忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画まとめ感想(2/19~2/26)

 | まとめ感想  com(4) 

2/19「ペット:THE SECRET LIFE OF PETS」
よくある”ペットが飼い主の知らぬ間に大冒険する話”で目新しさはないけど、ツボは押さえていて後半になるにつれて笑い声が増えていきました。最初は喧嘩ばかりしてたマックスとデュークが絆で結ばれていく展開は王道でよかったし、ヒロインのポメラニアン?が意外と大健闘というか、彼女がいなかったらマックスたちは生還できなかったかも…というくらいの大活躍が楽しかったです。彼女と猛禽類の友情も微笑ましいよね。敵役のうさちゃんは可愛くてチョロい!ただ、下水道で流された主人公たちがソーセージ工場でダイブしたり、道路で大暴走はやっぱり「うわぁ…」となりました。

2/21「スノーデン:SNOWDEN」
ニュースの記憶はかすかにしか残ってなくて色々補完できました。自分の作ったプログラムで本当に犯罪者かどうかわからない人たちが爆殺されてると知ったら、そりゃあ精神的に追い詰められるよね。あんなに簡単に個人情報どころか部屋の中の様子まで見られるというのも怖い。いくらテロや犯罪の対策と言っても、その情報を扱うのが人間だからなぁ…。しかし、ロシアに亡命という顛末で途端にきな臭くなってしまいました。本当に彼がこの映画で描かれるほどの天才だったら、アメリカも彼が亡命せざるを得ない状況に追い込んだりしないのでは?愛国心がなくなったとしても、再び自分のプログラムが悪用されるかもしれない国に亡命するのはおかしい気がしました。

2/26「ボブという名の猫2 幸せのギフト:A CHRISTMAS GIFT FROM BOB」
ホッコリできるクリスマスストーリーでした。やっぱりボブとジェームズの友情が良いよね。言葉が通じなくても気持ちは通じ合ってるのがわかります。ジェームズの人柄をボブはきちんと見抜いているし、彼らを慕う人たちも大切なものが何かを知ってる優しいひとたちで。勘違いでジェームズが警戒していた人と嫌々食事することになり、誤解が解けて友情が生まれるところとかも良かったです。こういう時に素直になれるのは、ジェームズ自身周りに助けられてきて人とのつながりが大事だとわかってるからなんだろうなぁ。ボブが最初から最後まで可愛かったです。これがボブの遺作になってしまうとは…。

2/26「フューリー:FURY」
どんな作品を録画したのか忘れて「ボブという名の猫」と続けて観てしまいました。しかも地上波カット版。人間は優しい気持ちも持ってるのに、簡単に狂ってしまえるのを見せつけられた気分です。しかもそうなる状況に追い込んだのは一握りの人間。この一握りの人間が消滅したら少しは世界もマシになるだろうかと想像してみたけど、きっと別の誰かが戦争を始めるんだろうなぁ…。絶望。最後の”動けない戦車で籠城戦”は、付き合いの長いメンバーはともかく新入りまで残らせたらダメでしょと思いました。この理由付けのためだけにヒロインを出したとしか思えない。

■ Comment

こんにちは☆

>2/26「ボブという名の猫2 幸せのギフト:A CHRISTMAS GIFT FROM BOB」
11月に見て、昨年のベスト5の一本です☆

>ホッコリできるクリスマスストーリーでした。
>やっぱりボブとジェームズの友情が良いよね。

全体的に涙なしでは見られませんでした。

>こういう時に素直になれるのは、ジェームズ自身周りに助けられてきて人とのつながりが大事だとわかってるからなんだろうなぁ。

彼はろくでもないヤク中から立ち直ってゆく道のりを描いた第1作の通りに生きてきたんだろうから、そこから学んだんですよね・・・もし両親が良くなくても人間は立ち直れるって、心から信じられた前作でした。

>ボブが最初から最後まで可愛かったです。これがボブの遺作になってしまうとは…。

ホントに惜しい猫ちゃんでしたが、まあまあの年齢だったような(合掌)。


>2/21「スノーデン:SNOWDEN」
5年半前に見ました、ある程度は覚えています。

>いくらテロや犯罪の対策と言っても、その情報を扱うのが人間だからなぁ…。

アメリカって変な国って思いましたが、仕方ないんでしょうね、どこもやっているんだろうし・・・。

>本当に彼がこの映画で描かれるほどの天才だったら、アメリカも彼が亡命せざるを得ない状況に追い込んだりしないのでは?

