忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

「映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」観ました

 | アニメーション  com(4) 
Tag:日本 

映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
製作:日本’96 97分
監督:本郷みつる
原作:臼井儀人
ジャンル:★ファミリー/コメディ/アドベンチャー/ファンタジー

【あらすじ】幼稚園の遠足で“群馬ヘンダーランド”に来たしんのすけたち。みんなとはぐれ、メモリ・ミモリという女の子を見つけるが、スタッフは人形だと言い張る。代わりに見せてもらった歌って踊る人形トッペマのネジを巻いたことで、地球を侵略しようとする魔女マカオたちとの戦いに巻き込まれ…。

これも面白かったです。「ブタのひづめ」と違って泣き要素は少なめですが、あの怖いもの知らずのしんちゃんの子供らしい一面を見られて大満足でした。
ヘンダーランドで迷子になって、悪い人たちと戦って思いっきり怖い目に遭ったしんちゃんが、女の子のお人形トッペマに魔女を倒すのを手伝ってほしいと頼まれるんですが、なんと怖いから無理だと断ってしまうんですね。そこに「ブタのひづめ」で怖がる様子をほとんど見せなかったしんちゃんの面影はありません。
これを見て、いつもしんちゃんがリラックスできたのは、友達や家族が傍にいたからなんだと納得できました。
独りぼっちの時に怖い目に遭い、その上、幼稚園にやってきたス・ノーマンという刺客は、またたく間に友人たちや先生、みさえとひろしの心を掴んでしまいます。そして、いくら彼が悪い奴だと言っても信じてもらえず、唯一信じてくれたまさお君も、もう暗いから帰らなきゃと行ってしまうんですよ。
孤立無援の状態では普通の幼稚園児。そして裏を返せば、しんちゃんの勇気の源が友達や家族だということがわかって、ジーンときました。

そんな状況を救ってくれたのが、魔法のトランプで呼び出した、正義のヒーロー、アクション仮面とカンタム・ロボ、そしてぶりぶりざえもんというのも素敵です。
この魔法はしんちゃんのイメージを実現できるんですが、線路を出したり、自分が電車などに変身した時は、ラクガキみたいな曖昧なイメージなのに、この3ヒーローはハッキリとしたイメージで、それぞれ人格も(おそらくTV通りに)ちゃんとしていて、いかにしんちゃんが彼らを大好きなのか伝わってきました。
熱い正義の心を持つアクション仮面とカンタム・ロボ、卑怯な手も辞さないぶりぶりざえもんのやり取りは楽しく、しんちゃんも彼らの登場によっていつもの調子を取り戻します。
ス・ノーマンのキャラもよくて、しんちゃんの「作戦ターイム!」に何度も「認める」と待ってくれるから、この3ヒーローとしんちゃんのおバカなやりとりを思いっきり楽しめました。
「家を破壊してしまうかもしれないがカンタムパンチを撃ってもいいか?」「火事になるかもしれないがアクションビームを撃ってもいいか?」で、答えを待たずに撃っちゃうところとかサイコー!

あと、ホラー色も結構強くて、両親とヘンダーランドに行って、帰りにトイレから出てきてから家の風呂場までの恐怖演出は子供映画とは思えないくらいぞわっとします。映画の序盤はあんなに楽しそうで、とくにヘンダーランドを楽しみにしていた風間君が可愛すぎて微笑ましかったのに、いつの間にやらホラーになっていたので驚いてしまいました。
オカマ魔女のマカオとジョマのインパクトもすごいし、ババ抜き勝負やヘンダー城での追いかけっこも見応えあります。
企画で選んだ作品がこれと「ブタのひづめ」で本当に良かったと思えました。

関連記事
「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」観ました(同原作者)

■ Comment

No title

こんばんは
僕もこれ選びましたよ~

最初に王子が黒い謎の汁?(ほんと何なんでしょうね)をかけられて、オカマ魔女が”熱い性格の子は苦手だからもっとクールにしてあげる”って言って、あぁだから雪だるまにされたんだなって
今回、初めて気づきました。何回か見てるのに(笑)
しんのすけの作戦タイムを認めたのも騎士道精神がどこかに残ったんでしょうね
2016/09/29 20:43  バーンズ

