忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(12/05~12/19)

 | まとめ感想  com(4) 

またゲームのシナリオを作ってて更新が滞ってます。クリスマスが過ぎたらいっぱい見れるかな?
冬は静電気が酷くて髪が痛みまくるので静電気対策の櫛やブラシを探してたんですが、手入れがめんどくさそうなのばっかりですね。家族に静電気対策なら金属製の櫛にすれば?と言われて「それだ!」となりました。手入れも楽だし、静電気も起きない。でも種類が少ないのが玉に瑕です。とりあえず家にあったメンズ用携帯コームを使ってます。

12/05「LION/ライオン ~25年目のただいま~(らいおん25ねんめのただいま)」
前半は良かったです。兄とはぐれた上に回送列車に乗ってしまい、見知らぬ土地へ来てしまった5歳の少年の心細さが伝わってきて、早く誰か助けてあげて!と祈りながら見てました。子供狩り(おそらく人身売買組織)に追われ、親切そうなお姉さんにも売られそうになりやっと保護されたかと思えば、そこは性的虐待が平然と行われる施設。インドの闇が深いです…。でも、奇跡的に養子縁組が決まり、オーストラリアの裕福な夫婦に引き取られるんですね。愛情に満ちた彼らの眼差しと、やっと子供らしい笑顔を見せるようになったサルーの姿に涙が…。でも、成長してからの展開は彼の弟や恋人のエピソードが中途半端で退屈でした。サルーとは正反対の経過をたどったらしい弟のトラウマと、母親が子供は産めるのに養子を選んだ理由がどちらも性的虐待だと匂わせてたのに、母と弟の距離は変わらないままで希望も感じられなかった。でもラスト、村人みんなに見守られての親子の再会は感動的です。お兄ちゃんのことは、駅で会えなかった時点でそうなんだろうなぁとは思ってたけど悲しい…。暗かったもんねぇ。しかし、そうなると母親が可哀想すぎるし、村人の協力があったとしても生活は厳しいよな?と思ったら、実際はもう一人兄(次男)がいたそうな。なぜ削ったのか。

12/07 主任警部モース第3話「死者たちの礼拝(ししゃたちのれいはい)」
今回が最後の視聴。犠牲者が多いしごちゃごちゃして何が何だかわからなかったけど最初の事件は某列車の事件みたいな感じ?さらに身元不明の遺体の件は…。指紋はアナログで確認する時代?パソコンで簡単にデータベースから照合できる時代には使えないトリックだなーと思ったら、原作では白骨化寸前の遺体だった模様(もう終わった事件にモースが首を突っ込んだから)。しかし、モースさんは惚れっぽすぎて、最後は偽証までしちゃって刑事としてどうなんだろう…。あと個人的に教会の儀式で同じ盃からワインを飲ませるのが不潔すぎて「ヒェッ」となりました。

12/09「おかしなおかしな大追跡(おかしなおかしなだいついせき)」
久しぶりに再見。初見時は楽しめた覚えがあるんですが、似たタイトルの別作品の方だったみたい。4つの鞄をめぐり、石の研究者と謎の女とスパイと泥棒があっちこっち行ったり来たりするのはそれなりに楽しかったけど、途中でどれがどれで誰が誰なのかわからなくなるという…(汗)あと周囲の関係ない人に被害(器物損壊)が及びすぎるのがちょっと。最後には宝石奪還の賞金?から全部弁償したことが判明するのは良心的でした。

12/11「死の追跡(1973)(しのついせき)」
嫌いなタイプの復讐物西部劇でした。銃を持たず「法に則った刑罰を」が心情の保安官が目の前で無残に妻子を殺され、復讐の鬼と化すんだけども、復讐を果たせるのならば無関係の人間が何人死のうとも構わないというスタンスになっちゃうんですよね。一応最後の方では悩んでる振りをしてるものの、目が見えないのに子供たちもいる修道院で銃を乱発してる男が何を言ってるのか?もし自分の身近な人が死んで、それが復讐者のなりふり構わない行動によるものだったら納得できるわけないんですよ。私はそういう目で見てしまうので全く楽しめませんでした。無駄に挑発して殺されるバカどもを見習って、主人公も正当防衛になるように上手くやればいいのに。

12/19「ファミリービジネス(ふぁみりーびじねす)」
ずっと前に見て何となく印象に残ってた作品。家族男3代の家族ドラマなんですが、その絆を見せる舞台が泥棒ということで「はぁ?」となるところが…(とくに終盤)息子を信じていないからこそ過度に守ろうとする父親というのはまあよくいるし、息子にとって辛いのは分かるんですけど、だからって泥棒はダメだよねぇ…。やめろと説得し、説得できなかったので一緒に行って守ろうとしたり、逮捕された息子を助けるために祖父を道連れにして自首するのがそんなにいけないこと?こじれた親子関係が時間経過(&喪失)でなんとなく修復されるのも雑に感じたし、よくわからない作品でした。珍しく、ショーン・コネリー演じる生粋の泥棒じじいはキャラとして好みだったんだけど。普通に泥棒一家が窮地を乗り切って、やっぱり泥棒はやめられないワハハ!みたいな痛快コメディの方がよかったな。

■ Comment

獅子

LIONって、どういうこと?と思いましたが、ニコールが出るというので観賞。
Google(Map)の威力を認識しました
2019/12/24 07:29  ボー編集

>ボーさん

> Google(Map)の威力を認識しました

これがなければ見つからなかったけども、よほどの執念がないとやっぱり見つけられなかったでしょうね。
道具の進化に合わせて自分も成長しないとなぁと思う今日この頃です(汗)
2019/12/24 08:51  宵乃〔編集

こんばんは

あけましておめでとうございます。

静電気で金属製のコームですか。なるほどですねえ。
私はショートカットなのであまりそこは気になりませんが、
一番気になるのは頭皮のにおい、髪の艶のなさ。
でもこれ、↑全部あてはまるのって、「年齢」なんですよね^;
たまに叫びたくなります(笑)
シャンプージプシーが昨年初月くらいからずっと続いてます。。


映画以外の話題ですみません。
今年も宜しくお願い致します。
2020/01/01 20:20  maki編集

>makiさん

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいしますね~。

> でもこれ、↑全部あてはまるのって、「年齢」なんですよね^;
> シャンプージプシーが昨年初月くらいからずっと続いてます。。

体質とかもありますし、年を重ねると悩みも変わってきますよね(汗)
私はシャンプーはあんまりこだわってなくて(匂いが嫌いじゃなくて泡立ちがよければなんでもいい)、とにかく頭皮に成分が残らないように気を付けてます。
あと、鼻の毛穴の黒ずみを克服した経験から、定期的に40度くらいのお湯で洗い流すと皮脂関係の悩みは解消できるんじゃないかなぁと思ってます。やりすぎると肌がぱさぱさになりますけど。
他には枕カバーを毎日洗濯するとか…。
案外自分だけが臭いを気にしている(臭気恐怖症でしたっけ)場合もあるので、美容師さんとかに相談してみてもいいかもしれませんね~。

> 映画以外の話題ですみません。
> 今年も宜しくお願い致します。

いえいえ、私も髪の変化が気になるお年頃なので(笑)
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
2020/01/02 08:27  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.