忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ブレイクアウト(1975)」観た

 | アクション  com(0) 

ブレイクアウト
製作:アメリカ’75
原題:BREAKOUT
監督:トム・グライス
原作:エリオット・アシノフ、ウォーレン・ヒンクル、ウィリアム・ターナー
ジャンル:★アクション

【あらすじ】1971年メキシコ。護送中の囚人が殺され、アンの夫ジェイが28年の実刑判決を受ける。それは、彼が証人台に立つと困る祖父の仕業だった。何も知らないアンは夫の脱獄のため、金のためなら何でもやるパイロット・ニックの元を訪ねる。

実際の脱獄事件をもとにしたアクション映画。ハッキリ言って最後の脱出はあっけなく、緻密な計画や駆け引きなんてありません。原作が「十秒間の刑務所脱獄」というだけあって、サーっと降りてサーっと脱獄、みたいな。
でも、それまでに二度失敗していて、それでも諦めない男気がイイ!
一度目は報酬に釣られて。何も知らず飛んでいったら撃たれたので即撤退。
二度目は高額の報酬とプライドで。女装でノリノリの相棒を面会に送り込むという本気かどうか分からない作戦。即バレてボコされます。
三度目はアンの涙と、男の意地で。美女(保安官の妻で昔なじみ)が『襲われる~』と叫んで警備の気を引き、その間に広場に出たジェイをヘリコプターで回収する作戦。今度は本気です。

まあ、こんな感じの流れなんですが、一番の見所はニックの饒舌さとお気楽さでしょうか。アンに希望報酬額を伝えたらあっさり承諾され、未練がましく~ドル~セントと付け加えてみたり、嫉妬深い保安官を宥めるシーンが妙に和みます。アンへの淡い恋心も微笑ましい!
アクションとしては物足りないものの、私的には十分楽しめる作品でした。

関連記事
「ウィル・ペニー」観ました

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.