忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「シザーハンズ」観た

シザーハンズ
製作:アメリカ’90
原題:EDWARD SCISSORHANDS
監督:ティム・バートン
ジャンル:ファンタジー/ロマンス

【あらすじ】完成間際に生みの親が亡くなり、手がハサミのまま山頂の屋敷に取り残された人造人間エドワード。セールスに来た心優しいペグに発見され、彼女の家で暮らす事に。やがて、町の人気者となり、彼はペグの娘キムに恋をするが…。

久し振りに観てみました。ちょっと思い出補正がかかってたみたいで、終盤は若干「あれ?」という感じでした。面白くなかったわけじゃないけど、想い出のままにしておいた方が輝いていたかも。
とりあえず、冒頭からティム・バートン作品とは思えない明るいパステルカラーの住宅街が並び、「お?」と思っていたら、そのすぐ目の前にそびえ立つ山の異様なこと(笑)
見た目的には鬼でも住んでそうな山なんですけど、実際にはピュアな人造人間エドワードが、一人で美しい庭を手入れしたりしながら暮してるんですよね。それに比べて、街に住む人々は裏表のある自己中心的な人ばかり。そのギャップが面白い。
例外的存在ペグは、わたしの記憶より素晴らしかったです。人気者から一気によそ者扱いになったエドワードに、「専属の美容師がいるんですもの」と言って何度も髪のカットを頼む優しさ!
出会うのが20年早かったら、キムじゃなく彼女と恋に落ちてたかも?
でも、心優しい彼女も娘のキムも、男を見る目がないのが残念。心ここにあらずな旦那は、よそに女でもいるんじゃないかと疑ってしまいました。
キムの方も本当に悪い男に騙されてて、エドワードと出会ってなければどうなっていた事か。ラストは切ないものの、ふたりともかけがえのないものを手に入れて、雪景色もひときわロマンティックでした。
…どうしてよりによってハサミを手の代わりにつけてしまったのか、そんな不粋な事はとても訊けないです!

関連記事
「エド・ウッド」観ました
「バットマン リターンズ」観た

■ Comment

こんばんは☆

再見なさったのですね~!
イラスト、良い感じですよ☆ ちょっと寂しげな感じが。

>想い出のままにしておいた方が輝いていたかも。

あぁそうだったんですか~。

>とりあえず、冒頭からティム・バートン作品とは思えない明るいパステルカラーの住宅街が並び、「お?」と思っていたら、そのすぐ目の前にそびえ立つ山の異様なこと(笑)

今の作風からは考えにくい色使い?と、
思っていたけど、やっぱりあの山があったのですものね~。

>例外的存在ペグは、わたしの記憶より素晴らしかったです。

本当に良いヒトで、この女優さんが別の映画で意地悪な役をしているのを見て
信じられなかったです~!

>心ここにあらずな旦那は、よそに女でもいるんじゃないかと疑ってしまいました。

えっ?そうですか~?
のんびりした人だとは思ったけど、浮気疑惑は???

>キムの方も本当に悪い男に騙されてて、エドワードと出会ってなければどうなっていた事か。

私は、あの悪い男も、エドワードが現われなければ、
ふつーの不良程度だったような気がします。
・・・相互作用で悪さが倍増したような・・・。

>ラストは切ないものの、ふたりともかけがえのないものを手に入れて、雪景色もひときわロマンティックでした。

そうですね・・・おばあちゃんになったキムが好きです☆
この女優さんはスターだったのに、アンジーさんにやられてしまって(17歳のカルテ)
本当にお気の毒だと今も思っています。アンジーさん好きではないので・・・。

ともかく、この映画は大好きです☆
2012/05/02 (Wed) 20:20  miri編集〕  

>miriさん

こんばんは。
ちょっとバタバタしていて、またコメントにうかがうのが遅くなってしまいました。記事を書き上げたら、すぐ行くつもりだったのに~!

> 今の作風からは考えにくい色使い?と、
> 思っていたけど、やっぱりあの山があったのですものね~。

あのパステルカラーの住宅街は実際にあって、一時住人に出て行ってもらって撮影したそうです(笑)
山との明暗の差を出したかったんでしょうね。

> のんびりした人だとは思ったけど、浮気疑惑は???

なんというか、周りの話をまったく聞いてない時があって、よき夫よき父の役割を無心で演じてるように見えました。まあ、ただのギャグ担当として見たほうがいいんでしょうけど。

> 私は、あの悪い男も、エドワードが現われなければ、
> ふつーの不良程度だったような気がします。

それはわたしも思いました。でも、エドワードでなくても彼が見下している相手にキムを奪われたら、やっぱり同じ様に逆上しそうな怖さがあります。・・・ティム・バートン作品だからと思ってしまうからかな?

> そうですね・・・おばあちゃんになったキムが好きです☆
> この女優さんはスターだったのに、アンジーさんにやられてしまって(17歳のカルテ)
> 本当にお気の毒だと今も思っています。アンジーさん好きではないので・・・。

アンジェリーナ・ジョリーですか~。わたしもあの唇が苦手で・・・。
キムは髪の色が微妙でしたが、おばあちゃんの役も特殊メイクで頑張っていたんだとラストに気付いて驚きました。「バック・トゥ・ザ~」でお母さん役だった人といい、こういう役でも頑張る綺麗な女優さんは好感が持てますよね。
2012/05/02 (Wed) 20:47  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.