忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「風が吹くとき」観ました

 | アニメ/人形アニメ  com(4) 
Tag:イギリス 

風が吹くとき
製作:イギリス’86
原題:WHEN THE WIND BLOWS
監督:ジミー・T・ムラカミ
原作:レイモンド・ブリッグス
ジャンル:★戦争/パニック/サスペンス

【あらすじ】イギリスの片田舎で年金生活を送る老夫婦ジェームズとヒルダ。国際情勢の悪化で三日以内に戦争が始まるというニュースに、彼は政府のパンフレットに従い屋内核シェルターを造り始める。だが、それは余りにも科学的根拠のないものだった。

「スノーマン」の作者が描いたグラフィックノベルを映画化したアニメーション作品。ほのぼのした絵柄に反し、被爆で衰弱してゆくふたりを淡々と描いており、観た後ずっしり重い気分にさせられます。
わたしがこの作品を初めて観たのはおそらく5歳で、夏休みに学校の体育館で上映していたのを観たんだと思います。子供には重過ぎる内容ですが、その頃わたしは感受性が皆無で「ドアで爆弾防げるわけないじゃん、馬鹿じゃねーの」くらいにしか思ってなかったんですよね。しかも、被爆のことも理解していなかったし。暗くて退屈な映画という印象しか持ってませんでした。
でも今回観直してみて、老夫婦のあまりの無関心さに恐ろしくなってしまいました。
もし、これが核攻撃でなく空襲や災害後の物語だったとしても、彼らは直前まで興味を持たないし(奥さんは直前でも持たないだろうけど)、目の前の状況を無視して政府の言う通りに行動するだけだったんじゃないでしょうか。
お互いを思いやる姿は美しいのですが、現実を見ずに自分で考える事を放棄し、ただ政府(あるいは神?)を妄信する姿は愚かであり、人間として大切なものが欠けているように思えます。
反核についてもですが、色々な事を考えさせられる作品でした。

関連記事
「スノーマンとスノードッグ」観ました(同原作者)
B002BGHXE2

■ Comment

こんにちは。

今回は描かれている絵が
スゴイですね。

一気に思い出してしまいました。

自分は高校生の時が初見でした。
前半部分で
「あの板(ドア)すげ~よな」と
友人と笑っていたのですが・・・

後半部分はもう、辛くて辛くて
みんな、無言で画面を観ていたのを憶えています。

宵乃さんがお書きになられているように

>反核についてもですが、色々な事を考えさせられる作品でした。

様々な怖さが複合的に重なっているというのか。

戦争が個人をあっさりと潰していく様子。

夫婦の(こういってはなんですが)
あまりの知識(教養)の無さ。
奥さんのセリフとか・・・
庭に出たあとの会話や行動。
元気付けるために夫が歌うシーンが、あまりにも痛々しい。

放射能汚染による各症状・・・
前半の絵柄から一転しての過酷さ。

そして、あの袋のシーンは忘れられません。
(ラストのセリフも!)

無知であることが、どこまでも悲しい夫婦なんですが

今、“風が吹いたら”
自分もあんな行動しかできないかなぁ・・・
2009/08/16 (Sun) 15:19  きみやす  

Re: タイトルなし

きみやすさん、こんにちは。
今回のイラストは、ちょっとトラウマ刺激しちゃいますかね・・・
インパクトと分かりやすさと描きやすさしか考えてなくて、この作品がけっこうなトラウマ作品だという事を忘れてました。心の準備が出来るように本文の下に移動してみますね。

> 後半部分はもう、辛くて辛くて
 みんな、無言で画面を観ていたのを憶えています。

あぁ~わかります。前半と後半のギャップがもう・・・最初に笑っていたことに罪悪感を抱いてしまうというか、あの夫婦と同じように自分も戦争の事を別世界のように考えていたんだなぁと実感させられてしまいました。
それに、何も知らない子供のような二人の善良さが、見えてくるほどに痛々しく感じるんですよね・・・。
よろよろと袋に入るシーンと奥さんの最後のセリフは、わたしも忘れられません。

今、“風が吹いたら” ですか。
なまじ彼らより知識があるだけに、もっとみっともない姿を晒してしまいそうです。
落ち着きと思いやりの心だけは、彼らを見習いたい・・・。
2009/08/17 (Mon) 11:37  宵乃  

おはようございます。
たびたび、すみません。

>本文の下に移動してみますね。

あわわわ、すみません。
そんなつもりではなかったのですが・・・
逆に申し訳ありません

>落ち着きと思いやりの心だけは、彼らを見習いたい・・・。

本当に、思いやりのある夫婦だと思います。

あの状況で相手を思いやれるというのは正直、素晴らしいことではありますが

盲目的に、政府の見解を信じる
救援を待つ。
神に祈りを捧げる。

あの状況であれば仕方がないのでしょうが
(圧倒的なまでに)知識・知恵が足りない。

そのことは、やはり善良さとは別の部分で悲劇だなぁと思ってしまいますね。

2009/08/18 (Tue) 06:39  きみやす  

Re: タイトルなし

おはようございます。

あ、えっと、全然申し訳ないことはないので気にしないで下さいね~。
誰でも見やすいブログを目指しているので、むしろ感謝です♪
なんせ、”風が吹くとき トラウマ”で検索するとけっこう出てきますから。
でも、「観てよかった」っていうのも多いのがこの作品のすごいところです。
2009/08/18 (Tue) 09:49  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.