忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

TV映画「刑事コロンボ/構想の死角」観ました

刑事コロンボ/構想の死角
製作:アメリカ’71
原題:COLUMBO: MURDER BY THE BOOK
監督:スティーヴン・スピルバーグ
ジャンル:★ミステリー

ベストセラー推理作家コンビのケンとビル。だが、執筆担当のビルがコンビ解散を言い出したために、ケンは彼の殺害をたくらむ。死亡時刻には山荘にいたというビルの妻の証言に、殺人課刑事コロンボは頭を悩ませるのだった。

BS2で放送していたので、コロンボ初視聴しました~。これは三作目みたいだけど、前のふたつは見逃したのかな?
ま、それは置いといて、こういう犯行をすべて見せてからはじまるミステリー(倒叙物?)って大好きなんですよ。高校生くらいのとき”古畑任三郎”に嵌っていたので、すんなり入っていけました。コロンボ素敵だし♪
というか、今までコロンボの姿しか知らなかったので、全然性格悪くないことにビックリ。古畑のイメージと重ねてたみたいです。「うちのかみさんが…」とか言いながらオムレツをつくる名刑事、いいですねぇ~。初めて観たとは思えないほど、親近感が湧きました。
今回の犯人はミステリー作家ということで、凝ったトリックを使っても不自然じゃないところが良かったです。ミステリーって時々、そんな面倒なことする人いないだろーって言いたくなるほど奇抜な事しますから。
そして、そんなときに必ず現れる強請り。女性ということで一応は用心していたものの、やっぱりダメでした。彼女なら、ニュースのインタビューで「そんなことする人には全然見えなかった。信じられない…」とお決まりのセリフを言ってくれそうな気がします(笑)
観終わって、「コロンボ」シリーズの監督ってスピルバーグだったのかぁ、と思っていたら、彼が撮ったのはこの回だけでした。スピルバーグっぽさがどんなものかわからないけど、冒頭のビルを見上げる犯人の図は何か起こりそうな感じでよかったです。

関連記事
「刑事コロンボ/溶ける糸」観ました
「JAWS/ジョーズ」観ました
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」観た

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「構想の死角」
ジャック・キャシディは悪人役が似合いますね。とくに笑顔が堪らなく「悪そう」です。コロンボ作品には3回出ていますが、どれもいい表情をしています
映鍵(ei_ken)|2010-12-09 18:03
.