忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(8/25~9/5)

 | まとめ感想  com(9) 

あまり映画を見ていなくて間が空いてしまいました。北海道で台風に続き地震がありましたね…。停電や道路の被害などで大変かと思いますが、余震も続いているようなので冷静に安全確保してください。本当に災害はいつどこで起こるかわからないですね…。

8/25「ホンドー」

わんこがいい味出してるということで見てみたんですが、確かに可愛かったけども…意味もなく殺されてしまい…。本当に意味の分からないタイミングで殺されて、しかもそのことについて登場人物たちが心情を表すことがないんですよね。主人公とヒロインが惹かれ合う過程は丁寧に描かれて良かったものの、それ以降は微妙でした。

8/23「アーロと少年」

恐竜と少年の交流を描いた話ということで「ヒックとドラゴン」みたいな感じかなと思ってたら、ただの西部劇でした。恐竜である意味はまったくない。そして人間の子供がなぜか狼みたいに描かれてる謎…。狼に育てられたのかと思いきや、この世界の人間はみんなあんな感じで深まる謎…。今どき西部劇をやるにはアニメでやるしかないのかな?にしても、夫を亡くして農作業でやつれきってるところに、さらに息子が消える(亡くなったと思ってただろう)とかお母さんが可哀そう。

8/30「ジョーズ'87(ジョーズ4)/復讐篇」

このシリーズは1と3しか見たことなかったのかな?主役は1作目の関係者らしき人達で、サメと1作目の主人公の一族との対決を描いているんでしょうか。作り物のサメのお目目が相変わらず可愛いです。犠牲者はほとんど出ず、おそらくシリーズ中もっとも血が流れない作品。無策でサメに突っ込んで周りに迷惑をかけるお祖母ちゃんがちょっとなぁ…。

8/31 映画 「聲の形」

いじめっ子がいじめられっ子になって、自分は生きる価値がない存在だと思ってしまうところとかはあり得るだろうなぁと思ったんですが、他の部分で心情が理解できないところが多かったです。第一にヒロインが石田に好意を抱いたきっかけがわからない。かなり酷いいじめで自殺も考えてそうだったのに…。黒髪ロング少女がヒロインに文句を言うところ(自殺騒ぎの前)も、ちょっと思考回路が理解できなかったです。茶髪眼鏡少女に至っては、自分の言動を覚えてない感じで無意識に都合よく記憶を書き換えてるところが怖かった…。カウンセリングを受けた方がいいと思う。終盤の事件が色んなきっかけになるのも物語としてはずるい気がします。

9/1 「メアリと魔女の花」

う~ん、薄い。登場人物をかなり絞ってるのに、それでも人物の魅力をぜんぜん伝えられてない感じです。どこかで見たことがあるようなシーンばっかりだし、盛り上がりに欠けてました。オマージュだかパロディだかに注力しすぎて、他が散漫になったのか。アリエッティやマーニーと同じ監督だと聞くと、監督の力よりジブリの力で成り立ってたのかなぁとか思ってしまいます。

9/5 「ヒトラーの忘れもの」

第二次世界大戦の後、デンマークの海岸線に残された150万の地雷を捕虜のドイツ兵に除去させていたという史実を題材にした作品。ここで描かれるのはナチスを憎むデンマーク人と、祖国のために戦っていた少年兵たち。憎しみは人の心を失わせてしまうというのが伝わってきて恐ろしかったです。おそらく捕虜の少年たちはナチスの非道な行いとは遠いところにいただろうに…。憎しみのあまりナチスと変わらない行動、食事も与えず病気でも休ませず除去作業させるというようなことをやってしまうのが人間。愛犬を除去し損ねた地雷で亡くし、一度は少年たちと心通わせたのに元の憎しみの塊に戻ってしまうエピソードが…。ラストは良心が描かれるものの、少年たちのその後に触れないということは彼らの話は実話を基にしているわけじゃないということか。2600人のドイツ兵のうち半数が死亡、もしくは重傷を負ったらしい。その内何人が少年兵だったのかと考えると哀しくなります。

■ Comment

こんにちは☆

>8/25「ホンドー」

数日前に見ました☆

>わんこがいい味出してるということで見てみたんですが、

事前情報が??? 私は何も知らずに見ました。。。

>確かに可愛かったけども…意味もなく殺されてしまい…。本当に意味の分からないタイミングで殺されて、しかもそのことについて登場人物たちが心情を表すことがないんですよね。

賢くて可愛い犬でした。
でもあの殺され方は酷かったですよね~!
主人公以下誰も心情を吐露しなかったのは、私も全く解せなかったです。

>主人公とヒロインが惹かれ合う過程は丁寧に描かれて良かったものの、

そうですね、無理なかったです。

>それ以降は微妙でした。

そうなんですよ~!
最後の最後に「先住民の生き方は終わった」とか言って、それが言いたかったことなの?と、ビックリしました。

犬の事と最後の事がどうにも消化不良で、やはり50年代のこういう映画は、白人の男が喜ぶようにできているんだろうな~と思いました。

インターミッションとかあって、けっこう作りは良かったと思ったので、非常に残念な感じでした。


.
2018/09/06 16:46  miri〔編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/09/06 16:50  

メアリってホンドー?

「ホンドー」。ワンコ、走って、ついていったり、戦ったり、おりこうさんですが、なんで、あんな扱いになるのか不思議。まあ、餌も与えていないということで、お互いに自己責任なのか!?

