忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ドライビングMissデイジー」観ました

 | ドラマ  com(3) 

ドライビングMissデイジー
製作:アメリカ’89
原題:DRIVING MISS DAISY
監督:ブルース・ベレスフォード
原作:アルフレッド・ウーリー
ジャンル:★ドラマ

1948年、夏。ある日、運転中にあやうく事故を起こしかけた、元教職の未亡人デイジー。母の身を案じた息子ブーリーは、黒人のホークを運転手として雇う。だが、頑固者の彼女は他人に頼るのを嫌がり、彼に冷たく当たるのだった。

懐かしくなって再見。前から好きな作品でしたが、年をとってますますデイジーに感情移入できるようになりました。
いつも人の目を気にしていて、素直に息子やホークの好意に甘えられないデイジーが、まるで自分を見ているよう。なんでもできる、なんでもわかってるみたいな顔をしているから、自分が間違っていても素直に謝る事もできないんですよね。
そんな彼女の刺々しい言葉の数々をさらりとかわして、笑顔で対応するホークもよかった。初めて彼女を車で送って、ブーリーに「今どこにいると思います?」と満面の笑みで報告するところなんか可愛かったです。仕事や人生を楽しんでいるというか、彼女の態度なんて可愛いもんさ、みたいな懐の深さが感じられます。
そして、彼らの25年間のこころの交流が描かれる舞台も素晴らしい。ジョージア州アトランタの緑豊かな並木道、木漏れ日を浴びるピカピカの車、花の咲く庭のある静かな家。そういうのを見ているだけで落ち着きました。

最初は彼らのやりとりを面白くみせていくんだけど、文字を読めないホークに読み方を教えたり、子供用の教科書を贈ったり、キング牧師の夕食会のことでケンカしたり、さりげない日常のエピソードの積み重ねで、ふたりが心を通わせていくのを丁寧に描いています。
ホークがデイジーにパンプキンパイを食べさせてあげる、穏やかで優しいラストが余韻を残します。

関連記事
「彼女のアリバイ」観た

■ Comment

初見でした

前から気になっていたのですが、今まで観るタイミングをずっと失っていたのです。
良い映画でしたね。 ジェシカ・タンディはこの作品で80歳!アカデミー主演賞を受賞しているのですよね。その後の「フライド・グリーン・トマト」は劇場で観ていますが、こちらもまた再見したくなりました。南部アメリカの色彩は赤いトマトに代表されているようにも感じます。

>いつも人の目を気にしていて、素直に息子やホークの好意に甘えられないデイジーが、まるで自分を見ているよう。なんでもできる、なんでもわかってるみたいな顔をしているから、自分が間違っていても素直に謝る事もできないんですよね。

私も若い頃はそんなところがあったので、デイジーが憎めません。しかし、分からない人には何とも意地が悪いとしか見えないのかもしれません。えてして威張る男性には多いタイプでムカつくのだけど、女性だったら断然許しちゃいたいのは不思議v-40

フリーマンも彼の持ち味ー、懐の深い男性を演じていました。
素敵だなぁv-347
どんな終り方をするのだろうと思っていたらパンプキンパイを食べさせてあげるシーンで終らせましたね。生を終えるまで未だ続く人生を物語っているようでした。
もし2人の間に人種差別が横たわっていなかったら、違う展開だったと思わずにいられません。
さすがに”風と共に去りぬ”のアトランタが舞台の映画でした。
近々投稿したいと思っています 
2011/06/16 (Thu) 15:57  bamboo〔編集〕  

>bambooさん

いらっしゃいませ!
気になっていた作品を観る機会に恵まれてよかったですね。いい作品でした♪
「フライド・グリーン・トマト」はかなり前に観ました。一度でいいからあれを食べてみたいと思っているんですが、青い大きなトマトって近所のスーパーじゃ売ってないんですよ。自分で育てるのも大変そうだしなぁ。

> 私も若い頃はそんなところがあったので、デイジーが憎めません。しかし、分からない人には何とも意地が悪いとしか見えないのかもしれません。えてして威張る男性には多いタイプでムカつくのだけど、女性だったら断然許しちゃいたいのは不思議v-40

お~、bambooさんも共感されましたか。やはり気持ちがわかってしまうと、憎めないどころか擁護したくなります。同じ女性の方が共感しやすいけれど、わたしは頑固じじいも結構好きだったり(笑)

> 生を終えるまで未だ続く人生を物語っているようでした。
> もし2人の間に人種差別が横たわっていなかったら、違う展開だったと思わずにいられません。

根深い問題をゆっくりと乗り越えたふたりだったからこそ、ああいう穏やかで優しい気持ちで観終われる作品になったんでしょうね。役者さんの演技も素晴らしかったです!
2011/06/17 (Fri) 10:24  宵乃  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/17 (Fri) 13:40    
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
録画『ドライビング・ミス・デージー』
(デイジーとホークの対照的な表情が良いね!) (ストーリー) 長年勤めた教職を退いた未亡人のデイジー(ジェシカ・タンディ)は運転中に危うく事故を起こしかける。母の身を案じた息子のブーリー(ダン・エイクロイド)は、彼女の専用の運転手としてホーク(モーガン・フリ...
晴山雨読ときどき映画 bamboo part2|2011-06-18 13:49
.