忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「チャイルド・イン・タイム(ちゃいるどいんたいむ)」

 | ドラマ  com(0) 
Tag:イギリス 

原題:THE CHILD IN TIME
製作:イギリス’2017 84分
監督:ジュリアン・ファリノ
原作:イアン・マキューアン
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】児童文学の作家であるスティーヴは、スーパーマーケットで幼い娘ケイトを見失った。娘の失踪により妻ジュリーとの関係も悪化し、彼は罪悪感に苦しみながらもケイトを探すことに没頭していく。3年後、深い悲しみを抱きながらも教育委員会の仕事と執筆でなんとか毎日を過ごす彼だったが…。

娘を誘拐された主人公スティーヴを、カンバーバッチさんが演じていてとても良かったです。どこにでもいる普通の父親であり夫である主人公の心情を、繊細な演技で見せてくれました。
こんなことがあれば夫婦の間はぎくしゃくするし、お酒に頼りがちになるのも仕方ないことなんだけど、それでも希望を捨てずに前を見る夫婦の姿に涙が…。「あの子がまだどこかで生きていると思う?」と奥さんに聞かれて「いなくなればわかるはずだから…」というような言葉を返し「そうね」と納得する。一緒にいるとどうしても”あの子だけがいない”という現実が突き刺さってしまうけど、想いは同じなんですよね。

だから心までは離れないよう、お互いのことがわかる距離感でいようとする二人がいじらしい。音楽を教えている奥さんが、旦那にピアノをやってみないかと誘ってみたり。練習した成果を録音して送り、彼女を驚かせてやろうと練習を頑張る姿に”癒し”の兆しが見えます。
きっと”時間が癒してくれる”という言葉は、ただ時間が過ぎればということではないんでしょうね。積み重ねる毎日の出来事がなければ、ただの空っぽの時間では癒しも何もない…。

言葉よりもシーンと演技で伝えてくる作品で、静かながら映画の醍醐味を味わえました。
とくに印象に残ったのが、奥さんが暮らしている田舎のパブで、窓越しに女性と目が合うシーンです。言葉はなくても、この二人の間に何か通じ合うものがあったんだと伝わってきます。そして、その後に別の場所で同じように窓越しに目が合うシーンがあって、なんらかの転機を予感させるんですよね。

ふとした瞬間に聞こえてくる、見える娘の幻覚。見知らぬ少年。
解決したわけではないし希望の根拠なんてものはないけど、二人が娘のためにできる”帰ってくるまで、変わらずあの子の親であり続けること”はきっとこの二人にならできるのだろうと思えました。
主人公の友人のエピソードについてはいまいちよくわからなかったけど、心に残る作品で見られてよかったです。

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.