忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?」観た

 | ファミリーアニメ  com(2) 

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?
製作:アメリカ’05
原題:HOODWINKED
監督:コリー・エドワーズ
ジャンル:コメディ/アクション/ミステリー

【あらすじ】赤ずきんがトレードマークのレッドは、おばあさんの手伝いで毎日お菓子を配達していた。ある日、山にいるおばあさんを訪ねた彼女は、狼と斧を持ったきこりの襲撃を受ける。駆けつけた警察は、世間を騒がすレシピ泥棒との関連を疑い…。

肩の力を抜いてのほほんと観られました。
ちょこちょこ映画やアニメのパロディが入っているので、これ何だっけ~と皆で話しながら観るといいかも。
ミステリーとしては弱いものの、渋いカエル探偵が順番に四人の話しを聞いていく内に、どうしてあんなヘンテコな状況になったか分かっていくのは楽しいです。レッドの話しに時々出てくるメルヘンな描写が、他の人の話しで事実だと分かったり、ただの不幸な出来事だと思ってたら実は人災だったり(笑)
イラストには描き忘れてしまいましたが、歌い続ける呪いをかけられたヤギがめちゃくちゃ可愛かったです。うるさがられて一人で暮らしていたけど、最後にピッタリの仕事が見つかって良かった~。

<追記:2015/4/6>
GyaOで字幕版を再見しました。初見はプロじゃない人が吹き替えたバージョンをみたけど、字幕版よりテンション高くて楽しめた気がします。吹き替え向きの作品なのかも?
あと、これって「藪の中」(もしくは映画版「羅生門」)とか、ドラマの「木更津キャッツアイ」みたいですね。別の視点から見ると、まるで違う状況に変わるのが面白くて、再見でも結構楽しめました。
印象に残るのは、やはり冷静な推理を披露するカエル探偵ニッキー。痺れます!
続編は出さなくてもよかったのに…。

■ Comment

アニメーションはイイね~でもね…

 ども~^^この作品、「レッドですけど~…」で始まるところからツボでした。この作品を配給したのは、「ワインスタイン・カンパニー」という会社で、『セックスと嘘とビデオテープ』や『パルプ・フィクション』といった、チョットクセのある映画を製作・配給する会社「ミラマックス」の創設者が作った映画会社なんだとか。その方もまだ50代の方みたいなので、「ミラマックス」でやれることの限界を感じたんでしょうか。

 さて"ツボ"と前フリしましたように、いいですね。昨今のCGアニメは質が高く、画の粗がないので、長時間観ていても疲れることがありません。現実の世界を飛び出して行けるような、途方もない演出もアニメーションの利点ともいえると思います。
 
 ただ…印象が残りにくいのもアニメーションじゃないかなぁなんていうのも思います。いわば、テレビゲームのような…。悪いわけじゃないんですけど、観終わった後に「ヨシ!じゃ私も頑張ろう!」っていうのが無いんですね、非現実的な世界だから。空虚感が残るというか、「あぁ時間が…」というような印象が残るわけです。
 そうですね~でも、人には感情はそれぞれだと思うんですが、からすさんはどうですか?
2010/03/05 (Fri) 14:59  期待マン  

>期待マンさん

いらっしゃいませ~。「レッドですけど~…」で掴みはバッチリでしたね。
わたしは結構アニメ作品を観ていますが、確かにアニメ映画はその場かぎりの楽しさというのが多い気がします。気楽に見られるかわりに心に残るものはあまりない、食べ物に例えるとファーストフードのような感じですね。たまに無性に欲しくなる時があります。

>  観終わった後に「ヨシ!じゃ私も頑張ろう!」っていうのが無いんですね、非現実的な世界だから。空虚感が残るというか、「あぁ時間が…」というような印象が残るわけです。

期待マンさんの好みに合うか分かりませんが、記事にも書いた「風が吹くとき」は強烈な印象が残っています。反戦映画なので「頑張ろう」より「戦争はいけない」となりますけど。
聖夜の奇跡を描いた「東京ゴッドファーザーズ」もけっこう好きです。でも、これもファンタジーっぽいので物足りないかなぁ?
映画でなければ、OVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」(全6話)がおススメです。ガンダムを知らない頃に観た作品で、アニメでここまで感動させられたのは初めてでした。

やはり、アニメでしか表現できないことをしようという”欲”が強い作品は、中身が薄くなってしまう気がします。CGに特化した作品と同じですよね。
結局のところ、印象に残る作品になるかどうかは作り手によるんじゃないかなぁと私は思います。・・・なんて、ちょっと偉そうなこと言ってしまいました(笑)
2010/03/06 (Sat) 10:17  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.