仰る通りですね~(笑)

>再び自分のプログラムが悪用されるかもしれない国に亡命するのはおかしい気がしました。

今もそうやって使われているのではないでしょうか?


>2/26「フューリー:FURY」
こちらも5年半前に見ました、大雑把に覚えています。

>しかもそうなる状況に追い込んだのは一握りの人間。
>きっと別の誰かが戦争を始めるんだろうなぁ…。絶望。

人間ってね・・・昨今の国際情勢を見ると、いつ我が国が巻き込まれてもおかしくないと思うし・・・災害だけでも勘弁してほしいのにね・・・。

>新入りまで残らせたらダメでしょと思いました。この理由付けのためだけにヒロインを出したとしか思えない。

女性の事は忘れたんですが、新兵君は残らざるを得ない状況だったような??? あまり覚えていなくて・・・でも最後に助かったことはよく覚えています。。。


.
2024/02/27 12:30  miri編集

>miriさん

> 彼はろくでもないヤク中から立ち直ってゆく道のりを描いた第1作の通りに生きてきたんだろうから、そこから学んだんですよね・・・

前作を忘れ始めてますが、感動したのはよく覚えています。ヤク中から立ち直るなんて本当に困難なことだし、一人では不可能ですよね。人とのつながりの大切さを教えてくれました。

> ホントに惜しい猫ちゃんでしたが、まあまあの年齢だったような(合掌)。

寿命で亡くなったならよかったですが、まさか交通事故とは…。彼の気持ちを思うと辛いものがあります。周りの人たちが支えてくれただろうとわかるのが救いです。

> アメリカって変な国って思いましたが、仕方ないんでしょうね、どこもやっているんだろうし・・・。

そうなんですよね。アメリカだけがやってるわけがないというのが恐ろしいです。パソコンをそろそろ新調したいのに、国産メーカーがだいたい中国やアメリカに買収されてるから”どこが一番マシか”という視点になってしまう…。国産でも安心というわけじゃないし!

> 今もそうやって使われているのではないでしょうか?

逆らったら処刑されるか戦地に送られるんでしょうね…。いい家に住まわせてもらっていても、もう逃げ道は残ってなさそうで、本当にそんな生活を望んでたの?と聞いてみたいです。

> 昨今の国際情勢を見ると、いつ我が国が巻き込まれてもおかしくないと思うし・・・災害だけでも勘弁してほしいのにね・・・。

毎日のように地下水が枯渇し始めてる地域が増えているとか、流氷や永久凍土が溶けてるとか、森林火災や密林存続の危機なんてニュースがあるのに、なんで戦争なんかにリソースを割けるんだろうと不思議でなりません。そんなに早く滅亡したいのかな?

> 女性の事は忘れたんですが、新兵君は残らざるを得ない状況だったような???

カット版なので私の知らないエピソードもあるかもしれませんが、直前にドイツ軍がアメリカに友好的な一般人(彼女含む)を見せしめに砲撃し、新兵くんは激怒しました。終盤の状況は、地雷を踏んでフューリー号が壊れ、無線機も壊れて孤立しているところに向かってくるドイツ軍を発見。軍曹はここで一人戦うからみんなは離れて隠れてろと言い、怒りに燃える新兵くんも便乗した感じです。本来なら間に合うかわからなくても本隊に連絡を入れるため一人は走らせる必要があったと思うんですよね。それなのに全員残っちゃって…。映画的奇跡によって被害はほぼ抑えられたみたいだけど、そうでなかったらもっとひどいことになってた気がします。
2024/02/28 08:40  宵乃〔編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2024/03/27 11:13  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2024/03/28 17:12  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.