忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ハクソー・リッジ(はくそーりっじ)」観た

ハクソー・リッジ
原題:HACKSAW RIDGE
製作:オーストラリア・アメリカ’2016 139分
監督:メル・ギブソン
ジャンル:★戦争/アクション/ドラマ

【あらすじ】アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスはある日、事故に遭った人を助け、看護師のドロシーと出会う。第二次世界大戦が激化する中、彼は衛生兵として国のために戦いたいと思い立つ。だが「汝殺すなかれ」を信条とする彼は銃の訓練を拒絶し、上官や他の兵士たちはそんな彼を追い出そうとし…。

この作品のことは公開当時に何となく聞いていて「自分の手で殺さなくても、彼が助けた人たちが人を殺す」という矛盾を私がどう受け止めるのかなぁと思いながら鑑賞。うん、そもそも戦争で戦う人はほとんどが矛盾を抱えてるんだから、彼と変わらないよね。ほとんどの人は「殺したくないけど、生きるため、大切な人を守るために敵を殺す」という矛盾を抱えているはず。

彼は「戦争が人を殺すものだ」という事実を受け止めた上で、自分ができることをするため自ら戦場に向かいました。信念を曲げて他の人たちと同じように戦ったとしても、きっとすぐに死んでいたと思います。
生き残っても魂が病んでしまったら意味がない(守りたかった家族を傷つけてしまうから)と父親を見て痛感していたからこそ、周りの顰蹙を買っても信念を貫いたし、結果、それが隊の結束を強めた……。
何だかんだで理にかなった判断だったと思います。

勉強でも仕事でも、納得できない方法を押し付けられてやっても効率悪いですよね。衛生兵は必要な存在だし、銃を持たないからって信頼できないとは限らない。むしろできることは徹底的にやった彼は、強靭な精神力と体力でもって仲間を支えていました。
ここまでくると狂気と紙一重なのかもしれませんが、子どもの頃からずっと自分の中にある怒りや憎しみと向き合ってきたことを思えば納得できます。
自分の心と向き合えず、酒に溺れて家族に暴力をふるっていた父親。それを簡単に許すことはできないでしょう。でも、父親が上手く伝えられなかったことを、彼は全部ちゃんと受け止めてるんですよね。
軍法会議に押しかけて息子の権利を訴えた時、父親も同時に(少し)救われたんだと思えました。あの後、多少は他の家族とも向き合えたかなぁ?

しかし、彼の信念を受け入れた「良心的兵役拒否」というものに驚きました。こういうのって日本にもあるんでしょうか?
適材適所より精神論ふりかざしてそうだから無い気がする…。あったからと言ってちゃんと機能してるかどうかは国によって違いそう。でも、なければドスはどうしようもなかったわけだから、あるのとないのでは大違いですよね。
いつか良心的兵役拒否者しかいなくなったら、戦争の形も変わるんだろうか…と考えさせられました。

■ Comment

No title

内村鑑三という人がいます。

教科書に載っているくらいの有名なキリスト教の思想家です。

日露戦争当時、

「わたしはキリスト教徒なので、人を殺すわけにはいきません。ですから戦争に行けません」

といった人に、

「君もキリスト教徒なら、戦場に行って人の盾となって銃弾を受けて死ね。それが神に仕える道だ」

といった、という逸話があります。

内村鑑三のような人でさえこれですから、後は推して知るべしでありまして……。
2018/11/19 19:28  ポール・ブリッツ編集

>ポールさん

> 「君もキリスト教徒なら、戦場に行って人の盾となって銃弾を受けて死ね。それが神に仕える道だ」

軽く調べてみましたが、この人は戦場に行ったんでしょうか?
死んだのは戦争のずっと後みたいなんですが…。
もし自分は戦場に行かずにそういうことを言ってたなら、口先だけならどうとでも言えるよね、ということになる気が…。
2018/11/20 08:50  宵乃〔編集

こんばんは!

