忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

「新・三銃士」でアラミスが10歩くらいリードか!?

 | マンガ/アニメ  com(2) 

アラミスとコンスタンス
第25話「とらわれのコンスタンス」
ボナシューを使ってコンスタンスを誘拐したミレディーは、「コンスタンスの命が大事なら、銃士隊をやめて田舎に帰れ」という脅迫状をボナシューに託し、ダルタニアンを脅しにかかる。そんなミレディーの策略をよそに、ダルタニアンはリシュリュー枢機卿から親衛隊に入ることを勧められ悩んでいた。一方、ミレディーの隠れがから逃げ出すことに成功したコンスタンスは、アラミスと出会い…。(NHKオンデマンドより)

前回の記事でやっとダルタニアンが主役らしくなってきたと思っていたのに、「反乱軍編(だっけか?)」が始まってから微妙になってきました。
彼が周囲(特に陛下)の心を掴み始めていることに危険を感じた枢機卿が、甘言を用いてダルタニアンを抱き込もうとしているんですが、どうも揺れている感じなんですよね。
…オイオイ、父親の仇ですぞ?
それとも、内部から枢機卿を失脚させようとか…いや、ないない。そんな器用な子じゃないし。よもや暗殺!?…いや、それより、父親のこと忘れてるかも。単純におだてられて喜んでいるようにも見えるし。
とりあえず、キッパリ断らないことにガッカリです。せめて皆にお祝いされた後にはねぇ。

そんなこんなで、またもや評価が下がりつつある主人公をさしおいて、あのアラミスが素敵に活躍です。
「王妃の首飾り編」で恥をかかされたミレディが、ダルタニアンに復讐しようとコンスタンスを誘拐。枢機卿と密会していたダルタニアンに助けられるはずもなく、颯爽と現れたアラミスが彼女を救出します。
その姿はまさに、姫を救出しにきた王子!
…いやぁ、様になるなぁ。
ダルタニアン完敗、これから巻き返せるのか!?続きが気になります。(…そういえば、コクナール夫人って、誰が声あててるんだろう。王妃かな?)

関連記事
「新・三銃士」でボナシュージャンプ再び
「新・三銃士」でやっとダルタニアンが主役らしくなってきた

■ Comment

こんばんは

>・・・オイオイ、父親の仇ですぞ?

爆笑しました。
ですよねー。
ホントに、なんか、残念な主人公で・・・

うちの子供たちも
「アラミスがいい!」と大人気です。

>ダルタニアン完敗、これから巻き返せるのか!?

本当に、巻き返せるのか
不安になってきました(笑)
2010/02/19 (Fri) 18:50  きみやす  

>きみやすさん

>きみやすさん

いつもコメントありがとうございます。
わたしもきみやすさんのブログを毎日たのしく読ませてもらってます。なかなか知っている作品がなくてコメント少なくてごめんなさいね~(汗)

今朝、録画しておいた26話「許されぬ恋」も観たんですが、がぁーーーっくりしました。
ダルタニアン、あそこまでダメな子だったとは・・・。

> ホントに、なんか、残念な主人公で・・・

そうそう、みていて痛々しい!
仇のこと、国や陛下を守ること、陛下との友情や三銃士との絆など、大事なことがいろいろ頭から吹き飛んでいる気がしました。

> うちの子供たちも
> 「アラミスがいい!」と大人気です。

ですよね~。ハッキリ言って、コンスタンスとのことも断然アラミスを応援しています。
ポルトスやプランシェも和みますし。今のダルタニアンと比べたら、ミレディすら可愛く見えます(笑)
はたして、ここからどう巻き返すのか、三谷さんの腕のみせどころですね。
2010/02/20 (Sat) 21:23  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.