忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ブロンクス物語/愛につつまれた街」観た

 | 青春ドラマ  com(6) 

ブロンクス物語/愛につつまれた街
原題:A BRONX TALE
製作:アメリカ’93 121分
監督:ロバート・デ・ニーロ
ジャンル:★青春ドラマ

【あらすじ】1960年代のブロンクス。9歳の少年カロジェロは、街を取り仕切るソニーが人を殺すところを目撃する。だが、憧れから「彼は犯人ではない」と証言。イタリア移民の父ロレンツォの心配をよそに、カロジェロは裏社会に足を踏み入れる。8年後、17歳となったカロジェロは、黒い肌の美女ジェーンに出会い…。

ロバート・デ・ニーロの初監督作品ですか~。初でこれってすごいですね。かなり引き込まれたし、最後はウルウルしてしまいました。二人の父親と愚かな友人たち、そして肌の色が違う少女との恋。一歩間違えば簡単に命を落としてしまうような街で、カロジェロが自分の道を選択していく青春物語です。
9歳の頃のカロジェロは危なっかしくて、観ていてハラハラしました(あの面通しの仕方は怖い!)。父親が怒るのも当然だし、ソニーが父性に目覚めなかったらヤバかったかも。かなり幸運に恵まれた主人公です。

ソニーは必要とあらば暴力で解決するけど、それ以外の時は意外と優しい面もあったりして憎めないんですよね。でもそれは「恐れられても嫌われてはいけない」という彼の術中にまんまと嵌っているわけで、そういうところが恐ろしい。
幼いカロジェロも彼の影響でどんどん考え方を変えていってしまい、親目線で見ると本当に怖いんですよ。いちおうソニーは自分のようになってほしくないという気持ちを持っているので、ここぞという時にはまともな助言をくれますが、決していい人ではない。
あの愚かな友人たちの末路はもちろん当人の責任でもあるんだけど、目の前に暴力が有効な手段であると示すお手本がいたからね…。カロジェロも父親やソニーのような存在が身近にいなかったらああなっていたんだろうなという哀しさがありました。

また、ここで描かれる黒人との対立は、こんな街でくすぶっているしかないイタリア移民との確執というか、縄張り争いのようなもので、人種差別とはまた違った感じです。一部の馬鹿が差別に便乗して、黒人側はそれを軽蔑してるような雰囲気。
あと、俳優がみんな役に嵌っていて、デ・ニーロと青年カロジェロは本物の親子のようです。ソニーや取り巻きの人たちも素晴らしく、脇役の果物屋のおじいさんなんかも印象に残ったり。
全体的に良かったけど、邦題の「愛につつまれた街」だけは余計でしたね。観終わって違和感しかありませんでした。原題にあるTALEはイタリア語で物語の意味なので、そのままブロンクス物語でよかったのに。

■ Comment

こんにちは☆ 

今さっき見終わりました。
数回録画ミスしていたんで、やっとでした。

イラスト良いですね、主人公(私はこの話の主人公はカロジェロだと思うので)も普通の男の子だとよく分かったシーンです☆
彼女は賢くて魅力的な子でしたね!

>ロバート・デ・ニーロの初監督作品ですか~。初でこれってすごいですね。

演出は上手と思ったけど、私はこういう世界なりに「全部主人公に良い方に良い方に話が傾く」それなりの予定調和を感じて、いまひとつでした。。。

最近60年代を舞台にした作品を続けて3本見たのですが、これが一番まともな部分が多かったかな?と思います。

私の「愛すべきガサツな70年代」と違って、欧米の60年代って滅茶苦茶で好きではないんですよね、基本的に(笑)。

>(あの面通しの仕方は怖い!)

多分、60年代はああやってたんだと思います(笑)。
今ならもうドラマの中でも許されましぇん(笑)。

>いちおうソニーは自分のようになってほしくないという気持ちを持っているので、ここぞという時にはまともな助言をくれますが、決していい人ではない。

そうですね、即対応、って勉強になりました。

>あの愚かな友人たちの末路はもちろん当人の責任でもあるんだけど、
>また、ここで描かれる黒人との対立は、

仰る通りで、きっと現実にそうだったんでしょうね。
今は混ざり合っているんでしょうか?

