忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「クレールの刺繍」観ました

 | ドラマ  com(6) 
Tag:フランス 

クレールの刺繍
製作:フランス’04
原題:BRODEUSES
監督:エレオノーレ・フォーシェ
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】17歳のクレールは妊娠5ヶ月だったが、今も親友にしか打ち明けていなかった。匿名出産を考えていた彼女は、スーパーのレジ係を病欠し、刺繍職人のメリキアン夫人のアトリエで働きだす。夫人は一人息子を事故で亡くしたばかりで…。

刺繍をつくる彼女たちの姿には静謐な美しさがありました。美しいものをつくりだすひともまた、美しい!
前半は沈んだ表情が多いけれど、心を通わせるようになってから孤独も薄らぎ、ふいに見せる笑顔が素敵。とくに、クレールが刺繍をほどこしたストールを贈った時に見せる、夫人の笑顔は最高でした。
お姉ちゃんっ子の弟が、ちょっと寂しそうにしてたり、病気を心配したりするところは可愛かったです。ハロウィンの仮装を直すエピソードは、本当に仲の良い姉弟という感じでよかった。バイクの後ろにカートをつけて乗せてくシーンも、(マントが巻き込まれそうで怖かったけど)微笑ましい。
でも、目の前でコートを脱いでも、母親に妊娠を気付いてもらえないシーンは切なかったですね。久し振りに会ったのに、こんな大きな変化にも気付いてもらえないと、愛されていないんじゃないかと思ってしまうのもわかります。涙に暮れる彼女には幼さが残ってました。
それにしても、終盤の、彼とそのまま外で…って流れはフランスだから?ちゃんと清潔にしないとダメよ!
JUNO ジュノ」とはまた違った幸せを見つけられて、静かな余韻が残りました。

■ Comment

こんにちは☆

この映画は、フランス映画で刺繍、という事で期待大にして見たら
もうガックリ来て、超・残念な映画でした・・・。
私の求めていたフランス映画ではなかったです。

刺繍(というか、それよりもずっと高度な技術を必要とする裁縫の一種ですよね?)を
しているシーンがウソ臭く見えてしまったんですよ~(汗)

>お姉ちゃんっ子の弟が、ちょっと寂しそうにしてたり、病気を心配したりするところは可愛かったです。

あぁこの文章から数行、宵乃さんらしい目線ですね!
そう言われれば、弟君のエピソードは良かったです☆
良い点見つけられて(思い出せて)感謝です♪

>「JUNO ジュノ」とはまた違った幸せを見つけられて、静かな余韻が残りました。

「ジュノ」とは全然出来が違いますし~(大汗)全く思い出さなかったです。
でもまぁそう言われればラストあたりの余韻は良かったかもしれません・・・。
やっぱ“監督の腕”がね~そこが違うんだと思います。
2011/09/30 (Fri) 12:36  miri  

>miriさん

miriさんには合いませんでしたか~。わたしは割とすんなり観れました。

> 刺繍(というか、それよりもずっと高度な技術を必要とする裁縫の一種ですよね?)を
> しているシーンがウソ臭く見えてしまったんですよ~(汗)

そうでしたか???
普通に刺繍をするシーンがメインだったと思いますが…。

> そう言われれば、弟君のエピソードは良かったです☆
> 良い点見つけられて(思い出せて)感謝です♪

そう言ってもらえて嬉しいです。
出番は少なかったけれど、弟君の愛らしい眼差しが印象的でした。

> 「ジュノ」とは全然出来が違いますし~(大汗)全く思い出さなかったです。
> でもまぁそう言われればラストあたりの余韻は良かったかもしれません・・・。
> やっぱ“監督の腕”がね~そこが違うんだと思います。

いちおう”カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ”とかいうよくわからない賞をとってるんですけどね。
気取りすぎという印象を受けた人もいるみたいで、わりと好き嫌いが分かれる作品のようです。
2011/09/30 (Fri) 13:21  宵乃  

こんにちは☆

今気付きました!
「別館」小さくしか宣伝なさっていないから、今の今まで分かんなかった~!!!
いつアップなさったのかしらん?

