忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」観ました

 | ファミリーアニメ  com(2) 
Tag:イギリス 

ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!
製作:アメリカ/イギリス’05
原題:WALLACE & GROMIT IN THE CURSE OF THE WERE-RABBIT
監督:ニック・パーク/スティーヴ・ボックス
ジャンル:★コメディ/サスペンス/ホラー

【あらすじ】巨大野菜コンテスト間近、畑を荒らすウサギの大繁殖に町人は頭を悩ませていた。ウォレスとグルミットは、発明品のウサギ回収マシーンで大切な巨大野菜を守る。そんなある日、正体不明の巨大ウサギが野菜を次々と食い荒らし…。

「ウォレスとグルミット」初の長編です。
このシリーズの見所は物言わぬ動物たちの繊細な感情表現。奥さんみたいに献身的な愛犬グルミットにはほんと泣かされます。
嫌そうな顔一つ見せずに日常の家事をすべてこなし、仕事となれば早朝だろうと夜中だろうとウォレスと出動。車を運転する姿がまたサマになっていて、ハンドルさばきも手馴れたものです。ウォレスが調子に乗ると、頬杖をついてため息ひとつ、仕方ないなぁという感じで付き合ってくれるのもいい。そしてなにより、ウォレスのピンチには必ず駆けつける頼れる奴なのです。ラストのドッグファイトはクレイアニメとは思えないスピード感でした。
また、ウォレスの発明品の数々も面白い。ヒーロー出動シーンみたいな夢いっぱいな設備から、しゃれにならないマッドな発明まで、普段はグルミットに頼りきりな彼も得意分野では頼りに…なる?
巨大なダイ○ンの掃除機みたいな回収機の中で、ふわ~んゆら~んと回転するウサギたちが可愛かったです。

ファミリー映画とはいえ、笑いのテンポの良さやサスペンスを盛り上げる演出など、映画としても十分に楽しめました。むしろオマージュやパロディ満載なので大人の映画ファンじゃないとわからないところも!?
子供への配慮もあって、ホラー展開だけど怪物はウサギだし狙われるのは野菜、それにウォレスたちが駆除ではなく回収して家中ウサギだらけになるところなんか良心的でした。過去の短編と比べ人間たちの会話が増えたのは、わかりやすいんだけど私には説明的に感じてしまったかな。個人的には短編の「ペンギンに気をつけろ!」がおススメ。
ちなみに原題は「ウォレス&グルミット:兎男の呪い」です

関連記事
「ウォレスとグルミット」3作観ました

■ Comment

宵乃さん、今年は本当に、誰よりも一番お世話さまになりました☆
有難うございました。

来年も、映画のお話をしたり、お時間のかかるイラストをサーっとお借りしたり、
企画の件でもリクエストとか新しい事にも挑戦したいです☆ どうぞ宜しくお願いします。

今年の目標以上のこと出来ましたね~。
☆☆☆ よく頑張ったで・賞 ☆☆☆
私から差し上げます。(偉そうでゴメンネ)

では、寒いのでお気をつけて。
ご家族お揃いで、お元気に良い年をお迎えくださいね~♪
2010/12/30 (Thu) 22:18  miri〔編集〕  

>miriさん

いえいえ、こちらこそお世話になってます。
人見知りでブログ同士の交流なんておっかなびっくりだったわたしも、miriさんと企画のおかげでずいぶん変わることができました。ほんと感謝です!!
これからも変わらず仲良くしてくださいませ♪

> 今年の目標以上のこと出来ましたね~。
> ☆☆☆ よく頑張ったで・賞 ☆☆☆

ありがとうございます~!
気合が入ったので、来年も頑張れそうです。

ではでは、miriさんもお体にお気をつけて、よいお年を~!
2010/12/31 (Fri) 09:48  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.