忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「猫の恩返し」観ました

猫の恩返し
日’02 75分
森田宏幸/柊あおい
★ファンタジー/ドラマ

【あらすじ】助けた猫が猫の国の王子だったために、猫たちにはた迷惑な恩返しを受けることになった女子高生ハル。王子との結婚まで決められ困っていた時、突然”猫の事務所を探して”という不思議な声を聞き…。

可愛い。とにかくかわいいです。猫も可愛いけど、素直でまっすぐなハルが可愛い。ジブリヒロインに多い、近寄りがたいオーラがなくって、どこにでもいそうな元気で可愛い女の子って感じなのがいいんですよね。
猫と結婚させられそうになって「嫌だー」とか言ってたのに、バロンと出会って第一声が「カッコいい」(笑)
その後もバロンにときめいているんだけど、彼女の言う通りバロンがカッコよすぎるのでぜんぜん不自然に感じません。
しかも、猫化してからもハルはハルで可愛いんですよ。あのヘンタイ王が執心するのも頷けます。

これを書いているのが「耳をすませば」の雫っていうのも、またいいじゃないですか。バロンが生き生き描かれているのも、彼が雫ちゃんのミューズ、もといイマジネーションの源だから当然。彼が登場するシリーズのうちの一作品なのかな~とか、雫ちゃんめっちゃネコ好きだなあとか、もう小説家としてデビューしたのかなぁとか、想いを馳せつつ観たので2作品同時に楽しんだ感じです。

あと、猫の国ののんびりした雰囲気と、ここぞという時に頼れるムタやトト、意外とまともな王様の側近さんのキャラなども良かったです。
あ、猫の国の王子は山田孝之さんが声をやってたんですね。気付かなかった。
終盤のカラスたちの階段を下りていくシーンはさすがジブリという感じで躍動感あったし、去り際のバロンがまたカッコいいし、髪を切ったハルちゃんが可愛くて大満足でした。好きです。

■ Comment

王子様ステキでしたよね

こんにちは。
この作品の感想記事をTBしようと思ったんですけど、ウシジマくんカテゴリの記事だったんでやめましたわ。
山田孝之の映画デビュー作品がコレなんですよ。
初見の時ルーン王子の声がステキだったので、エンドロールで名前を確認したんですけど、その時は「山田孝之?誰それ?」でした。
まだ10代の頃の若々しい声ですけど、声優でも通用するくらいの上手さですよね。
2017/02/01 (Wed) 00:08  ケフコタカハシ  

>ケフコさん

いらっしゃいませ!
ケフコさんならご存知だと思ってましたよ。顔を出してなくても、魅力を発揮してましたよね~。
まさか映画デビュー作だったとは。すでに才能の片りんをのぞかせてます。

> その時は「山田孝之?誰それ?」でした。
> まだ10代の頃の若々しい声ですけど、声優でも通用するくらいの上手さですよね。

ホント、上手かったです。
今現在これほど入れ込んでいる俳優さんを知ったきっかけが声というのも素敵です♪
運命ですね~。
2017/02/01 (Wed) 13:00  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.