忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「迷子の警察音楽隊」観た

 | コメディ  com(4) 
Tag:イスラエル フランス 

迷子の警察音楽隊
製作:イスラエル・フランス’07
原題:ביקור התזמורת
監督:エラン・コリリン
ジャンル:★コメディ/ドラマ

【あらすじ】演奏を依頼され、イスラエルにやって来たエジプトの警察音楽隊。だが、出迎えの姿はなく、団長トゥフィークらは自力で行こうとして迷子になってしまう。辺境の町の食堂の女主人ディナの計らいで、彼らは分宿して一夜を過ごすが…。

淡々としていて、音楽もそこまで活躍はしないけど、なんか好きですね。カタコト言葉で、敵対していた国の人と心を触れ合わせる瞬間を繊細に描いています。
まず、彼らのうち3人を泊める事になった男と、相談もされなかった家族、そして今日が誕生日の奥さんらのエピソードが面白かったです。ピリピリした空気の中で居たたまれない様子の3人の表情といったら!
少しでも会話がはずむと笑顔が戻るんだけど、それが一瞬でしゅぅ~と消えてしまうシーンなんかほんとリアル。「小部屋で赤ん坊が眠るように」とアドバイスされ、協奏曲を完成させるくだりもジーンときました。

お次は、デートの相手を泣かせてしまった男に、恋のアドバイスをする若い隊員カーレド。実は迷子になった原因は、彼が口説くのに夢中になって目的地の名前を聞き間違えた事だったり。優しいところもあるじゃないかと見ていたら、彼女の隣りに男が座り、その隣りにカーレドが座り、彼女に気付かれないようにアドバイスしようとした結果、男の膝に手を置いて肩に手を回し…と手取り足取り教える事に。そのシュールな光景に思わず声をあげて笑ってしまいました。

また、プライドが高くお堅い楽団長と、美しい女主人ディナとのデートもロマンチック。ベンチで語り合い、指揮するのはどんな気持ちか尋ねられ、言葉ではなく指揮棒を振るジェスチャーで答える楽団長が可愛い。次第に表情が和らいでいくのがいいですね。
最終的にディナがやらかしてくれるんだけど、それを苦笑して寂しげに去っていった団長が切ない…。”ディナ”と呼べるようになっていたのが、朝になって”奥さん”呼びに戻ってるのも哀しいです。
ラストの公演では、驚いた事に指揮者である団長が歌ってくれました(エジプトでは普通?)。染みる!
原題はヘブライ語で”音楽隊の訪問”という意味。邦題もなかなか素敵です。

■ Comment

こんにちは☆

この映画は今年の7月にムービープラスで見ました☆
なんとなく「宵乃さんが、お好きそうだなぁ~」って思っていましたよ☆

>淡々としていて、音楽もそこまで活躍はしないけど、なんか好きですね。
>カタコト言葉で、敵対していた国の人と心を触れ合わせる瞬間を繊細に描いています。

英語で、お互い通じるというのが、良かったです。
アラビア語とヘブライ語は全然違いますしね・・・。

>少しでも会話がはずむと笑顔が戻るんだけど、それが一瞬でしゅぅ~と消えてしまうシーンなんかほんとリアル。
>彼女の隣りに男が座り、その隣りにカーレドが座り、彼女に気付かれないようにアドバイスしようとした結果、男の膝に手を置いて肩に手を回し・・・と手取り足取り教える事に。

このあたり、ホントに見ていて面白いというか・・・良い映画でしたね~!
特に下のエピソードは、ハリウッドにパクられそうな気がしましたよ~。

>ジェスチャーで答える楽団長が可愛い。次第に表情が和らいでいくのがいいですね。

言葉に詰まった時に、何を言うのか、分かってしまいまして、ちょっと切なかったです・・・。

>最終的にディナがやらかしてくれるんだけど、それを苦笑して寂しげに去っていった団長が切ない・・・。

これはね~ビックリしたけど、世の中そんなものかなぁ~?とかも、思いました。

>ラストの公演では、驚いた事に指揮者である団長が歌ってくれました(エジプトでは普通?)。染みる!

