忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(10/28~10/30)

 | まとめ感想  com(2) 

録画ストックがあっという間に半分以下に!

10/30「外人部隊フォスター少佐の栄光」

モロッコ」を思い出したけど、なんで最後戦闘になったのかよくわからなかった。あの砂漠の天使があると聖戦起こせるの?どうやって兵を率いてきたのか、敵側も描いてほしかったなぁ。聖戦自体、どんなものかよくわからないです。

10/30 スター・ウォーズ「メイキング・オブ・フォースの覚醒」

フォースの覚醒は観てないけど、チューバッカスーツの再現やダルマっぽいドロイドを動かしてるところ、雪のバトルシーンの撮影風景など楽しめた。

10/29 名探偵ポワロ第53話「ホロー荘の殺人」

犠牲者は自業自得で、ヘンリエッタが言ったような意図で名前を呼んだように思えないのがなぁ。女優とのアレコレで「やっぱり妻が大事!」と思ったのかもしれんが、それが伝わってこなかった。子供もいるのに、最後死なせちゃってよかったのかね。ポワロさんは妙なところで抜けてます。

10/29「あの夏の子供たち」

あれだけ家族を愛していても、追いつめられると死ぬことしか考えられなくなる瞬間が訪れることもあるんだろうね…。ひとつでも別のことができる状態と、そうでない状態では、ゼロと1くらいの決定的な差があるんだと思った。いつもなら憤慨してるところだけど、家族のことを本気で愛してるのがひしひしと伝わってきて、自分じゃ止められなかったのだとすんなり納得。娘たちとイタリア旅行する描写や、娘たちのニュースごっこを楽しむ家族の描写が良かったです。あと映画作りってギャンブルと似てるなと思った。お金より、世界を生み出すことに陶酔してたんだろうけど。

10/28「オズ」再見

間違えて録画したので再見。ドロシーを演じる少女がドロシーって感じだし、オリジナルのキャラクターは「ラビリンス」の人たちが作っただけあって魅力的(とくにかぼちゃ頭)。でも、前半は子供が観たらトラウマもののホラー展開なのが…(汗)いちおう、カンザスの人たちがオズの人たちと2役を演じていて「オズの魔法使」を踏襲していたんだね。

■ Comment

お邪魔いたします☆

>録画ストックがあっという間に半分以下に!

ほほほ・・・それでこそ、宵乃さん☆

>10/30 スター・ウォーズ「メイキング・オブ・フォースの覚醒」

メイキングがあるんですネ!
見たいわ~☆

>10/29 名探偵ポワロ第53話「ホロー荘の殺人」
> 犠牲者は自業自得で、

そう思います。

>ヘンリエッタが言ったような意図で名前を呼んだように思えないのがなぁ。

私も宵乃さんと同じように思いますが、
結局は生き残った人の受け止めかたなので、作品的にはOKかと。

>女優とのアレコレで「やっぱり妻が大事!」と思ったのかもしれんが、それが伝わってこなかった。

う~ん。女優は遊び、ヘンリエッタにぞっこん、妻は誰よりも大事な自分の子供達の母親、って事ではないでしょうか?

>子供もいるのに、最後死なせちゃってよかったのかね。ポワロさんは妙なところで抜けてます。

抜けているというより(アガサさんの)悪意すら感じました。

>10/29「あの夏の子供たち」

イマジカでやってましたね~いつか見られたら見たいです。

>10/28「オズ」再見

これはまた! イイなァ☆
私はあの子の「オ~ズ!」という可愛い叫びが忘れられません。
いつか再見します♪


.
2016/10/31 (Mon) 11:28  miri〔編集〕  

>miriさん

> ほほほ・・・それでこそ、宵乃さん☆

このままいくと、録画ストックがなくなってのんびりペースに戻るかもしれません(汗)
「フォースの覚醒」のメイキングは1時間ちょっとで見やすかったですよ。WOWOWの無料放送でやってるのを、たまたま直前に見つけました。

> 結局は生き残った人の受け止めかたなので、作品的にはOKかと。
> う~ん。女優は遊び、ヘンリエッタにぞっこん、妻は誰よりも大事な自分の子供達の母親、って事ではないでしょうか?

そうですね~。いちおう原作では彼の心情もちゃんと書いているらしいので、機会があったら読んでみたいです。アガサさんは家族愛より男と女の関係を描く方が好きなんですかね~。

> イマジカでやってましたね~いつか見られたら見たいです。

フランス映画らしさがあって、私的にはとても良かったです。でも人によるかも?

> これはまた! イイなァ☆
> 私はあの子の「オ~ズ!」という可愛い叫びが忘れられません。

あの掛け声のところ良かったですよね~。ドロシーらしいドロシーでした♪
2016/10/31 (Mon) 14:15  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.