忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画まとめ感想(2/7~2/14)

 | まとめ感想  com(3) 

かなり前から夕方にテレビ東京で放送している「孤独のグルメ」を見てるんだけど、何度も再放送をみてるのに楽しくて飽きない(夕飯の支度中で途切れ途切れに見てるせい?)。五郎さんの語彙力と表現力には毎度感心させられます。小学生の国語の教材とかにいいんじゃないだろうか。作品の形にしなくても、自分の気持ちを心の中で自由に表現するだけで楽しいんだと伝わると思う。

2/7「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男:DARKEST HOUR」
スピーチはともかく、軍事作戦も首相が考えてたんだなぁと妙なところで感心してしまいました。国にもよるだろうけど、軍の偉い人が出した案をベースに考えるんだと思ってた。しかも敗戦を回避するために兵士を捨て駒にするという辛い決断も下さなければならなくて…。ヒトラーがどんな残虐なことをしたか知ってるのでチャーチルさんの孤軍奮闘を応援する目線で見られたけど、当時そこにいたら周囲の人のように弱気になっていたかもしれない(約束を守りそうもない国が相手なら別)。奥さんとの絆や、彼の戦いを傍で見ていたタイピストの女性による静かな支え、地下鉄での市民とのやり取り(脚色だよね?)が良かったです。特殊メイクだったとは気付かなかった!…しかし、このサブタイはどうなの?

2/10「かがみの孤城:LONELY CASTLE IN THE MIRROR」
<ネタバレ注意>CMに入る時の「この後、思いもよらない展開が!」的な煽り文句には冷めたけど、絵が綺麗で見ている間はそれなりに集中できました。途中のいじめシーンは下手なホラーより怖かったです。あれ、近所の人が通報してもおかしくないと思う。見終わって思ったのは、あれだけ一緒に過ごして、時代が違うと気付かないわけがないだろうということ。2013年の携帯ゲーム機とか、ブラウン管テレビやカセットテープしか知らない人にとっては液晶画面と音質がSFの域でしょ。服装もルーズソックス以外は時代を感じさせなくて作為的でした。あと、あの城と願いの鍵探しは、姉弟の想いが起こした1度きりの奇跡だったのか、オオカミ様の言う通り何度も行われていたのか?一度きりなら身内びいきかつ立ち直れそうな子たちだけを集めたのは理解できるけど、何度も行われているならもう少し厄介な子が紛れててもいい気がします。基本的に彼ら自身に問題があるとは言えない境遇が多かったから、親にも教師にもオオカミ様にも見捨てられて自分自身も諦めてしまった子たちがいるのかも…と考えてしまいました。こころの母親の変化は良かったです。リオンの母親の変化も見たかったな。<追記>”オオカミ様”が毎回別人なら多少は納得できそう。未練のある魂に大切な人と一緒に過ごす時間を与える代わりに、悩める子供を導く手伝いをさせてるとか。なので舞台や謎解きのモチーフも毎回違う。

2/14「ハンターキラー 潜航せよ:HUNTER KILLER」
娯楽アクションな潜水艦もので、艦内の緊張感あふれる展開は引き込まれました。主演のジェラルド・バトラーは痩せて渋さが増してたし、魚雷を避けるための機転の良さや機雷原で海図にない道を潜航する時の度胸など、頼れる艦長役を演じていて格好良かったです。ロシア側の設定とかは今見ると「う~ん」と思うところもあるけどね。地上波吹き替え短縮版でサクッと楽しめました。

■ Comment

おはようございます☆

ただいま帰還いたしました!(笑)

今回も何とか乗り越えまして、明日顛末をアップする予定です。
良かったら読んでやってください(涙)(笑)。

「あなたを抱きしめる日まで」と「トレイン・ミッション」に頂いたコメントは、今日中にゆっくりとお返事させていただきますね~!

また、アニメ2作品に頂いたコメントは、次回アップ時にお返事させていただきますね~!