「メアリと魔女の花」。いまいち、いまに、くらいでした。「思い出のマーニー」は大好きなので期待もしてしまい…。
2018/09/06 23:07  ボー編集

>miriさん

いらっしゃいませ、miriさんも「ボンドー」ご覧になってたんですね!
毎回、番組表チェックの時は映画サイトでさっと調べて録画するか決めてるんですよ。見る頃にはチェックした内容を忘れてることも多いんですが、今回は可愛いワンコに癒しを求めて見たんですよね…。
ワンコの件、miriさんも同じように感じたということで心強いです。監督が犬嫌いなんじゃないかと疑ってしまいました。どういうつもりで撮ったんでしょう…。

> 最後の最後に「先住民の生き方は終わった」とか言って、それが言いたかったことなの?と、ビックリしました。
> 犬の事と最後の事がどうにも消化不良で、やはり50年代のこういう映画は、白人の男が喜ぶようにできているんだろうな~と思いました。

西部劇はこういうことが多いから、事前に評判を確認せざるを得なくなりました。やはり時代や人種を超えて受け入れられる作品とそうでない作品がありますからね。

> インターミッションとかあって、けっこう作りは良かったと思ったので、非常に残念な感じでした。

私も途中まで期待してた分、後半はガッカリでした。時代に合わせてリメイクとかしてくれないかしら?

あと「ヒトラーの忘れ物」は観た後、結構引きずりましたね…。デンマークにとっては黒歴史と向き合った意義ある作品なんでしょうけど、私たちにとっては知識として知るだけで十分だと思います。作品の出来としては中くらいでした。
2018/09/07 07:59  宵乃〔編集

>ボーさん

コメントありがとうございます。「ボンドー」の記事、後でコメントに伺おうと思ってたんですよ。
前半はあんなに丁寧に描かれていたワンコが、後半であんな扱いになるなんて本当に理解不能ですよね…。エサを自分でとらせていたのは、いざという時に困らないようにという思いやりだと思っていたのに!

> 「メアリと魔女の花」。いまいち、いまに、くらいでした。「思い出のマーニー」は大好きなので期待もしてしまい…。

テレビ映画かな?という感じでした。まあ新しいスタジオになって最初の作品だし、気負い過ぎたのかもしれませんね。新しい作品があるのか調べたら、短編アニメーションを出してるようで…。次の長編に期待しましょう。
2018/09/07 08:07  宵乃〔編集

こんにちは。

宵乃さん、こんばんは。
なんとかかんとか、家族も無事で生活しております
今日から映画もまた見始めました。
電気のある生活って素晴らしい。

>メアリと魔女の花
私もこれはいまひとつ。宵乃さんがいわれてるようにどっかで見た感が凄い。オリジナリティに欠けてると思います。
そのどっかで見た感というのもすべてジブリですし。

>聲の形
良い話なんですが、…なんですが、主人公に惹かれるヒロインの気持ちが私もわかりませんでした。添ってきてくれてるだけのような気がしないでもないです。ちゅき!は可愛かったですが…。
ヒロインが凄く可愛いというのも、これで暗くてデブだったら石田もどうなんだろうって思うし。


>アーロと少年
私は恐竜がまだ全滅していなくて人間が出始めた石器時代くらいなのかと思いました
なんにせよ、母親の心労は凄い(笑)ラリホーきのこのシーンは忘れられません、子供に見せてもあれトラウマでは?
2018/09/07 18:06  maki編集

>makiさん

makiさんがご無事でホッとしました!
電気も戻ったんですね。余震など不安も多いでしょうし、映画でリラックスしてください。

> そのどっかで見た感というのもすべてジブリですし。

ですよねー。ジブリのファンアートみたいでした。これからの作品でオリジナリティを確立していかないと、観客に見向きもされなくなってしまうかも…。

> ヒロインが凄く可愛いというのも、これで暗くてデブだったら石田もどうなんだろうって思うし。

本当にそれですよ。せめてそこら辺にいる地味な子くらいじゃないと…。石田に惚れる理由も多くの人が納得できる描写がほしいところです。ただのいい話で終わってしまうと、せっかく難しいテーマに挑戦したのに観た人の印象に残らないですよね。

> 私は恐竜がまだ全滅していなくて人間が出始めた石器時代くらいなのかと思いました

冒頭で隕石が落下しないでスルーした描写があったので、(隕石衝突で恐竜が滅びた説を前提とした)パラレルワールドなのかなと思いました。ノリは西部劇でしたが(汗)

> なんにせよ、母親の心労は凄い(笑)ラリホーきのこのシーンは忘れられません、子供に見せてもあれトラウマでは?

ディズニー関係の映画って母親が無駄に苦労させられる役割になってることが多い気がします。ラリってるところも「ダンボ」とか色んな作品で登場しますよね…。注意喚起に繋がるんでしょうか?
2018/09/08 09:38  宵乃〔編集

わすれもの

デンマークって、北欧3国なのに、なんでドイツが海岸線を防衛したのか、と思ったのですが、地図を見たら、ドイツとつながってるじゃないですか!
この映画がきっかけで、地理を知りました。映画って素晴らしい(笑)。
2018/12/17 09:15  ボー編集

>ボーさん

ドイツとデンマークってお隣さんだったんですか。私も地理は苦手なんで勉強になりました!
疑問に思ったことをすぐ調べられる人は映画でどんどん知識を身につけられますよね~。
2018/12/18 14:11  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.