忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「旅立ちの時」観ました

旅立ちの時
読み:たびだちのとき
原題:RUNNING ON EMPTY
製作:アメリカ’88
監督:シドニー・ルメット
原作:ナオミ・フォナー
ジャンル:★青春ドラマ

【あらすじ】20年前の反戦運動で指名手配された両親と、半年ごとに別人になり各地を転々とするダニー。今度はニュージャージーで暮らし始めるが、そこで音楽教師に才能を認められ音大進学を勧められる。そして、彼の娘ローナと恋に落ち…。

飼い犬を道端に残し「ここで待ってるんだぞ」と言ってそのまま車を走らせた時は、いったい何をしてるんだろうと思っていたんですが、まさか両親が指名手配されて逃亡生活をおくる家族の物語だったとは。出だしからかなり驚かされました。
しかも、こんな生活をおくる思春期の少年だったら、もっと荒んで親に反抗してもおかしくないのに、彼の優しさといったらもう…。夢と恋を同時に見つけたにもかかわらず、自分がここに残ったら両親が可哀想だと押さえ込んでしまうんですよね。苦しみを胸に秘めた彼の表情が印象的です。
そんな息子の思いに気付き自由な道を歩ませようと、ずっと避けてきた父親(ダニーの祖父)との再会を決意する母親…。傷ついた父と会うことで自分の罪の重さを再認識しながら、涙ながらにダニーの事を頼む姿に目頭が熱くなりました。
最後まで”家族の結束”を説いていた父親が、ふと自分の身勝手さに気付いた瞬間も上手く表現されていたと思います。
ただ一つ残念なのは、弟のハリーが”空気”だったこと。彼の存在価値が、母親がまだ自首できない理由と父親が子離れできた理由にしかありません。もうちょっと兄弟仲とかを描いても良かった気がします。
ちなみに原題は「虚しく走り続ける」という意味のようです。

<2023/09/03再見>
ブログ記事があることをすっかり忘れて再見(汗)大まかなあらすじは覚えていたものの、初見時のように入り込めました。
半年ごとに転校という状況だけでも子供には辛いはずなのに、両親が反戦運動のテロリストでFBIに追われてるというのがもう想像を絶するものがありますよね。本来なら両親に預けていくべきだったんだろうけど、どんな理由があれ「捨てられた」と2歳児に思わせてしまえば心の傷になるから連れて行くという選択もわからないでもないです。どうせ預けていったとしても途中で次男を生んでいただろうし…。そもそも暴力的手段に出たこと自体が過ちで、すぐ自首するべきでしたが。なまじ二人の適応能力が高かったのが災いしたというか。
初見時の感想で感動した父娘再会のシーンでは、今回は娘が立ち去ろうとした瞬間の父親の一気に感情が溢れ出る表情の変化に、私の涙腺も崩壊しました。お互いこれまで抱えてきた想いを伝えるので精いっぱいで、再会の喜びを感じる時間も娘を抱きしめる暇もなかったもんね…。そして、もう会えないかもしれない。あと、弟君の影の薄さは今回はそれほど感じませんでした。セリフは少ないながら、辛い境遇だからこそ楽しく過ごす時間を大切にしようという心意気が伝わってきます。再見できてよかったです。

関連記事
「評決」観ました

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.