>2/7「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男:DARKEST HOUR」

3年半前に見ました。
辻さんのオスカーのメイクが見たかったので見ました。
監督がイマイチで、作品も・・・でしたね(笑)。

>ヒトラーがどんな残虐なことをしたか知ってるのでチャーチルさんの孤軍奮闘を応援する目線で見られたけど、当時そこにいたら周囲の人のように弱気になっていたかもしれない

やはり後の世代は何も言えないって思います・・・私もそこにその時いたら、応援できたとは言えないかも~?

>奥さんとの絆や、彼の戦いを傍で見ていたタイピストの女性による静かな支え、地下鉄での市民とのやり取り(脚色だよね?)が良かったです。

やはり胸を打つのは時代が変わっても同じことなんだと思いました!

>…しかし、このサブタイはどうなの?

邦題良くないですよね(笑)。



>2/10「かがみの孤城:LONELY CASTLE IN THE MIRROR」

同じ日に見ました。24日かその次かに(スマホからのミニ感想ですが)アップしますので、お時間頂けたらお願いします。

>絵が綺麗で見ている間はそれなりに集中できました。

それはそうでしたね・・・。

>途中のいじめシーンは下手なホラーより怖かったです。あれ、近所の人が通報してもおかしくないと思う。

あれは同じことでなくても虐められた経験のある方は見てはいけない描写でしたよね・・・原監督好きだったんですけどね・・・。

>あれだけ一緒に過ごして、時代が違うと気付かないわけがないだろうということ。

私は途中で分かったんですが、本人達が分からないわけないなあとは思いました。

>リオンの母親の変化も見たかったな。

あり得ない描写があったので頭にきています、感想とは別の記事にすると思います・・・。

><追記>”オオカミ様”が毎回別人なら多少は納得できそう。未練のある魂に大切な人と一緒に過ごす時間を与える代わりに、悩める子供を導く手伝いをさせてるとか。なので舞台や謎解きのモチーフも毎回違う。

仰るようにそういうことはありそうですね?
ファンタジーなので・・・。

でも私はみおの母親の事で怒りがいっぱいになってしまって(笑)
あまり他の事は考えられませんでした・・・
それを除けばきれいな絵だったし、わりと良い作品だと思いました。


.
2024/02/21 08:51  miri編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2024/02/21 09:35  

>miriさん

コメントに気付くのが遅れてしまいしたが、おかえりなさい!
また映画やアニメの話をしましょうね~。

> 辻さんのオスカーのメイクが見たかったので見ました。

日本の有名な方でしたか。知らないで見るとまったく気付けませんでした。というか、チャーチルさんの顔も誰が演じているのかも知らなかったので、どれくらい似ていたのかもよくわからなかったんですが(汗)

> やはり後の世代は何も言えないって思います・・・私もそこにその時いたら、応援できたとは言えないかも~?

ですよね。過去の失敗の件もあるし、血気盛んすぎないか?という疑惑の目で見てしまいそうです。

> やはり胸を打つのは時代が変わっても同じことなんだと思いました!

はい、大昔の物語でも心に響くものはあるし、人間の根本的なところは変わってなんだなあと思えます。

> 同じ日に見ました。

図らずも久しぶりのブログdeロードショーでしたね。しかもこの作品でとは…。観ていたらmiriさんは怒り心頭だろうなと思ってました。

> あれは同じことでなくても虐められた経験のある方は見てはいけない描写でしたよね

冒頭で注意喚起してもいいくらいの描写だと思います。

> でも私はみおの母親の事で怒りがいっぱいになってしまって(笑)

こういう母親を描く作品は昔からありますが、実際にそういう母親に育てられたとか自分がそういう母親だったという作品は見たことないです。まあすべての事実を確認することはできないし、過去作品群の影響が根強く残ってるんでしょうね…。
せめて胸糞なまま(ママ)で終わらせないで欲しかったです。

>追伸

miriさんの旦那さんも「孤独のグルメ」お好きでしたか。
ホント、チラ見でも引き込まれる言葉の魔術師だと思います。miriさんに共感してもらえると嬉しいですね~。これからも続いてほしいけど、松重さんの健康を考えるとそうも言ってられないかも?
コメントありがとうございました♪
2024/02/24 16:47  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.