺して当然。遺体を目の当たりにしたら、泣き崩れるんじゃないかと思ったり。自分が悪人だと思った方が気が楽だったのかも…。
第10話「ノーウッドの建築業者:The Norwood Builder」
ワトソン君の成長が目覚しく、シャーロックからの信頼も厚くなってます。遺産関係の書類が足りないことに気付いたり、別行動で調べたり、頼れる相棒だね~!シャーロックの変装も見られたし、説明なしで警官たちに「火事だー!」と叫ばせるシーンでは警官のうろたえ顔が面白かったです。ラスト、初登場のレストレード警部に「君の手柄にするといい」と笑顔で言うところに痺れました。犯人は胸糞悪い奴だったけど、母子が幸せそうにしている様子に救われた。もう一人の被害者のホームレスは可哀相だったなぁ…。
第11話「入院患者:The Resident Patient」
冒頭、床屋でのワトソンの推理がいいね。ほとんどハズレだったけど、ハドスンさんの掃除だけは合ってました。現場でのシャーロックのきびきびとした捜査の様子がさすが。瞬く間に何があったか推理してしまう。でも、自分の部屋は何がどこにあるか把握してないようで自室を荒らしまくったり…。ぱぱっと見つけてしまうワトソンくんが奥さんみたい(笑)今回は犯人が逃亡するも天罰が下って事件解決。めずらしくシャーロックが解決できなかった事件ということか。最後の小説のタイトルを決めるくだりが、やっぱりこのふたりらしくて面白かった。ワトソンは自信なさすぎ!
第12話「赤髪連盟:The Red-Headed League」
演奏会でうっとりするシャーロックをみて、彼に狙われる犯罪者の末路を想像するワトソン(笑)ウィルソンの奇妙奇天烈な話を聞いて、思わず大笑いするシャーロックがレアでした。にしても、今回の事件は探偵として満点だったのでは。予告状があったわけでもないのに事件を未然に防いだ上に、実行犯はしっかり捕まえたんだから。銀行屋の態度の豹変も面白かったし、こうして彼の名声は高まっていくんだねぇ。必要経費はあるところから取るというのもカッコいい!そして、ついに出てきたモリアーティ教授。顔からして怖いです。
第13話「最後の事件:The Final Problem」
ワトソン君走る走る!時刻表を使ったトリックみたいに探偵がモリアーティの追跡を逃れるくだりが面白い。いつまで経っても現れないシャーロックを心配していたら、もう隣にいるところがお茶目で可愛いです。いきなり家に来る間柄なのに、紳士で知的で殺し屋のように付きまとうモリアーティ教授も素敵。今回は色んな場所を巡って空撮まであり、絶景の数々が見られます。そして、このワトソン君は今回で最後。ふたりの友情にうるっときました。
関連記事
海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」シーズン1 まとめ感想
海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」シーズン3 まとめ感想

■ Comment

No title

「ノーウッドの建築士」
僕も好きです。
「火事だ~!!」(笑)
「ぶなの木屋敷の怪」と「まだらの紐」はヒロインが好みなので好き。(笑)
あとシリーズの中では「ギリシャ語通訳」、「ボヘミアの醜聞」、「踊る人形」、「銀星号事件」、「ブルース・バーティントン設計書」が特に好きです。
2018/02/04 17:00  鉦鼓亭

>鉦鼓亭さん

> 「火事だ~!!」(笑)

鉦鼓亭さんもお好きでしたか。ホームズが何をしようとしているのか分からないまま、うろたえ気味に叫ぶ様子がおかしかったです。

> 「ぶなの木屋敷の怪」と「まだらの紐」はヒロインが好みなので好き。(笑)
> あとシリーズの中では「ギリシャ語通訳」、「ボヘミアの醜聞」、「踊る人形」、「銀星号事件」、「ブルース・バーティントン設計書」が特に好きです。

お~、好きなエピソードがぱっと浮かぶなんて、本当に大好きなんですね。
デジタルリマスターを見始めて気付いたんですが、ヒロインが毎回毎回、役柄にぴったりな美人さんが多くて感心してます。
「ギリシャ語通訳」はマイクロフトさんが素敵だし、「踊る人形」は暗号を解きつつ人形のポーズをとってみるホームズが可愛かった(笑)
どのエピソードも面白くて、ドラマの質に驚き!
2018/02/04 17:01  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.