忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」観た

 | ドラマ  com(0) 
Tag:にゃんこ 

読み:ぼぶというなのねこしあわせのはいたっち
原題:A STREET CAT NAMED BOB
制作:イギリス’2016 103分
監督:ロジャー・スポティスウッド
原作:ジェームズ・ボーエン
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】ロンドン。ミュージシャンを目指すも、夢破れてホームレスとなり薬物依存からも抜け出せない青年ジェームズ。ある日、茶トラの野良猫が怪我をしているのを放っておけず、彼のひと月分の食費を治療費に当てる。野良猫はボブと名付けられ、ジェームズの肩に乗ってどこへでもついていくようになり…。

ボブにゃんが可愛すぎる…!
ハイタッチするにゃんこが、薬物依存の青年ジェームズの心の支えとなる実話。おばちゃんからもらったマフラーをつけてる姿も本当に可愛かったです。
驚きなのが、ボブにゃんを演じてるにゃんこが、ほとんどご本人(にゃん)だということ。にゃんこなら誰でもいいということじゃないのだ!!

実話ものと言うことで安心して見られたし、冷たい人もいれば、弱い人も描かれるのがリアル。
主演の方もボブにゃんと仲良しそうで良かったです。
考えさせられるのが、どん底にいる人を非難したり遠ざけようとしても事態は好転しないということ。自分の責任でしょと弱さを責めても解決しないし、ジャンキーが増えて治安悪化に繋がるだけ。

運よく這い上がれたジェームズさんが、ホームレスの自立支援活動や動物愛護の活動を行っているということに意義がある。小さな優しさが良い循環を生み出していくんですよね。
吹替え版でところどころ聞き取れなかったので、字幕版でいつか再見したいです。

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.