忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「すずめの戸締まり」感想

 | アニメーション  com(2) 
Tag:日本 新海誠 

英題?:SUZUME
製作:日本’2022 121分
監督・原作:新海誠
ジャンル:★アニメ/ファンタジー/アドベンチャー/青春

【あらすじ】九州、叔母と二人暮らしの女子高校生・鈴芽は、ある日、廃墟の扉を探しているという青年・草太と出会う。彼が気になった鈴芽は山中の廃墟を訪れ、そこで扉を見つけ傍にあった小さな石像を引き抜いてしまう。それは災いをもたらすエネルギーの塊”みみず”を閉じ込めた扉で…。

ちょっと長くなったので、久々に映画1本だけの記事にしました。
とても良かったです。これは日本で暮らしているなら主人公たちの焦燥感がひしひしと伝わってくると思う。禍々しい”みみず”の姿には胸がざわついたし、そこに鈴芽のトラウマと叔母との関係、草太(内面が良い男なんだから、イケメンを強調しない方がよかったのに…)への想いなどを絡めながらのロードムービーも引き込まれました。
またコミカルな部分も多くて、走るイスとか草太の友人・芹沢のキャラは後半の重さを緩和してくれて好きです。あとエンドロールで叔母さんとの帰り道に焦点を当てたところが大好き。

人間の手で地震発生を防ぐ描写には若干引っかかったけど、考えてみれば昔から神話などで描かれてましたね。神様(自然)の気まぐれは人間に制御できるものではないと描かれる一方で、気まぐれゆえに気に入った人間とか試練をクリアした人間を助けたりすることもあるみたいな。
相手が何であれできることはあるはずだという人類の願いが物語になって、そういう願いは現代の建築物の耐震性とか災害があった時にリカバリしやすいシステムなどに表われているんだなと。閉じ師はそういうものをファンタジー的に表現したのかと納得できました(色々な人の感想やインタビュー記事などを読んで1週間くらいかかった)。

それはそれとして、私的には猫ちゃんが可哀そうで可愛そうで、彼?の気持ちを想うとボロ泣きでした。黒猫ちゃんも相棒(親子か兄妹?)が傷つけられたことで意趣返ししにきたんだよね…(叔母さんの理性を一瞬失わせた)。「お前も気持ちはわかるはずだろう?」と。
寄り添ってペロペロしてる姿が印象的で。もう要石の役割は日本人全員で日替わりでやってもよくない?鈴芽の「ありがとう」で満足して、孤独で辛い要石の役割に戻る決意を固めてしまった猫ちゃんがあまりにも不憫です。
それにみみずも押し込めるだけじゃなくて、いい感じにエネルギーを宇宙に逃がすとか活用するとかできないんだろうか。まあそれは閉じ師とは別のところでやってるんだろうけどね。役割分担は大事…。

あと、私の記憶では公開当時のCMでは東日本大震災を題材にしているとは気付きませんでした。配給会社の方針なんだろうけど、PTSDの人が避けられるようハッキリわかるようにした方が良かったと思う。

最後に、ネットでみかけた「新海誠本」からの抜粋が印象的だったのでメモ。

「鈴芽が救われるのも超越的な何かがあったからではなくて、震災後の12年間を彼女は普通に生きてきて、そのシンプルな事実が彼女自身を救う話に出来ればいいなと考えていた」

■ Comment

宵乃さん、こんにちは☆

>草太(内面が良い男なんだから、イケメンを強調しない方がよかったのに…)

これは凄く思いました、すずめがイケメンだから気になって廃墟へ行く流れで、不細工だったら気にせずに行かなかったかもしれないと思ったんです・・・。

>走るイスとか草太の友人・芹沢のキャラは後半の重さを緩和してくれて好きです。あとエンドロールで叔母さんとの帰り道に焦点を当てたところが大好き。

この辺りは良かったですね♪

>閉じ師はそういうものをファンタジー的に表現したのかと納得できました

そう考えれば良い・・・納得できますね、きっと。

>もう要石の役割は日本人全員で日替わりでやってもよくない?

いや、私にはその覚悟はできません・・・申し訳ないが。

>公開当時のCMでは東日本大震災を題材にしているとは気付きませんでした。

実はこの映画、何回も映画館で予告編を見ているんです、絵がキレイで新海誠だけどオンエアでは見ようと思って、その間に震災を題材にしているとなんとなく分かってきたけど、あの予告編ではそれは全く描かれていなかったので、詐欺?と思ったんです・・・。

>PTSDの人が避けられるようハッキリわかるようにした方が良かったと思う。

これは全くその通りで、年数経てばなんとなく分かっても、公開初日に監督が好きで見に行って仰天した人も多かったと思います。

>震災後の12年間を彼女は普通に生きてきて、そのシンプルな事実が彼女自身を救う話

「ワルイコあつまれ」という番組でもこの件を長々と言っていたように記憶しているけど、私的には4歳の子供が16歳になるのと、14歳とかだった人が26歳とかになるのは全然違うので、4歳という微妙に記憶があるかないかの・・・何だか卑怯だなあって思っています。

文句ばかり書いたようですが、宵乃さんのようにこの映画を楽しめれば良かったなあとは思います。
身内にもこの映画は昨年の一位とかいう人たちもいて(笑)。
自分のひねくれた感覚がなあとは思うけど、まあそういう感想だから仕方ないなと思います。

これに懲りず、またお願いしますね~!


.
2024/04/13 11:53  miri編集

>miriさん

> 不細工だったら気にせずに行かなかったかもしれないと思ったんです・・・。

ですよね~。監督は「一目惚れとかじゃなく、幼い頃に一度見かけたのをうっすら覚えていたから追いかけた」と言ってたけど、それもイケメンだったから覚えてたんでしょ?となっちゃいました。どこにでもいる普通の男性なら、特別な瞬間に遠巻きに立ち会ってたくらいで覚えてるかよと(笑)

> そう考えれば良い・・・納得できますね、きっと。

一人ではきっとここまで考えられませんでした。他の方の感想などを簡単に読める今の時代で良かったです。

> いや、私にはその覚悟はできません・・・申し訳ないが。

あれ、そんな重いですかね?
1日寒くて孤独を味わうくらい悪夢を見るくらいの感覚でした。要石が最初にいたのは扉の外だったのであっち側へ行く必要はないと思うし、付き添いの人が傍に居るのもOKかなと。

> あの予告編ではそれは全く描かれていなかったので、詐欺?と思ったんです・・・。

やはりそうでしたか。大っぴらに地震のことを出すと売り上げに影響すると配給会社が渋ったんでしょうね…。もし知らずに見て映画館で倒れたら、その人は一生公開時に劇場で観ようなんて考えなくなるだろうに…。

> 4歳という微妙に記憶があるかないかの・・・何だか卑怯だなあって思っています。

う~ん、私的には一番古い記憶が2歳頃だし、怖い記憶はむしろ幼少期の方が強烈に残ってるので何ともいえません。

> 文句ばかり書いたようですが、宵乃さんのようにこの映画を楽しめれば良かったなあとは思います。
> 身内にもこの映画は昨年の一位とかいう人たちもいて(笑)。
> 自分のひねくれた感覚がなあとは思うけど、まあそういう感想だから仕方ないなと思います。

いえいえ、賛否両論あって当然の作品だと思います。誰にとっても良い作品なんてないですから。今でも毎年のように新しい作品が生み出されていることに感謝して、自分に合った作品との出会いを求めて冒険していきましょう♪
2024/04/14 09:07  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.