忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ラストベガス」観ました

ラストベガス
原題:LAST VEGAS
製作:アメリカ’2013 105分
監督:ジョン・タートルトーブ
ジャンル:★コメディ

【あらすじ】子供時代からの大親友ビリー、パディ、アーチー、サムの4人組。58年後、4人の中で唯一独身を貫いていたビリーが結婚することになり、彼らはラスベガスで独身最後のバカ騒ぎをすることに。妻の葬式に出なかったビリーを許していないパディも、アーチーとサムに説得され渋々参加するが…。

子供たちの友情を見せたかと思ったら、いきなり58年後に飛ぶところが凄いですね(笑)
死んだ魚のような目で老人たちとプールで運動するおじいちゃんや、孫が可愛くて仕方がないおじいちゃんがいると思えば、葬式のスピーチでいきなり若い恋人にプロポーズする破天荒なおじいちゃんがいたり。どの子がどのおじいちゃんに成長したのかも何となく伝わってくる(名前を憶えてればハッキリわかるんでしょうが…)コミカルな出だしで、掴みはばっちりでした。

そして、こんな歳になっても当たり前のように「ビリーの独身さよならパーティーしようぜ!」とノリノリなのが素敵です。しばらく会ってないだろうに、まるで子供の頃から今までずっと一緒だったみたいな距離感が心地いいんですよね。
パディを連れ出すために持病ネタで脅す?ところや、奥さんに「元気になるなら火遊びしてきていいよ」と許可をもらってウキウキなサムなど、みんな個性的で最初から笑わせてくれました。
あと、友人から大事な話があると電話が来るたびに「前立腺か?」と返すのがこの作品らしくて面白かったです。

ベガスに到着してからは、ホテルのボーイも加わって彼らのおちゃめな様子を楽しめました。羽目を外すことはあっても、あんまり周りに迷惑をかけていないところが私好みです。金の力で美女コンテストの審査員になったり、人気のクラブで楽しんだり、マフィアの幹部のふりをしてお馬鹿な酔っ払い青年を更生させたり。火遊びする気満々だったサムの顛末も感動モノでした。あのセリフにしびれる!(その後、台無しなことを言っちゃうけど 笑)

また、主軸となるビリーとパティのエピソードは最後のまとめ方が本当に良くて、スッキリ見終われたのが一番良かったですね。何十年越しに知った真実にパディが打ちのめされるエピソードで、ちゃんと自分が見て感じてきたものを思い出して冷静になってくれてよかったです。ずっとクスクス笑って終わるかと思ったけど、ここは本当に感動しました。
心から「友情っていいな」と思える作品だったと思います。

関連記事
「魔法使いの弟子」観た
B015R7Q8SS ラストベガス [Blu-ray]

■ Comment

こんにちは☆

面白かったです!
嫌味のない、爽やかな、いまどき珍しいくらい良い作品でしたね~!

宵乃さんが記事を書かれなかったら削除していたかもしれないので
ホントにありがたかったです☆

イラスト良いですね、特徴をとらえていてグーですが、
できれば4人とも見たかったりして(笑)

>子供たちの友情を見せたかと思ったら、いきなり58年後に飛ぶところが凄いですね(笑)

そう、58年という中途半端な(笑)気になりました。
以下、宵乃さんの書かれた感想が、私もほぼ同じです。

特に結婚と付き合いの違いとか
自分を取り戻すこととか
友情のあつさ、
そして一番グッときたのは、最後に長年の夫婦が多分超久しぶりに?一緒に過ごしていたところを映したことで、監督のお気持ちが暖かく伝わってきました☆

>羽目を外すことはあっても、あんまり周りに迷惑をかけていないところが私好みです。
>火遊びする気満々だったサムの顛末も感動モノでした。あのセリフにしびれる!
>また、主軸となるビリーとパティのエピソードは最後のまとめ方が本当に良くて、スッキリ見終われたのが一番良かったですね。
>何十年越しに知った真実にパディが打ちのめされるエピソードで、ちゃんと自分が見て感じてきたものを思い出して冷静になってくれてよかったです。ずっとクスクス笑って終わるかと思ったけど、ここは本当に感動しました。
>心から「友情っていいな」と思える作品だったと思います。

もう、おっしゃるでございます、って感じで、付け加える事もありません(笑)。

ただまぁ、結婚を約束してドタキャンする映画が多い中、
この作品が上手だったのは、
あの相手の女性を美人な上にうんと若くしてすぐに次が見つかると思わせたり、
彼女自身がお金目当てではないと(無理なく鑑賞者が)信じられた点ですね。

久しぶりに大笑いしました、宵乃さんと違って若くないので、といっても70歳にはまだ遠いけど、病気の事やアレコレ思い当ったりもしたので、くすくすではなく大笑いになったところが多かったです(笑)。

良い鑑賞の機会を有難うございました♪


.
2018/01/23 14:43  miri〔編集

>miriさん

いらっしゃいませ!
楽しまれたようで私も嬉しいです。記事を書いてジョン・タートルトーブ監督とは結構相性がいいのかなと気付けました。作風から監督の人柄が伝わってきます。

> イラスト良いですね、特徴をとらえていてグーですが、できれば4人とも見たかったりして(笑)

できれば描きたかったんですが、やる前から力尽きました(笑)

> そして一番グッときたのは、最後に長年の夫婦が多分超久しぶりに?一緒に過ごしていたところを映したことで、監督のお気持ちが暖かく伝わってきました☆

やはり、いくつになっても熱々でいたいですよね。
私もあのシーン好きです。

> あの相手の女性を美人な上にうんと若くしてすぐに次が見つかると思わせたり、
> 彼女自身がお金目当てではないと(無理なく鑑賞者が)信じられた点ですね。

そうそう。好感が持てる子で、いずれ立ち直って結婚式にはお互い招待したり、いい関係でいられそうな気がします。

> 久しぶりに大笑いしました、宵乃さんと違って若くないので、といっても70歳にはまだ遠いけど、病気の事やアレコレ思い当ったりもしたので、くすくすではなく大笑いになったところが多かったです(笑)。

思いっきり笑えましたか。よかった~。
miriさんとお話ししたいなぁと思っていた作品なので、こうしてお話しできて嬉しいです。
こちらこそ見てくださってありがとうございました。
2018/01/24 13:30  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.