あちらではコメント書けない?ようなので、こちらへ書きます!
ひとこと
「すごい! 偉い! すんばらすぃ~!!!」
ひとことのつもりが、みことになりました。

これからもいつも見せて頂きます。
バス男を見てこころ癒されたいし、キレイな空の数々も、なめるように(?)
鑑賞させて頂きま~す♪
2011/10/01 (Sat) 10:51  miri〔編集〕  

>miriさん

おお~、気付かれましたか!一番乗りですよ、すごい!
まだ3日目ですから、早すぎるくらいですね。もうちょっとたくさんアップしてから宣伝しようかと思ってました。
さっき設定をいじったので、コメントもたぶん書けるようになってるはずです。

> 「すごい! 偉い! すんばらすぃ~!!!」
> ひとことのつもりが、みことになりました。
> これからもいつも見せて頂きます。

ありがとうございます!!
bloggerというブログサービスはひとつのアカウントで10個までブログを持てるし、イラストや写真をずらーっと並べられる新しい表示方法が使えるようになって、思わず開設してしまいました。

あと、昨日ちょっと刺繍の事を調べてみたんですが、「クレールの刺繍」で描かれていた刺繍は、フランスの本格的オートクチュール刺繍”リュネビル刺繍”というらしいです。こちら↓のサイトが詳しいですよ。
http://www.vouvray.jp/about_us.html#broderie_message
2011/10/01 (Sat) 11:35  宵乃  

またまたお邪魔します☆

>あと、昨日ちょっと刺繍の事を調べてみたんですが、「クレールの刺繍」で描かれていた刺繍は、フランスの本格的オートクチュール刺繍”リュネビル刺繍”というらしいです。こちら↓のサイトが詳しいですよ。
>http://www.vouvray.jp/about_us.html#broderie_message

教えて下さり、有難うございます☆
私が言いたかったのは、まさにこういう事で、以前のコメントではうまく書けなかったのですが、

普通の刺繍(マルタおばあちゃんがしていたような)ではなく、
それも含めて、色々な飾りも付け、布全体を切ったり貼ったりもして、
とても高度な技術と知識が必要な、裁縫の一種という意味だったのです。

なので、このサイトで描かれていた世界は、この映画の世界の通りだと思ったのですが、
それがクレールには似合わなかった(ただの刺繍ならともかく、本当にそこまでの技能があるのか???)
という感覚を持ったのです。

宵乃さんには奇異に映らなかったようですが、どうにもこうにも私には・・・でした。
カンヌの賞って色々とあるし「?」な作品も多いですよね~。
この際一つ1等賞、だけにしたらどうでしょうか???

ところで、色々と旅をしまして 「252 生存者あり」の感想ですが、
私もこの映画は9月の邦画ワースト1です。(これからはワーストはfc2には書かないつもりでして)

宵乃さんの仰る点もですが、他にも、ものすごくおかしな描写が多かったですよね~。
もういい加減「うみ○る」路線はやめたら~?って思いました☆
2011/10/01 (Sat) 15:27  miri〔編集〕  

Re: またまたお邪魔します☆

> このサイトで描かれていた世界は、この映画の世界の通りだと思ったのですが、
> それがクレールには似合わなかった(ただの刺繍ならともかく、本当にそこまでの技能があるのか???)
> という感覚を持ったのです。

最近のひとはすごいですよ。知りたい事は簡単に知る事ができるので、一度のめりこむとプロ並の技術を身につけてしまうひともたくさんいます。彼女はセンスもあるみたいだし。

> カンヌの賞って色々とあるし「?」な作品も多いですよね~。
> この際一つ1等賞、だけにしたらどうでしょうか???

どの賞がどれだけの価値?があるのかもよくわからないですしね。
でもまあ、どこを見て評価するかで変わってきますし仕方ないんでしょうか。「クレール」も、刺繍好きな人には受けが良かったみたいです。

> ところで、色々と旅をしまして 「252 生存者あり」の感想ですが、
> 私もこの映画は9月の邦画ワースト1です。(これからはワーストはfc2には書かないつもりでして)

あ、見つかっちゃいましたか。あのブログは、アニメ感想目当ての人しか来ませんし、映画感想も最近いそがしくて書く気が起きないので、別館とは切り離しました。読まれて困る事はないですけど、けっこう毒を吐いていたような気がするので気分が悪くなってないか心配です。大丈夫でしたか?
「252 生存者あり」はTVドラマだったとしても許せないレベルでしたよね~。「うみ○る」路線はわたしもうんざりです。
2011/10/02 (Sun) 09:03  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.