宵乃さんから見たドスの中にある父親との関係性、自分自身と向きあう中で出来た確固たる"信念"というものの解説に「なるほどなぁ!」と思いました。ひとつの映画の同じ一人の主人公を見るのでもやはり色々な見方があって、宵乃さんが観た「ハクソー・リッジ」の感想って、私のドス像(?)からはまた違うものが浮かび上がってきて、やっぱり他の方の感想を知るのって本当にいいものだなぁと思いました。この映画を理解するのに、新しい見方が出来てすごく助かりました。

深く思いを巡らせれば巡るほど戦争という場は矛盾だらけですね。家族や大切な命を守りたいから相手の命を殺すという・・・。私、あちこちから砲弾が飛び交う大爆音が響き渡る映画館で見ましたが、戦場シーンはホント生きた心地がしませんでした。やはり狂気と紙一重のところまでいかないと、戦場ではどうにもならないものなんでしょうね。ドスのような信仰心は、ある意味最強だったのかも・・・

それと、これはやはり監督がメル・ギブソンだからこそこんな映画になったのだろうなぁとも感じました。これ、もしイーストウッドとかスピルバーグだったら、戦争の中で信仰心と板挟みになる人間の葛藤とか困難とか苦しみとか、お父さんや家族との関係性をもっと深く追求したヒューマンドラマ系にもなりえた気がします^^;

そうそう!イラストですが、これはモノトーンにされたんですね!!ドスの目の先にある現実や、彼が心のうちに抱えているもの。そういったものが思い起こされて、しばらくじーっと見入ってしまいました。カラーとはまた違う想像力がわいてきて良いものですね!
2018/11/20 21:44  はなまるこ〔編集

>はなまるこさん

>やっぱり他の方の感想を知るのって本当にいいものだなぁと思いました。

ホント、この作品は観る人によって感じ方や解釈は変わりそうですよね。わからないから拒絶とならないように、とりあえず私なりに納得できる理由を~と必死に見てました。さらに他の人の感想や解釈をたくさん吸収していったら、少しはドスの気持ちに近付ける気がします。

> あちこちから砲弾が飛び交う大爆音が響き渡る映画館で見ましたが、戦場シーンはホント生きた心地がしませんでした。やはり狂気と紙一重のところまでいかないと、戦場ではどうにもならないものなんでしょうね。

この作品を映画館で観るのは心臓に悪そう…!
本能的な恐怖なんて現代では日常的に感じるものではないですからね…。比較的身近な恐怖と言えば日本だと震災でしょうか。死の恐怖だけでなく殺す殺さないも加わって、大半の人が生き残ることだけを考えるようになるのもわかる気がします。

>ドスのような信仰心は、ある意味最強だったのかも・・・

ですよね。「他人の命を奪ったり傷つけたりするものが、使いようによっては人を助ける道具になる」という話から思いついたんですが、戦場では役に立たない(それどころか無駄死にに繋がる)と思われていたドスの信仰心が、ドスの魂と数多くの命を助けたんだなぁと感慨深くなりました。

> もしイーストウッドとかスピルバーグだったら~ヒューマンドラマ系にもなりえた

確かに(笑)
でも監督に丁寧に誘導されてそこに行きつくよりも、自分であーでもないこーでもないと考えて思い当たる方が印象に残りそうです。はなまるこさんと意見交換もできましたし♪

> ドスの目の先にある現実や、彼が心のうちに抱えているもの。そういったものが思い起こされて、しばらくじーっと見入ってしまいました。カラーとはまた違う想像力がわいてきて良いものですね!

ありがとうございます!
目を描くのに力を入れたので、そう言っていただけて嬉しいです。顔中血と煤と泥まみれだったので、カラーだとそっちに目が行きそうかなと。一度は闇の中けが人を抱えて歩くシルエットで手抜きしようかとも思ったんですが(笑)、ドスの目力に惹かれてこちらになりました。
2018/11/21 09:37  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.