忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(1/14~1/31)

 | まとめ感想  com(5) 

そろそろ一言映画感想の記事が増えすぎてきたので、コメントやTB、アクセスのない記事は新しい一言映画感想記事としてリメイクしていこうと思います。RSSフィードが発信されないので購読してる方は申し訳ありません…。

1/14「心霊ドクターと消された記憶」
最初から曖昧な描写の連続で主人公がどんな人か良くわからないまま進むなぁと思ってたんですが、実はその演出もちゃんと意味があったんだと思えて、なかなか楽しめるミステリアスなホラーでした。主演は「戦場のピアニスト」のブロディさんで作品の雰囲気を盛り上げてます。ただ、驚かせる系の描写も多いし、ラストは辿り着いた真相を端的にしか示していないから若干モヤっとします。実在しているのか疑わしい奥さんの描写が彼の危うさを表しているようで好きです。
1/17「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」
まるでSFみたいなタイトルですが、スティーヴン・エリオットの半自伝的作品を基にしたドラマです。それなりに引き込まれたものの、後から考えると変なところが多く、調べてみたら作家さんが苦言を呈すほど改変しているようで…。ダメな父親なりに息子を救おうと頑張ってたんだという流れのくせに、息子を守れなかった象徴である”路上生活や施設生活”も嘘っぱちだと言うのはおかしいと思ったんですよね。主人公が人気作家に見えないし。虐待やドラッグ、路上生活や施設生活、あの裁判への興味、SM趣味なんかは事実のようですが、自分で道を見つけて努力して大学で修士号を取った方です。映画だと嘘の虐待自伝の一発屋みたいな描かれ方でした。
1/18「ブンミおじさんの森」
生者と死者と精霊が普通に食卓を囲んでたり、森の中に赤い目が光る黒い影がぬぼーと立ってたりとインパクトある作品なんだけど、ちょっと哲学的なのかよくわからなかった。とにかく赤い目が怖い。ホラーか。あと、女王とナマズのエピソードは、ナマズに襲われてるようにしかみえなくて怖い。なんだったんだろう…?
1/27「二十四時間の情事」
タイトルが「二十四時間の情事」なのに内容は戦争や原爆のことで、エロ目的の人を釣ろうとしてるのが見え見え(笑)実はこの邦題、ビデオ用らしく劇場では「ヒロシマモナムール」という原題と同じタイトルだったみたい。内容はヒロインの過去と日本人男性との関係がいまいち把握できなくてよくわからなかったです。エロいシーンはほぼないよ。
1/31「ジャッジ 裁かれる判事」
割と引き込まれましたが、ちょっとだらだらしてました。元カノとその娘、主人公の弟と余計な登場人物が多くて、主人公の息子としての面と父親としての面の対比が弱いというか、父親としての面が少なすぎてアンバランス。せっかく幼い娘がいるのに雰囲気を和ませる役になってて、離婚や父親としてやるべきことに真剣に向き合えてない気が。毎回法廷の前にゲロっちゃうところは笑いました。

■ Comment

今日はコメントを有難うございました☆

>新しい一言映画感想記事としてリメイクしていこうと思います。

大きな(長い)記事になさるのですか?
お疲れ様です。

>1/18「ブンミおじさんの森」
>生者と死者と精霊が普通に食卓を囲んでたり、森の中に赤い目が光る黒い影がぬぼーと立ってたりとインパクトある作品なんだけど、ちょっと哲学的なのかよくわからなかった。

考えるより、見て感じる作品のように思いました☆

>とにかく赤い目が怖い。ホラーか。

あれすごいですよね~!
でも、最後に映った時、4人でしたでしょ?
あれは息子と妻と子供二人なんですよね、温かいものを感じました♪

>あと、女王とナマズのエピソードは、ナマズに襲われてるようにしかみえなくて怖い。なんだったんだろう…?

ははは・・・
エロいシーンでしたね(笑)。
生老病死の「生」の象徴かと、今は受け止めています(笑)。

>1/27「二十四時間の情事」
>タイトルが「二十四時間の情事」なのに内容は戦争や原爆のことで、エロ目的の人を釣ろうとしてるのが見え見え(笑)実はこの邦題、ビデオ用らしく劇場では「ヒロシマモナムール」という原題と同じタイトルだったみたい。

