忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「すてきな片想い(1984)」観た

 | 青春  com(2) 

すてきな片想い(1984)
原題:SIXTEEN CANDLES
製作:アメリカ’84 93分
監督:ジョン・ヒューズ
ジャンル:★青春/ロマンス

【あらすじ】16歳の誕生日を迎えたサムだったが、姉の結婚式を翌日に控えた家族たちはそれを忘れていた。その後も、お調子者のジムにまとわりつかれたり、自分の部屋を祖父母に取られたりと散々な一日になってしまう。しかしその夜、学校でダンス・パーティーが開かれ、彼女は片想いの相手ジェイクに会いたくて…。

なんだか可愛いというか初々しい感じが心地よかったです。ジョン・ヒューズ初監督作品でしたか~。
特別な日になるはずの16歳の誕生日が、姉の結婚式準備で忙しい家族に忘れられて一人傷つくサムの青春ストーリーです。恋や性に興味津々なお年頃なので、そういうネタも多いんだけど、根が誠実で優しい登場人物ばかりなので安心して見られました。

かなりうっとうしい勘違い野郎として登場するモテない小柄なジム君が、だんだんと意外な面を見せていくのが良かったです。仲間とサムをものにできるか賭けをする時も、「証拠にビデオを」と言われて「流出すると困るから彼女のパンティで」と一応配慮してるし、サムの想い人でモテモテのジェイクとは親友で、実はふたりが両想いだとわかるやパンティを貸してくれたお礼にとキューピッド役を買って出ます。しかも、ジェイクに対して「体目当てなら(大柄の男を雇って)お前を殴るぞ」と忠告したりね。
こんなにいい奴なのに、彼女へのアプローチ方法がどうしてセクハラになってしまったのか…焦る童貞くんの残念感を見事に演じてました(笑)

あと、サムの親友がまたいい友達で、パーティで絡んでくるジムを追い払う時も頼もしかったです。彼氏を連れてきてサムの代わりにハッキリ言って追い払ってくれました。登場時間自体は少なめで、さらっと親友との絆を描いているのが上手い。

また、サムと父親の描写もジーンときましたね。誕生日を忘れていたことに気付いて、今日のうちに思い出したことを伝えたかったと夜中に言いにくるところとかマジいい父親。「他にも何か悩んでいるんじゃないか?お前が苦しんでいる間は眠れない」と若干勘違いしながらもフォローしてくれるところが素敵でした。良い父親すぎて泣ける!
母親も朝には謝ってくれたし(夜には気付いていて夫に譲ったと思われる)、こんな素敵な親に育てられたサムもホントいい娘なんですよ。…姉と弟はなぜか性格に難ありだけど。
サムの素朴な可愛さが出ていてあっさりハッピーエンドな展開も楽しめました。

関連記事
「カーリー・スー」観た

■ Comment

こんばんは☆

>なんだか可愛いというか初々しい感じが心地よかったです。
>サムの素朴な可愛さが出ていてあっさりハッピーエンドな展開も楽しめました。

良い作品でしたね~♪
イラスト、すてきな場面です☆
顔を上げた彼女の目に映る・・・胸が温かくなります!

>かなりうっとうしい勘違い野郎として登場するモテない小柄なジム君が、だんだんと意外な面を見せていくのが良かったです。

80年代の若者でしたね~(笑)。
仲間のちょい役ジョン・キューザック君もおバカな役柄で(笑)。

>あと、サムの親友がまたいい友達で、

常々、二人の友情が厚いことがよく分かりましたね!

>また、サムと父親の描写もジーンときましたね。

私はここに一番ひかれました。
泣けました、マジ☆

宵乃さんのイラストのシーンの後のシーンでも「彼だよ」って言って
ホントに良い親子だと思いました。

>姉と弟はなぜか性格に難ありだけど。

まあ弟君はまだ(ホントの意味で)子供ですからイイんですが、
あのお姉さんは・・・大丈夫なんだろうか?
だいたい、式の日取りを決めた瞬間に妹の誕生日だと気付かない?

まあ細かいことはイイです。
この監督は物故者らしいし、今までご縁がなかったので
続いてオンエアされた作品も早めに見る予定です♪


.
2017/06/04 (Sun) 19:01  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪

> イラスト、すてきな場面です☆
> 顔を上げた彼女の目に映る・・・胸が温かくなります!

ですよね~!
あのシーンはもう、サムよかったね!!ってなりました。
きっと、翌日は親友と手を取り合ってキャッキャしてると思います(笑)

> 80年代の若者でしたね~(笑)。
> 仲間のちょい役ジョン・キューザック君もおバカな役柄で(笑)。

ジョン・キューザックでしたか!
ぜんぜん気付きませんでした。落ちこぼれ仲間で張り合う様子とか、ホントおバカで良かったです。

> 私はここに一番ひかれました。
> 宵乃さんのイラストのシーンの後のシーンでも「彼だよ」って言って
> ホントに良い親子だと思いました。

わたしも父娘のシーンがいちばんのお気に入りです。これがなかったらゆるいコメディというだけで終わってたと思います。あのジェスチャーで伝えるシーンも素敵でしたよね~。あの父娘にとって、結婚式の日の一番素敵な思い出になったと思います!

> まあ弟君はまだ(ホントの意味で)子供ですからイイんですが、
> あのお姉さんは・・・大丈夫なんだろうか?
> だいたい、式の日取りを決めた瞬間に妹の誕生日だと気付かない?

あはは、自分のことしか頭にないから、子供が生まれて毎日忙しくなったら「キー!!」と叫びだしそうなお姉さんでした。彼女が壁にぶつかって、色々あって家族で支えあうことの大切さに気付き、人間的に成長する続編とかほしいところですね(笑)
記念日を覚えられない私でも、家族の誕生日くらいは覚えてるんだけどなぁ。

> この監督は物故者らしいし、今までご縁がなかったので
> 続いてオンエアされた作品も早めに見る予定です♪

「ときめきサイエンス 」ですね。私も録画してあるので、元気な日に観ようと思います♪
2017/06/05 (Mon) 07:41  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.