忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(8/12~8/23)

 | まとめ感想  com(2) 

企画以外の感想も溜まってきたので。12日のホラー作品二つは、視聴期限の関係で企画前に観たものの残りです。

8/23「マライアと失われた秘宝の謎」

原作は人気小説らしいけど…設定がこじんまりしていて、舞台が地味で幻想的なシーンも少なく、映画向きではなかったような。だいたい、秘宝がショボすぎるんですが。あと、主人公が微妙で、ヒロインがなぜ協力してくれるのかわからない。そうとう原作を端折ったんだろうなぁ。

8/22 名探偵ポワロ第42話「ヒッコリー・ロードの殺人」

今回はジャップ警部がポワロさん家にお泊り。ポワロさんはどんだけ寒がりなんだ。そしてトイレのあれは…一生知らない方がいいね(笑)ミス・レモンが一枚の書類の中に3つもミスをして、ポワロさんがビックリする様子が面白かった。今回の犯人はサイコパスで後味悪いけれど、些細な事件の裏に大事件があるという流れは良かったです。また、原題はマザーグースの一節で、ネズミさんが登場するのもそこから。

8/13 名探偵ポワロ第42話「ポワロのクリスマス」

犯人は戻ってきた時にすぐわかるので、トリックを解くのがメインの作品。ポワロさんとジャップ警部のクリスマスの様子が面白い。セントラルヒーティングに釣られて依頼を受けるポワロさんは相変わらず。ジャップ警部からのプレゼントにルンルンしてるのも可愛かった。ラストとの落差が(笑)でも、今回の事件を解決できたのは、ある意味ジャップ警部のおかげ。プレゼントがなければ寒い中、お店に行ったりしなかったもんね~。警部も歌う奥さん一家から逃げられたし、やっぱり二人は親友です。しかし、顔にあざのある女性と犯人の関係は、確証はなかったような…。

8/12「ハロウィン・チェーンソー・キラー ビギニング」

冒頭から素人が撮ったのかという映像で、セリフ回しもなんかだるいし途中でギブアップ。こんなタイトルだけど、チェーンソーもゴア描写もほとんどないです。

8/12「フローズン・ライター」

スランプ中の脚本家が監禁状態で書き上げようと苦悶する作品。現実と虚構が入り混じる作風で、案外引き込まれた。夢オチに身構えつつも、今見ているのは現実なのか、虚構なのか考えながら観られるし、脚本家が劇中劇にどう決着をつけるのか想像するのも楽しい。オチは何段構えにもなっていて、終盤は長時間パソコンで作業(とくに仕事関係で)したことがある人なら、きっと恐怖におののくと思う(笑)ラストも狂った感じで良かったです。

■ Comment

こんばんは☆

>8/22 名探偵ポワロ第42話「ヒッコリー・ロードの殺人」
> 今回はジャップ警部がポワロさん家にお泊り。ポワロさんはどんだけ寒がりなんだ。

ベルギー(ブリュッセル)は ロンドンより寒いのでしょうか?(笑)

>そしてトイレのあれは…一生知らない方がいいね(笑)

ほほほ・・・1930年代にあぁいうモノがあったとは知らなかったので仰天しました。 私もジャップさんなみかも?(笑)

>ミス・レモンが一枚の書類の中に3つもミスをして、ポワロさんがビックリする様子が面白かった。

普段はひとつも間違えないという証明でしたね~! 凄い☆

>今回の犯人はサイコパスで後味悪いけれど、些細な事件の裏に大事件があるという流れは良かったです。

そうですね・・・どんな育ちでも、生まれ持ったモノが良くない人間がいるという事でしょうか? とても悲しかったです。。。

>また、原題はマザーグースの一節で、ネズミさんが登場するのもそこから。

そうでしたか、勉強になりました!


>8/13 名探偵ポワロ第42話「ポワロのクリスマス」
> 犯人は戻ってきた時にすぐわかるので、トリックを解くのがメインの作品。

えぇ~っ! 凄すぎる!!!

>ポワロさんとジャップ警部のクリスマスの様子が面白い。セントラルヒーティングに釣られて依頼を受けるポワロさんは相変わらず。ジャップ警部からのプレゼントにルンルンしてるのも可愛かった。ラストとの落差が(笑)でも、今回の事件を解決できたのは、ある意味ジャップ警部のおかげ。プレゼントがなければ寒い中、お店に行ったりしなかったもんね~。警部も歌う奥さん一家から逃げられたし、やっぱり二人は親友です。

長くなっても犯罪とサイドストーリーと、上手に組み立てて良い作品になっていたように思います☆

>しかし、顔にあざのある女性と犯人の関係は、確証はなかったような…。

確証がない、ってどういう意味でしょうか? 分からないので教えて下さい! 殺された人の子供ではないかもしれないという意味でしょうか? 母子関係は普通ハッキリしていますものね??? 


.
2016/08/24 (Wed) 19:48  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ。ポワロさんが寒がりなのは、筋肉が少ないからですかね~?
私も詳しくは知らなかったので観た後に調べてみたら、18世紀初頭にフランスで誕生したそうです。男性も女性も使うし、足を洗ったりモップを洗ったりペットや赤ちゃんを洗ったりと、衛生観念どうなってんだという感じ…。
いろいろとジャップ警部が可哀想な回でした(笑)

> 普段はひとつも間違えないという証明でしたね~! 凄い☆

ミス・レモンのような優秀な人材を見つけたポワロさんもすごいですね。千人に一人…一万人に一人の逸材かも!

> >8/13 名探偵ポワロ第42話「ポワロのクリスマス」
> 長くなっても犯罪とサイドストーリーと、上手に組み立てて良い作品になっていたように思います☆

ですね~。セントラルヒーティングに釣られてというのがポワロさんらしいし、クリスマスに親族が集まって事件がという流れも王道で安心して観られました。

> 確証がない、ってどういう意味でしょうか? 分からないので教えて下さい! 殺された人の子供ではないかもしれないという意味でしょうか? 母子関係は普通ハッキリしていますものね??? 

なんというか全体的に裏を取らずに動いているように見えました。
警視の母親だと確認しているシーンはなかったですよね?
遺体に面会に来た女性を見かけて、警視がそっくりだと確認したシーンがあるだけで、親子関係やかつてあの女性がどこに住んでいたか、推理を話している時に警視がどこにいるのか、警察が外部の人間に身内の情報を漏らすでしょうか?
確認できたとしても、ジャップ警部の知らないうちに確認したってことで…。そういう描写があった覚えがないので、唐突に感じました。
あと、みんなでぞろぞろお宅訪問という展開もカッコ悪いです(笑)
2016/08/25 (Thu) 08:26  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.