>バーンズさん

いらっしゃいませ。
嬉しいです!何作品もある上に、人気の2作品を観る方が多くて、こりゃ被る人はいないかなぁと思ってたところなんですよ。これも面白いですよね~。

> オカマ魔女が”熱い性格の子は苦手だからもっとクールにしてあげる”って言って、あぁだから雪だるまにされたんだなって
> しんのすけの作戦タイムを認めたのも騎士道精神がどこかに残ったんでしょうね

私も内容をすっかり忘れていて、そのセリフの意味も今初めて知りました!
騎士道精神についても納得です。それにしても、声優さんの声の印象がまるで違っていて、正体も忘れてたので驚きましたよ。声優さんってホントすごいですね。
黒い汁みたいなのは、魔力的なものなんでしょうかね。あれで変身させられるのは嫌だなぁ(笑)
2016/09/30 07:51  宵乃〔編集

No title

はじめまして! とても素敵な絵ですね!しんちゃんらしさとても出ています。
すっごい昔の記事でしたのですがはじめて最近見る機会あってせっかくなのでコメントを!

この映画って色々見どころは多く(特に最後のおいかけっこなど)て自分も当然好きなのですが個人的には特におっしゃいますようなトッペマの頼みを怖いからと断るしんちゃんやそこからの成長なんかを感じられて凄く好きなんですよね...

トッペマに頼まれる以前のシーンでも敵の女の人でチョキリーヌ・ベスタなんかにも最初こそしんちゃんもお色気に騙されて彼女に付いて行ってしまいますが、すぐに「美人でも悪いおねえさんは嫌いだゾ!」とトッペマについてたり何気に凄い立派だなと...(あと人と一緒に見てたのでチョキリーヌさんのお色気シーン少し恥ずかしかったんで内心早く別場面いってほしかったです(笑)

後半の方でトッペマVSチョキリーヌでも最終的には打ち勝ちますがトッペマも消えてしまい後ろ姿で涙するしんちゃんも凄く印象的でした、その後のひろしのセリフも

こっからちょっと個人的な妄想みたいになっちゃうんですけどトッペマの最後の「運命のレールを元に戻すだけよ!」ってセリフあれってトッペマが元のお姫様に戻り、チョキリーヌを元の人形に戻すってことかなと思いましたね。

ス・ノーマンも元は王子でしたし倒された際に人形になったクレイ・Gやチョキリーヌ見ると手下が全員作り物ってなかなかエグイ設定してないか?ってひねくれた見方をしてしまったり...

前半なんかではやたらトッペマに「可愛いお人形さん」や「人形のあんたじゃ」といった罵るセリフを頻繁に言いつつ実は自分が...と中々にブラックですよねヘンダーランド、一方でトッペマは元の人間のお姫様に戻るんでトッペマとは上手く対比されてるなと
2019/07/18 01:39  通りすがり

>通りすがりさん

はじめまして、ようこそいらっしゃいました!
古い記事でもコメント大歓迎です。イラストにまで嬉しいお言葉をありがとうございます。
通りすがりさんも、子供らしいしんちゃんが成長していくところがお好きでしたか。いつもは我先にと危険に飛び込んでいく印象が強いですが、この作品は”一人は心細い”という一面をクローズアップしていてよかったですよね。

> すぐに「美人でも悪いおねえさんは嫌いだゾ!」とトッペマについてたり何気に凄い立派

ホント、いい子で観ている間、何度もウルウルしてしまいました。怖くてもトッペマを守る姿はナイトのようです。

> トッペマも消えてしまい後ろ姿で涙するしんちゃんも凄く印象的でした、その後のひろしのセリフも

ひろしのセリフは忘れてしまいましたが、しんちゃんの涙のシーンは印象に残ってます。私もぼろ泣きでした…。

> 手下が全員作り物ってなかなかエグイ設定
> 前半なんかではやたらトッペマに「可愛いお人形さん」や「人形のあんたじゃ」といった罵るセリフを頻繁に言いつつ実は自分が...と中々にブラックですよねヘンダーランド

ですね~。子供が楽しめるのはもちろん、大人が見ても色々深読みできるし感動もある作品でした。大人になってから再見して、そういうエグイ設定などに気付いて驚いた人もいるかも(笑)
こういう作品は貴重ですよね~。

久しぶりにこの作品のことを思い出せて楽しかったです。
通りすがりさん、コメントありがとうございました!
2019/07/18 08:51  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.