忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「フェーンチャン ぼくの恋人」観ました

 | 青春  com(0) 
Tag:タイ 

フェーンチャン ぼくの恋人
製作:タイ’03
原題:FAN CHAN
監督:コムグリット・ドゥリーウィモン/ウィッタヤー・トーンユーン/ソンヨット・スックマークアナン/ニティワット・タラートーン/アディソーン・ドゥリーシリカセーム/ウイッチャヤー・ゴージウ
ジャンル:★ドラマ/ロマンス/コメディ

【あらすじ】幼馴染ノイナーが結婚すると聞き、ジアップの中で子供の頃の思い出が蘇る。近所に住む2人は生まれた時からいつも一緒だった。だが、しだいにジアップは男の子の遊びに憧れ、ガキ大将ジャックたちの仲間に入れてもらおうとするのだった。

雑貨屋を挟んで二軒の床屋があり、店先からジアップとノイナーが出てきて一緒に学校に行く…という図が妙に微笑ましく、なんとも懐かしい気持ちになれる作品でした。
思い出の中のジアップはちょっと頼りなげな少年で、ノイナーはおさげの可愛いしっかり者。「ゴム跳びの女王」なんていうあだ名まであり、女の子たちといる時も彼女が中心にいる感じです。
ジアップは男の子たちと遊びたい年頃なんですが(彼から見た男の子たちのごっこ遊びが、ワイヤーアクションで表現されていて可愛い!)、いつも女の子と遊んでいるせいで仲間に入れてもらえません。しかも、ノイナーの母親に頼まれ発表会で花を渡したものだから、ますますジャックたちにからかわれてしまうんですよね。
ジャックは2年留年した大柄な少年で、見たまんまのガキ大将。裕福な家の男の子からゲームを取り上げたり、土管の上でたむろしてたりと、まるでジャイアンのよう…と思っていたら、そのすぐ後にジアップがドラえもんのTシャツを着て登場!!
どうやら、”ドラえもん”はタイでもノスタルジーの象徴みたいです。

ちょっとデフォルメされた愉快な登場人物と、日本に通じるものがあるタイの風景。どこにでもありそうな日常、初恋、甘酸っぱい思い出。
ほんわかとして、それでいて切ない気持ちがこみ上げます。
ラストに花嫁姿のノイナーが振り返り、”君はあの頃のままだった”とジアップが笑顔を浮かべたのにはジーンときました。

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.