外だったので、ビックリしました!!!

でも、本当にこの映画は、見て良かったです。
何というかイスラエルの映画は政治系がどうしても入ってくるから、そうではない(多少そういう点もあるかもしれないけど)庶民の生活や、庶民のふれあい・・・エジプト人との・・・を描いていて、心がほわっとしました。
2011/11/16 (Wed) 14:42  miri〔編集〕  

>miriさん

> なんとなく「宵乃さんが、お好きそうだなぁ~」って思っていましたよ☆

あ、やっぱりわかりますか(笑)
わたしも観る前から、これは波長が合いそうだと思ってました。

> 英語で、お互い通じるというのが、良かったです。
> このあたり、ホントに見ていて面白いというか・・・良い映画でしたね~!
> 特に下のエピソードは、ハリウッドにパクられそうな気がしましたよ~。

英語力皆無のわたしは海外旅行も無理なので、そういう楽しさを味わえるロードムービーが好きみたいです。
あの3人のエピソードもホント楽しかったですし、真似するひとも出てくるかもしれませんね。

> >最終的にディナがやらかしてくれるんだけど、それを苦笑して寂しげに去っていった団長が切ない・・・。
> これはね~ビックリしたけど、世の中そんなものかなぁ~?とかも、思いました。

心を許して話した後すぐですもんね~。多分、名前を呼ばなくなったことにも気づいてないし!
でも、こんな出来事も静かに受け止めてしまう団長さんが素敵でした。歌に昇華したんでしょうね~。

> でも、本当にこの映画は、見て良かったです。
> 何というかイスラエルの映画は政治系がどうしても入ってくるから、そうではない(多少そういう点もあるかもしれないけど)庶民の生活や、庶民のふれあい・・・エジプト人との・・・を描いていて、心がほわっとしました。

そうですよね。少しだけそういうのを匂わせていたのは、最後に兵士の写真?を帽子で隠したところくらいでしょうか?
いい作品です。
あと鍵コメもありがとうございました。女性だったんですね~(笑)
2011/11/16 (Wed) 15:35  宵乃  

こんばんは♪

これはもうだいぶ記憶が薄れてきちゃってるんですけど
恋人からの電話を電話ボックス前でウロウロして待つ青年の印象が強く残っています
なんだかロマンティックだなぁと思った次第です
今じゃ携帯必須ですからどこでもつかまりますが、
メールじゃなくて手紙のように、
ドキドキしながら待つというのがとても素敵なものに感じました
また、団長とカーレドの関係も、
まるで親子のように感じ取れるところもよかったなあ
2011/11/16 (Wed) 21:21  maki編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ!
そうそう、電話待ちのふたりのエピソードもよかったです。どちらにきた電話かわからないから、ベルが鳴るとお互いドキッとしちゃって。携帯がない時代は、こういうこともよくあったんでしょうか。
ひとりの用事が済んだ後の、彼女の電話を待つ男が寂しそうで。早くかけてあげて!と思わず願ってしまいました。
電話を待ってる間ずっと彼女のことを想っているなんて、ロマンチックですよね☆

> また、団長とカーレドの関係も、
> まるで親子のように感じ取れるところもよかったなあ

最初のカーレドの態度の悪さには「オイオイ!」と思ったんですが、終盤で意外な共通点が見つかったときは妙に嬉しかったです。あの堅物の団長がカーレドと同じ音楽の趣味だったなんて!
ほんわかあったかかったり、切なかったり、心に残る作品でした。
2011/11/17 (Thu) 10:10  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
迷子の警察音楽隊
一歩違えば社会派ものになりそうなのですが、とても素朴な1夜の物語でした 全体に静かな空気が流れています。楽団に誇りをもつ背筋の伸びた団長の軟派な若手団員カリードへの態度が、全てが分かった後だと息子に対するような愛情に感じられてなぜかほっとしました 全体...
いやいやえん|2011-11-16 13:30
.