忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

海外ドラマ「ジェシカおばさんの事件簿」シーズン2 まとめ感想

「ジェシカおばさんの事件簿 シーズン2」の一言感想もまとめてみました。

第1話「未亡人はご用心:Widow, Weep for Me」
大富豪になりすましておとり捜査とか…さすがの貫禄。ちょろいと思ってた相手が犯人だったりしつつ、最後はやっぱりモテモテで終わる安定感。
第2話「悪党は岬に眠れ:Joshua Peabody Died Here... Possibly」
さすがのジェシカさんもぎっくり腰には勝てないらしい。せっかく観光名物があったのに、人が集まり過ぎてうるさいから祭りを止めるなんてすごい余裕のある町だね。
第3話「スポットライトが死を照らす:Murder in the Afternoon」
今回の警察はやる気ない系。例のごとくジェシカさんに使われちゃってます。容疑者になった姪のおばあちゃんとジェシカさんが事件の事を話すシーンが、探偵の相棒と話すみたいだった。
第4話「学園に死の影が:School for Scandal」
最初から助けを求める警察署長にさすがに困惑顔のジェシカさん。何気に複雑な事件で母娘の愛情の深さがわかるのがいいね。でも、授賞式の片手間に事件を解決するってどうなの(笑)
第5話「もう一度別れの歌を:Sing a Song of Murder」
ジェシカさんが舞台で歌ってる!と思ったら従姉妹だった。でも役者さんは芸達者ですね。以前登場したらしいロンドン警視庁の人が再登場するのかと思いきや、彼から話を聞いていた同僚の刑事が協力的。ジェシカさんの名探偵っぷりは世界に知られつつあるかも。
第6話「わが心のオルゴール:Reflections of the Mind」
う~ん、後味の悪い事件。事件は解決しても彼女の心はまったく救われてないのに、ラストは彼女抜きでコミカルに話してるのがちょっと…。途中までは「ガス灯」みたいな感じで面白かったんだけどね。
第7話「美女は湖底に沈む:A Lady in the Lake」
犯人は見当もつかなかった。タイトルに美女ってあるけど、美人の奥さんとか言われてたっけ?気付いたきっかけが亡くなった旦那さんの趣味のおかげって言うのがいいね。
第8話「勝利の美酒は苦い味:Dead Heat」
マフィアも関わっていて結構ヤバイ事件だったけど、ジェシカさんが関わってると何故かカラッと明るい。でも、珍しくジェシカおばさんが悲鳴をあげるほどのピンチに遭ってた。
第9話「人質なんて初体験:Jessica Behind Bars」
一触即発の女性刑務所でみんなを静めるために必死で犯人探しをするジェシカさん。緊張感があって面白かったです。後味も良かった。
第10話「変な手紙がいっぱい:Sticks and Stones」
エイモスも何気にジェシカさんと事件の捜査をするのが好きだし、良いコンビです。割と切ない事件だったものの、旅行記者が良い味出してて面白かった。しかし、「美女は湖底に沈む」にも登場していた人が犯人とはね~。
第11話「悪霊が遺跡に踊る:Murder Digs Deep」
これも見た記憶あるなぁ。相変わらずサブタイトルのセンスが良い。ジェシカさんと町医者セスとのコンビも結構好きです。結局、あの土地は誰のものだったんだっけ?なんだかストーリーが頭に入ってこなかった。
第12話「口紅に殺意をこめて:Murder by Appointment Only」
あるものは何でも活用するジェシカさんがさすがです。元教え子がジェシカさんを誘いたくなかったのは、後ろめたいことも全部見抜かれてしまうと思ったのか、それとも今の自分を見られたくなかったのか。いまいち彼女の考えている事が分らなかった。
第14話「気の毒なレストラン:Keep the Home Fries Burning」
探偵ものの宿命だけど、キャボットコープって物騒な町だよね。殺人事件が起こるの何回目?(笑)解決の糸口が、いつものジェシカさんなら真っ先に気付きそうな事だったのが残念。
第15話「容疑者に手を出すな:Powder Keg」
他の町で保安官が非協力的なのに、検死医がジェシカさんのファンでペラペラしゃべっちゃうという(笑)43分の中で解決しなければならないので協力者は必要不可欠です。今回はミスリードにまんまと引っかかってしまって、解決パートで驚いてしまった。
第17話「死を招く秘め事の記録:One Good Bid Deserves a Murder」
探偵ハリーが再登場!やっぱりこのコンビいいわぁ。あと、ジェシカさんが警部?に「殺人が感染するなら、あんたがうつしてる」とか言われてて笑った。全ての探偵もので言えることですね。
第18話「なんと遺体は別の人:If a Body Meet a Body」
珍しくジェシカさんが事件より仕事を優先。エイモスの方も、たまには自分でと奮闘します。でも結局、スイッチが入ると締め切りなんて忘れて事件に没頭しちゃうという(笑)なかなか見ごたえある事件でした。
第20話「テニスのスター天に昇る:Menace,Anyone?」
あれ、死んだのってスター選手だっけ?まあいいや。ミスリードがありつつ怪しい人も複数いて見ごたえあった。刑事さんがジェシカさんの仕草を見て「何が悪かったんですか?家内がいつもそうやって首をかしげる」と気付くところがコロンボ。
第21話「仮面祭りの悪いやつ:The Perfect Foil」
ミルドレッド叔母さんのにゃんこ可愛い~~~!あと、刑事さんが胡散臭い(笑)あとは特に印象に残る事はなかったかなぁ。
関連記事
ジェシカおばさんの事件簿 シーズン1 まとめ感想
ジェシカおばさんの事件簿 シーズン3 まとめ感想

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.