>あと、俳優がみんな役に嵌っていて、デ・ニーロと青年カロジェロは本物の親子のようです。ソニーや取り巻きの人たちも素晴らしく、脇役の果物屋のおじいさんなんかも印象に残ったり。

仰る通りで、この映画を作るまでの話をネットで読んだら、色々な「ご縁」を感じました。

>邦題の「愛につつまれた街」だけは余計でしたね。

全くその通り!
宣伝会社のおバカさんが付けたんでしょうか?
困ったサンですね(笑)。


.
2018/09/15 14:46  miri〔編集

>miriさん

いらっしゃいませ、こちらをご覧になったんですね!
イラスト見てくださりありがとうございます♪

> 私はこの話の主人公はカロジェロだと思うので

え、むしろそれ以外の解釈があるんですか!?
ずっと彼が主役だと思って見てました。危うい時もあったけど、普通の少年らしいところが見えると可愛くてホッとしますよね。恋のエピソードがあって良かったです。

> 演出は上手と思ったけど、私はこういう世界なりに「全部主人公に良い方に良い方に話が傾く」それなりの予定調和を感じて、いまひとつでした。。。

自分が初監督したらボロくそな作品しか撮れないなぁと思うと、少しくらい甘いところがあっても感動が上回る性格みたいです。そういう情報なしだったら印象も多少は変わっていたかも?

> 私の「愛すべきガサツな70年代」と違って、欧米の60年代って滅茶苦茶で好きではないんですよね、基本的に(笑)。

欧米の60年代のイメージが私の中で固まってないんですよね。赤狩りが終わった頃でしたっけ。それから心に余裕が生まれるまで10年かかったということかしら?
あ、ヒッピーが生まれたのが60年末なんですね。60年代の反動からmiriさんの愛すべき70年代が生まれたのかな?

> 今は混ざり合っているんでしょうか?

調べたらこんな記事が(http://www.nybct.com/2-184-blacks-italians.html)
場合によるとは思いますが、頑張って生活水準がある程度高くなった人たちは仲良くできてるみたいですね。差別は抑圧から生まれるってことでしょうか。

> 全くその通り!
> 宣伝会社のおバカさんが付けたんでしょうか?
> 困ったサンですね(笑)。

ちゃんと観たのか疑問ですよね。わざと内容と違うサブタイをつけてるなら悪質ですし。
タイトルが作品に与える影響をもっと考えてほしいです!
2018/09/16 11:05  宵乃〔編集

先程見ました。

すごく良かったです(拍手!)

>ソニーは必要とあらば暴力で解決するけど、それ以外の時は意外と優しい面もあったりして憎めないんですよね

そう思います。
そしてカロジェロにとって第二の父親という感じでした。

>デ・ニーロと青年カロジェロは本物の親子のようです

顔や雰囲気が似ています。

>脇役の果物屋のおじいさんなんかも印象に残ったり。

そうですよね。他には博打で負け続ける男も(笑)。
2018/10/18 21:58  間諜X72〔編集

>間諜X72さん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
本当に初めての監督作品とは思えないレベルでしたよね。趣味の範囲では作ったことがあったのかも?

> そしてカロジェロにとって第二の父親という感じでした。

ソニーは昔自分が欲しかったもの、理想の父親を意識してカロジェロに接していたのかもしれません。彼も一歩間違えばドロップアウトしてしまう環境で育ったんでしょうね…。

> 顔や雰囲気が似ています。

よく似た人を見つけてきましたよね~。幸運にも恵まれた作品でした。

> 他には博打で負け続ける男も(笑)

ブロンクスと聞くと、この作品のイメージが真っ先に浮かびます!
それも、そこで暮らす人々が生き生き描かれていたからでしょうね。
2018/10/19 08:49  宵乃〔編集

いつもレスをありがとうございます。

>ブロンクスと聞くと、この作品のイメージが真っ先に浮かびます!

そうでしょう?
それと他に僕が好きな場面。競馬場です。
ソニーが強そうな馬に賭ける。ところが博打に弱い男が同じ馬に賭けている。
「ダメだ!こりゃあ。」と言う感じで馬券を破り捨てるソニー。
大笑いしながら見ました!

>幸運にも恵まれた作品でした。

9歳のカロジェロを演じた子も好演でした。
現在(35歳)も活躍中のようです。
2018/10/20 10:33  間諜X72〔編集

Re: いつもレスをありがとうございます。

こちらこそコメントをいつもありがとうございます♪
競馬場のシーンは忘れてしまったけど、ブロンクスの人々の日常が目に浮かぶエピソードですね。原作者さんが見てきた光景なんだろうなぁと思えます。
この原作者さんが監督をした「NOEL ノエル」という群像劇もたしか素敵な作品でした。

> 9歳のカロジェロを演じた子も好演でした。
> 現在(35歳)も活躍中のようです。

おぉ、それは嬉しい。可愛かったし大人顔負けの演技でしたね。
これからも頑張ってほしいです。
2018/10/21 07:48  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.