忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「カントリー・ベアーズ」観ました

 | ミュージカル  com(4) 

カントリー・ベアーズ
製作:アメリカ’02
原題:THE COUNTRY BEARS
監督:ピーター・ヘイスティング
ジャンル:★ファミリー/ミュージカル/コメディ

【あらすじ】熊と人間が仲良く暮らす世界。人間の家族として育った子熊ベアリーは、養子と知りショックで家出する。やって来たのは、解散した憧れのバンド”カントリー・ベアーズ”のカントリー・ベア・ホール。だが、ホールが取り壊されると知り…。

気分が落ち込んでいたのもあったけど、ホント心から楽しめました。これぞファミリー映画の王道というありきたりな展開ではあるんだけど、登場するクマたちが今どき珍しいきぐるみってのが懐かし可愛い!
表情まで精巧につくっていて、”熊と人間が仲良く暮らす世界”という設定が違和感ないものになってました。
それに「カントリーベア」のことは観るまで何の事かわからなかったんですけど、ディズニーランドで歩きつかれた時に入る場所で、歌って演奏していたあのクマ達ですね。
アトラクションから映画化したものというと「パイレーツ・オブ・カリビアン」が真っ先に思い浮かぶけど、わたし的にこっちの方が断然好きです。ディズニーらしくミュージカルシーンもあって楽しいし、警官アホコンビの体を張ったベタなギャグもツボでした。悪役を演じるクリストファー・ウォーケンもかなりハジケてます(笑)
何より、彼らの音楽が最高!即、永久保存決定でした。
笑って楽しんで、最後にはホロリとさせる、家族で観るのにもってこいな作品です。

追記(2015/07/14)
やっぱり可愛いですね~。ベアリーの声はオスメント君がやってるらしく、愛くるしいクマのきぐるみの表情も相まって、癒されます。
内容はなんてことないんだけども、何気に伏線をしっかり張っていて、「お、ここでそれがくるのか!」と驚かされることも。上手く行き過ぎ感はあるものの、おバカなノリとゆるゆるなキャラたちをみてると許せてしまうんですよね。
そして旅を経て、「種族は違っても血が繋がってなくても、互いに思いやるのが家族なんだ!」と気付き、兄の方も、たとえクマでも弟は大切な弟なんだと気付くなど、ファミリー映画としてもちゃんとしてます。
一方、両親の方は、自分達がベアリーばかり可愛がるから、お兄ちゃんが拗ねて弟をいじめていると最後まで全く気付いてなかったものの、この映画を子供と一緒に観た親は「自分たちは子供を平等に愛せているかな」と振り返ることができるから、これはこれでいいと思いました。
音楽が良かったのはもちろんのこと、その見せ方も突然歌って踊るだけじゃなく、ストーリーの流れで自然に入るところも良かったです♪

■ Comment

良かったですね。

>熊と人間が仲良く暮らす世界。

重い暗い作品が続いて落ち込んでいた宵乃さんに、素晴らしい映画が現われてくれたのですね!

この冒頭の一行で、どういう映画か見えてくるような気がします☆
いつか必ず鑑賞したいと思います♪
2011/05/20 (Fri) 19:11  miri〔編集〕  

>miriさん

そうなんですよ~、暗い気持ちが一気に吹き飛んで、大笑いできました♪

> >熊と人間が仲良く暮らす世界。
> この冒頭の一行で、どういう映画か見えてくるような気がします☆

まるでディズニーランドのショーを楽しんだような感覚。
ちょっと懐かしい感じもあって、大人にも子供にもおススメです!
2011/05/21 (Sat) 09:13  宵乃  

こんばんは☆

お陰さまで、5年間の想いをこめて、やっと鑑賞しました☆

>登場するクマたちが今どき珍しいきぐるみってのが懐かし可愛い!

主人公はじめ、熊ちゃんたちの表情が、本当に素晴らしかったです!
特に主人公の可愛らしさ、女性?歌手のあのイイ感じ、
アートディレクターの勝利です♪

>表情まで精巧につくっていて、”熊と人間が仲良く暮らす世界”という設定が違和感ないものになってました。

違和感なかったです!

>ディズニーらしくミュージカルシーンもあって楽しいし、

彼らはもちろん、他の出演者も全員、音楽が素晴らしかったです♪

>警官アホコンビの体を張ったベタなギャグもツボでした。

エンドロールの最後まで、お疲れ様でした☆

>悪役を演じるクリストファー・ウォーケンもかなりハジケてます(笑)

きっとこの役柄を、楽しんで引き受けられたと思います☆
プロですよね~♪

>上手く行き過ぎ感はあるものの、

ただ、ここらへんがちょっと・・・
ファミリー映画の王道、デイズニーの老若男女楽しめる作品とは
こころから分かるのですが・・・。

>音楽が良かったのはもちろんのこと、その見せ方も突然歌って踊るだけじゃなく、ストーリーの流れで自然に入るところも良かったです♪

突然歌い踊るのお好きではない人も多いですものね~
とても良心的で良い作品でした☆
ご紹介、有難うございました!

イラスト、この映画で一番良いシーンですネ(泣)。
いつも素晴らしい場面を選ばれますね、イラストと共に
この映画のことは、ずっと忘れない自信が、私にはあります♪


.
2016/06/27 (Mon) 19:01  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ!
鑑賞されたんですね~。大好きな作品なので、miriさんに観てもらえて嬉しいです♪
ホント、着ぐるみとは思えないくらい表情が生き生きしていて、可愛らしいですよね。熊ちゃんだけでなく、お兄ちゃんや警官コンビ、ウォーケン様もみんな楽しそうで。
この作品に関わった人はみんな心から楽しんでいたと思います。

> ファミリー映画の王道、デイズニーの老若男女楽しめる作品とは
> こころから分かるのですが・・・。

あはは、ちょっとご都合主義は目につきましたよね。
あの両親が反省するシーンもあればもっと良かったんですが。

> 突然歌い踊るのお好きではない人も多いですものね~
> とても良心的で良い作品でした☆

音楽が素晴らしく、ミュージカルが苦手な方でもとっつきやすい作品になってました。
ファミリー映画のおススメだったら、これを一番に推しますね。

> イラスト、この映画で一番良いシーンですネ(泣)。
> いつも素晴らしい場面を選ばれますね、イラストと共に
> この映画のことは、ずっと忘れない自信が、私にはあります♪

ありがとうございます。
このイラストは自分で見ても、映画のワンシーンを思い出せるので気に入ってます。
miriさんに気に入って頂けて、この記事を書いたかいがありました。
こちらこそ、見て下さってありがとうございました♪
2016/06/28 (Tue) 07:53  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.