「ザ・シネマ」では「ヒロシマモナムール」しかなかったです☆

>内容はヒロインの過去と日本人男性との関係がいまいち把握できなくてよくわからなかったです。エロいシーンはほぼないよ。

過去と今現在は、あまり関係なかったような?
エロいのがお好きな方には是非「ナマズ」を見てもらいたいですね(笑)。

>1/31「ジャッジ 裁かれる判事」
>割と引き込まれましたが、ちょっとだらだらしてました。

そうなんですよ~わりと引き込まれるから、始末が悪くて、きっと意味があると思って見るんだけど結局全部だらだらだったような・・・。

>元カノとその娘、主人公の弟と余計な登場人物が多くて、主人公の息子としての面と父親としての面の対比が弱いというか、父親としての面が少なすぎてアンバランス。せっかく幼い娘がいるのに雰囲気を和ませる役になってて、離婚や父親としてやるべきことに真剣に向き合えてない気が。

全部仰る通りですね!
私は今は、最初が母親のお葬式で、最後が父親のお葬式で、
(そうする意味や必要性が分からないから)
けっこうひどい作品だったように思っています。

>毎回法廷の前にゲロっちゃうところは笑いました。

あの弁護士さんも不必要だったように思います。
最初から息子に頼みたくなくても、あの人に毎回
吐く行為をさせる意味も必要性も分からないんです・・・。
笑えなかったです(最初の一回だけは笑いましたが)。。。


.
2018/02/02 11:21  miri〔編集

>miriさん

> 大きな(長い)記事になさるのですか?

基本的にはコメントがない作品の感想については消して、新しい感想を書き加える感じです。
あと、海外ドラマなどの感想はピックアップしてシーズンごと1記事にまとめていこうと思います。コメントも一緒に移動したいので手動でコピペ予定。コメント通知欄が変なことになると思いますがご了承ください。

> 考えるより、見て感じる作品のように思いました☆
> でも、最後に映った時、4人でしたでしょ?
> あれは息子と妻と子供二人なんですよね、温かいものを感じました♪

そうですね、最後は怖さもなくなって一緒に仲良くなってるんだ~と思いました。しかし登場の仕方が怖い!(笑)

> 生老病死の「生」の象徴かと、今は受け止めています(笑)。

私も最初はエロ方面かと思ったんですが、消えてなくなったように見えたので食われたのかなと思ったり。王女がナマズになったようにも見えたし、見る人にゆだねているのか元となる伝承か何かがあるのか…?

> 過去と今現在は、あまり関係なかったような?

ドイツ兵だと言ってるシーンを見逃したのか、途中まであの日本人のことを言ってるのかと思ってました。

> エロいのがお好きな方には是非「ナマズ」を見てもらいたいですね(笑)。

あはは、あれでエロい気分になれる人は相当の上級者ですね。

> そうなんですよ~わりと引き込まれるから、始末が悪くて、きっと意味があると思って見るんだけど結局全部だらだらだったような・・・。

監督の作品歴を見てみたけど、この作品の前は5作品しか撮ってないんですよ。脚本家の方はもっと少ない(日本公開のみ)単純に経験不足でしょうね…。引き込まれたのは俳優の演技力によるものも大きかった気がします。

> 私は今は、最初が母親のお葬式で、最後が父親のお葬式で、
> (そうする意味や必要性が分からないから)けっこうひどい作品だったように思っています。

確かに意味があってやってるようには見えませんでしたね。何となく区切りがいいから位の気持ちでやってそう…。

> あの弁護士さんも不必要だったように思います。

ですよね~。弁護するしないの繰り返しで「さっさとしろよ!」と思ってしまいました。
コメディばっかり撮ってた監督なので、何度もゲロっちゃうコミカルなシーンが欲しくて若手弁護士を出したようにも思えます(汗)
2018/02/02 14:00  宵乃〔編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/02 18:14  

こちらにも

→ブンミおじさんの森

わたし、これダメでしたー;
意味がわからない のひとこと
なんでこれが賞をとれるんだと疑問符
考えるな感じるんだ的な映画なのだろうとは
思うのですが、その感じるところがもう最初からなんかダメなんですよね
哲学風味で小難しい印象もありました
そもそも、文化の違いが…とか、色々言い訳してみたりして。
2018/02/10 15:05  maki編集

>makiさん

「ブンミおじさんの森」もご覧になってましたか。
かーなーりー、とっつきにくい作品ですよね。わたしも全然わからなかったので感想をいくつかよんだら、パンフレットを読まなきゃ内容がわからなかったという方が…。
冒頭の長すぎる牛のシーンとか、ナマズと王女のエロシーンとか、あれ全部ブンミおじさんの前世の描写らしいです…。わかるか!!

> なんでこれが賞をとれるんだと疑問符

カンヌ映画祭って、映像が印象的で、舞台となる地域の伝統や風習が伝わってきて、見る人に解釈をゆだねる系の哲学映画が評価される気がします。なので、ある意味これが受賞したのは納得でした。
「感じるところがもう最初からだめ」というのは激しく同感です(笑)
2018/02/11 08:08  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.