忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(2/26~3/03)

 | まとめ感想  com(5) 

2/26「先生と迷い猫(せんせいとまよいねこ)」
猫映画なので鑑賞。肝心なところをセリフで説明してしまうタイプの作品だったし、相変わらず邦画はセリフが聞き取れないけども、猫は可愛かったです。ただ出番がやや少ない…。迷い猫を必死に探し回ったことがある人なら感情移入できるかも。主人公の亡き奥さんの描写やラストの終わり方がよかった。

2/28「レッズ(れっず)」
スポーツ関係の映画かと思ったら共産主義の方だった。共産主義運動を広めようとした革命家の半生を描いた作品。ぜんぜん知らない人だったのと、やたらと長いので辛かったです。革命の方はよくわからなかったけど、最終的には少し涙腺が緩んだり。インタビュー映像を挟んでいる構成も最初は混乱しました。

3/01「ファンタスティック・プラネット(ふぁんたすてぃっくぷらねっと)」
タイトルだけは知っていた作品。確かにこの独特の世界観は一度見たら忘れられないものがありますね。よくもまあここまで気持ち悪さを維持できるものだ…(誉め言葉)気持ち悪いけど、ついつい最後まで見てしまいます。ただ、何が言いたいのかは私にはわからなかった。敵の弱点でも見つけられなければ、異種族とは相いれないということだろうか?

3/02「見習いドラゴン ゾグ(みならいどらごんぞぐ)」
これは可愛いですね~。永久保存決定!クレイアニメみたいな造形のCGアニメーションです。女の子に見覚えがあると思ったら「グラファロ」シリーズや「へそまがり昔話」と同じマジック・ライト・ピクチャーズ制作かぁ。そのうち長編作品もでるかな?ドラゴンとお姫様と騎士という昔ながらの題材を扱いつつ、王道とは違う展開になっていく現代風の物語でした。丸っこい体で大空を飛び回るゾグが生き生きしてます。

3/02「ハッド(はっど)」
西部が舞台だけど、西部劇というよりは「エデンの東」や「ジャイアンツ」みたいなドラマ。大牧場で口蹄疫が発生したことで、親子の確執が浮き彫りになっていくお話でした。ポール・ニューマンの役柄は好きになれないものの演技が良くて引き込まれます。手堅い演技と演出で引っ張っていく作品だと思う。牛の殺処分のくだりがやるせない…。

3/03「映画ドラえもん のび太の宝島(えいがどらえもんのびたのたからじま)」
やはり昔のドラえもんとは違うなぁと思ってしまった。とくにしずかちゃんのイメージがなんか違う(たぶんアニメ第何期かで毎回変わってるとは思う)。でも宝島を目指して船旅をするのはロマンがあって良いし、ジャイアンとスネ夫が協力して海賊二人を倒すところが熱い!気合と根性だけで(道具も使ったけど)解決する最後は、もう少しひみつ道具を活用してほしかったなぁ。

■ Comment

こんばんは☆

>2/28「レッズ(れっず)」

5年前に見ました。

>共産主義運動を広めようとした革命家の半生を描いた作品。ぜんぜん知らない人だったのと、やたらと長いので辛かったです。革命の方はよくわからなかったけど、最終的には少し涙腺が緩んだり。

もう全く同じ感想です(笑)。
私だけでなくて良かったホッ(笑)。

>3/02「ハッド(はっど)」

こちらもBS3の数作品と一緒に後日見てからお邪魔いたしますね~♪


.
2019/03/04 19:03  miri編集

>miriさん

いらっしゃいませ「レッズ」ご覧になってたんですね~。
同じ感想だったということで、私も嬉しいです(笑)
事実を基にした真面目な作品だと”時間が長くて辛い”という感想だけじゃ悪い気がしてしまいます。勉強にはなりましたね。

> こちらもBS3の数作品と一緒に後日見てからお邪魔いたしますね~♪

はい、miriさんのペースでご鑑賞ください。
2019/03/05 08:10  宵乃〔編集

こんばんは☆

>3/02「ハッド(はっど)」

やっと見ました。

>西部が舞台だけど、西部劇というよりは「エデンの東」や「ジャイアンツ」みたいなドラマ。大牧場で口蹄疫が発生したことで、親子の確執が浮き彫りになっていくお話でした。

見ていて辛い気持ちにしかならなかったです・・・。

>ポール・ニューマンの役柄は好きになれないものの演技が良くて引き込まれます。

仰る通りで、下手なら途中でほおりだしたかも?(笑)

>手堅い演技と演出で引っ張っていく作品だと思う。

俳優陣良かったですね、甥御さんは「シェーン」の坊やでしたね、大きくなりました♪

>牛の殺処分のくだりがやるせない…。

撮影方法が気になりましたが、上手に映さずに想像もさせていましたよね?
集められるところは、非常に怖かったです。

この作品は結局、何が言いたかったんだろう?とぐるぐる・・・。
宵乃さんのお考えをお聞かせくださいませ☆


.
2019/03/15 17:21  miri〔編集

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
この作品は重いですよね…。ポール・ニューマンじゃなかったら投げ出す人ばっかりになりそうです(汗)

> 俳優陣良かったですね、甥御さんは「シェーン」の坊やでしたね、大きくなりました♪

おぉ、シェーンの子でしたか!
立派に成長して俳優を続けていたとは。なんだか嬉しくなります♪

> 撮影方法が気になりましたが、上手に映さずに想像もさせていましたよね?

そうそう、撮影が上手かったです。銃声と牛の鳴き声、そして悲痛な面持ちで作業を続ける人々…。現実でも殺処分せざるを得ないことは多いと思うので、私たちの食卓はこうやって支えられてるんだなぁ…と痛感しました。

> この作品は結局、何が言いたかったんだろう?とぐるぐる・・・。
> 宵乃さんのお考えをお聞かせくださいませ☆

なんとなくですが資本主義一色に染まっていくアメリカの時代の変化を感じました。ニューマン演じる息子が資本主義で、頑固な父親はそれ以前のアメリカを表してるような。事故は戦争か何かですかね?
まあこういう分かり合えない家族もいることはいると思います。
2019/03/16 08:38  宵乃〔編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/03/16 10:21  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.