忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(8/21~9/10)

 | 映画  com(6) 

映画のオンエアチェックに使っていたサイトが更新停止してしまって、自分が今まで映画を楽しんでいられたのも半分以上はこのサイトの管理者さんのおかげだったんだなぁと痛感しました。最近は更新が滞りがちだったから、ただ忙しくなったか情熱が薄れてしまっただけだと思いたい…。こんなところに書いても仕方ないかもしれないけど、今までありがとうございました。

8/21「アビス/完全版(あびすかんぜんばん)」
完全版は初見ですね。89年版は見たようですが全く覚えてないです。というわけでほぼ初見の印象としては、愛の映画という感じ。別居中で離婚寸前の妻に未練たらたらなバッドが、リンジーを守るために男前なところを見せて妻だけでなく世界も救うみたいな。好きなシーンは便器に手を突っ込んで捨てた結婚指輪を拾うところと、酸素がなくなりそうな時に彼女が命を預けて水の中で抱き合うところ、そしてリンジー蘇生時。あとリンジー含む仲間たちがバッドのことを大好きな様子とか、ネズミちゃんを相棒にするプログラマー?の人も好き。海底の映像や光るクラゲみたいなのは綺麗だったし、前半後半で分けてみたので雰囲気が変わるのも気になりませんでした。宇宙人がギリギリまで手を貸さないのも好感。手を貸した理由も博愛とかではなく交渉できる相手だからで、最初から態度が一貫してる。あと、個人的に救命処置は後に控えている別の患者がいるとかではない限り、根気よく気の済むまでやらせるべきだと思うので、バッドが叫びながら頑張るシーンも好きです。

8/24「母をたずねて三千里(ははをたずねてさんぜんり)」
TVシリーズの総集編的な劇場版。元が長いから仕方ないですが、盛り上がるシーンだけを繋げただけで結果的に盛り上がらない…。あんまり覚えてないけどリメイク版の方がまだまともだった気がします。でも当時の声優さんのままなので雰囲気は楽しめました。お母さんはアルゼンチンに出稼ぎに行ってどれくらい経ってから病気になったんだろう?交通費と治療代とか引いても問題ないくらいには稼いでいたということかな。お母さん頑張ったね。

9/10「激流(げきりゅう)」
中盤までは反抗期な息子に若干イラっとしたものの、後半の激流を下る部分は90年代の作品というのを忘れるくらいの迫力で良かったです。お父さんは普段からスポーツやってたんですかというくらい奮闘するし、わんこがお父さんと一緒に川に飛び込むシーンは微笑ましい。そしてケヴィン・ベーコンの演技もよかった。前半と後半で雰囲気ががらりと変わって、実際にこういう人いそうだなぁと怖くなりました。にしても、メリル・ストリープさんは全部自分でやったって本当?命がけの撮影に脱帽です。

カテゴリ「映画」の関連記事

  • 一言映画感想(8/21~9/10)
    2020/09/10

■ Comment

こんにちは☆

>映画のオンエアチェックに使っていたサイトが更新停止してしまって

昔教えてもらったサイトででしょうか?
私はうまく使えなかったけど、宵乃さんの感謝の気持ちは
書いて仕方ないことはなく、何らかの形で伝わると、私は思います☆
長い間、良かったですね!


>8/21「アビス/完全版(あびすかんぜんばん)」

8年前に見たのですが、この監督さんが美しいものを撮って
見せたい気持ちは、今でも覚えています、内容は?だけど(笑)。


>9/10「激流(げきりゅう)」

こっちは10年前に見たけど、好きな監督という事もあり
覚えています! メリルさんの頑張り(笑)。

>中盤までは反抗期な息子に若干イラっとしたものの、後半の激流を下る部分は90年代の作品というのを忘れるくらいの迫力で良かったです。お父さんは普段からスポーツやってたんですかというくらい奮闘するし、わんこがお父さんと一緒に川に飛び込むシーンは微笑ましい。

このあたりうっすらと覚えています☆

>そしてケヴィン・ベーコンの演技もよかった。前半と後半で雰囲気ががらりと変わって、実際にこういう人いそうだなぁと怖くなりました。

この人物が悪人というヒトだったかな?

>にしても、メリル・ストリープさんは全部自分でやったって本当?命がけの撮影に脱帽です。

あの女優さんならあり得ます!
とにかく、演技力もだけど、体力、筋肉、全てが素晴らしかった☆

自分の記事に書いたけど、ドラマ部分がもう少し良かったら
良い作品になっていただろうと思うので、少し残念ですが
(なので再見する気がないのです・・・)

あの河と人間の頑張り「アフリカの女王」「帰らざる河」とは
年代も違うけど、やっぱこの作品は、凄いと思いました!!!


.
2020/09/10 12:19  miri編集

>miriさん

> 私はうまく使えなかったけど、宵乃さんの感謝の気持ちは
> 書いて仕方ないことはなく、何らかの形で伝わると、私は思います☆

優しいお言葉ありがとうございます。あのサイト、過去のオンエアチェックにも使えて便利だったんですけど、やはり管理が大変ですよね。自分で番組表をチェックするたびに面倒くさくて、今まで本当に助けられてたなあと感謝の念に堪えません。

> 8年前に見たのですが、この監督さんが美しいものを撮って
> 見せたい気持ちは、今でも覚えています、内容は?だけど(笑)

制作年を考えるとすごいですよね。あんなに美しいシーンが見られるとは思ってなかったので嬉しい驚きでした。何で宇宙人?という感じはしますが(笑)

> こっちは10年前に見たけど、好きな監督という事もあり覚えています! メリルさんの頑張り(笑)

印象に残ってる作品でしたか。本当にメリルさんの女優魂が半端ないですよね。一部は代役だと思ってたので視聴後に知って驚きました。あのたくましい腕は本気でトレーニングしたんだろうなぁ。

> この人物が悪人というヒトだったかな?

そうですそうです、好青年の振りしてまずは息子の心を掴むんですよ。自分が無事逃げ延びるためなら仲間を殺すのもいとわない冷酷な悪役でした。

> ドラマ部分がもう少し良かったら良い作品になっていただろうと思うので、少し残念

前半はかなり凡庸でした。激流下りがなかったら誰の記憶にも残らない作品だったかも。

> あの河と人間の頑張り「アフリカの女王」「帰らざる河」とは
> 年代も違うけど、やっぱこの作品は、凄いと思いました!!!

そうそう、制作陣の本気が伝わってきますよね。一見の価値ありだと思います。
2020/09/11 09:21  宵乃〔編集

アビスを訪ねて激流

「アビス」は蘇生シーンがやっぱり印象にありますね。水中の場面が多いのは撮影的にすごいと思った記憶が。

「母を~」は、テレビ版は見ていて、毎回感動していました! 主題歌のメロディは一部覚えてる。肩に乗るようなお猿のペットがいるのか!と思いました。劇場版は見ていません。

「激流」は川下りしたことしか覚えていませんが…。ベーコン悪役似合います。

2020/09/16 07:08  ボー編集

>ボーさん

いらっしゃいませ。
やっぱり蘇生シーン印象的ですよね。そこに美しい海中シーンも加わって、宇宙人のことがなければロマンスものになってたかも。

> 「母を~」は、テレビ版は見ていて、毎回感動していました!

TVシリーズをご覧になってましたか!
劇場版は二つともかなりぶった切りの総編集なので、いつか再放送があったら最初から最後まで見てみたいです。おさるのアメデオくん、可愛いですよね~。

> 「激流」は川下りしたことしか覚えていませんが…。ベーコン悪役似合います。

ホント、味のある悪役を演じるのが上手い方です。激流下りシーンは今見ても引き込まれると思いますよ~。
2020/09/16 08:15  宵乃〔編集

こちらにも

>激流

息子の最後の一言が、凄く効いてた作品でしたね
一挙手一投足、ハラハラ出来る作品で面白かったのを覚えてます
実際にこんなことに出会ったら、
助かろう!じゃなくて、「タスケテ!」って思ってしまうと思うのですが、この奥様(メリル)の勇気が凄い。
2020/09/19 21:07  maki編集

>makiさん

そうそう、ラストの息子のセリフよかったですよね~。すっかり幻滅されてたのが、今や尊敬するパパになってて。世の中のお父さん方が感涙しそうな良いシーンでした。

>実際にこんなことに出会ったら、助かろう!じゃなくて、「タスケテ!」

恐くて何も考えられなくなりそうなところ、気の強いお母さんを中心に家族みんな心を奮い立たせて反撃の機会をうかがっていましたね。いやほんと、持つべきものは”頼れる母”という感じです(笑)
2020/09/20 07:55  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.