忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

Windows 10 Anniversary Update後の再設定 備忘録

 | PC関係  com(2) 

Windows 10 Anniversary Updateをしたら「インストール後に行ったwindows10の設定 備忘録」で行った設定がところどころ元に戻っていたり、新しい項目が増えていたので、また備忘録を残すことにしました(また思い出したら追記するかもしれません)。
無償アップグレード期限ぎりぎり(実際はまだできるけど)にアップグレードしたサブPCも、一か月後には設定し直さなければならないので。
ちなみに、日本では3日の午前2時から配信が始まって、私は早朝4時頃に目が覚めたので、どうせ回避できないし今やっとくかと思い朝からアップデート。再起動までに20分、それから使えるようになるまで1時間ほどかかりました。マシンスペックにもよるので、2時間くらいの余裕がある時にやった方がいいと思います。
まあ、今は順番待ちになってるみたいですが…。アップグレードから1か月経ってないPCには1か月過ぎないと来ないそうです。

あと、先日書いたメモリ換装もアップデート後に行いました。前から言われてたけどローカルアカウントでもメモリ換装程度ならライセンス大丈夫です。通常電圧のメモリが入ってたPCなのに、届いたのが低電圧で焦ったけど、色々調べてLIFEBOOK ah50/hnで低電圧メモリが使えるとわかってホッとしました。ちゃんと認識してくれたし、メモリチェックでエラーも出なかったし(メモリチェックしようとUSBブートしようとしたらUSBレガシーサポートを切っていたせいで起動メニューにでないというトラブルはあったけど)、お古の4GBはvistaで使えて万々歳です。色々教えて下さったDeka-Eさん、ありがとうございました!

はい、では本題です。基本は前回の備忘録通りで、違う点のみ書いていきます。

1、高速スタートアップの無効化

有効になってると危険だから無効化してるのに、一言もなく有効化されてました。無効にします。

スタートボタンを右クリック→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「電源オプション」→「電源ボタンの動作の選択」→「現在利用可能ではない設定を変更します」→「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外す

2、システムの復元を有効化

これも勝手に無効にされてました。

スタートボタンを右クリック→「システム」→「システムの保護」→保護設定欄のシステムドライブを選択→「構成」→「システムの保護を有効にする」にチェックを入れる。

3、設定の変更

ところどころ勝手に変えられたリ、新しい設定が増えてました。たぶんここら辺を直したはず…。

『システム』
通知とアクション
「アプリの通知を表示する」以外オフ
『プライバシー』
全般
「SmartScreen フィルター~」「webサイトが言語リストに~」以外すべてオフ。
『更新とセキュリティ』

windows update:「詳細オプション」→「windowsの更新時に他のmicrosoft製品の更新プログラムも入手します」にチェック→「更新プログラムの提供方法を選ぶ」で「複数の場所から更新する」をオフに。

「詳細オプション」→「更新プログラムのインストール方法を選ぶ」で「再起動の日時を設定するように通知する」がなくなり、「アクティブ時間の変更」が追加。一日のうち、よく使う時間帯(12時間以内)を設定しておくと、その時間帯にはアップデートを行わなくなります。また、恐らくアップデートの時はデフォルトで「再起動の日時を設定する」ことができるようになった…もしくは、いちいちこの設定画面にある「再起動のオプション」を選んで設定しなければならないか、どっちかだと思う。

4、CCleanerで不必要なアプリのアンインストール

ちょこちょこ増えてます。残したのは、たまにやりたくなるソリティアと、microsoft wifi、アプリインストーラー、アプリコネクター、ストア、フィードバックhub、電卓ですね。
電卓は裏で通信してるというウワサで、フリーソフトのM電卓と入れ替えようかと思ったけどめんどいので。

★スタートメニューにOneDriveの名前が復活したので、以下のフォルダにある残骸を削除。
ユーザー → (ユーザ名) → AppData → Roaming → Microsoft → Windows →スタートメニュー → プログラムのどこかだったような?

5、再コルタナ永眠計画

Creators Updateからフォルダリネーム方式で止めるとスタートメニューが使えなくなる対策が取られたようなので削除しました。

6、回復パーティションの削除

増えてたので片方削除しました。削除しても使えてるけど、回復オプションなど使えなくなるかも?
(追記:2016/09/18)回復オプション使えなくなってました。でもwin10のインストールディスクを作ってあるなら問題ないはず。

コマンドプロンプトを管理者モードで起動→diskpart→list disk→select disk 0(目的のディスク番号を選びます)→list partition→select partition 3(目的のパーティション番号を選びます)→delete partition override

参考にした記事
回復パーティション削除 「Windows10」

7、不要なサービスを停止する

いくつか有効・手動になってました。前回手動にしたのも混じってるかもしれません。あと新しいサービスも追加したみたいです。

タスクバーを右クリック→「タスクマネージャー」→「サービス」→「サービス管理ツールを開く」で以下の項目をひとつづつ右クリック→「プロパティ」→スタートアップの種類を「無効」に→「適用」→「OK」→すべて終わったら再起動。
それぞれの詳細は「Windows 10 で不要なサービスを停止してセキュリティ向上、軽量化」で調べ、自分が使わないサービスのみ停止してください。適当にやると、何かしようと思った時にその機能を使えなくなります。
カッコ内は自分用メモ。何も書いてないのは、通常個人PCでは不要な機能。

改めて停止して、手動か無効にしたもの

    Diagnostic Policy Service(トラブルシューティング関係)
  • Diagnostic Service Host(トラブルシューティング関係)
  • Distributed Link Tracking Client
  • Distributed Transaction Coordinator
  • Geolocation Service(位置情報)
  • HVホストサービス(ホストオペレーティングシステムにパーティションごとのパフォーマンスカウンターを提供するためのHyper-V ハイパーバイザーのインターフェイスを提供します。)
  • Infrared monitor service(範囲内にある他の赤外線デバイスを検出し、ファイル転送アプリケーションを起動します。サービスを停止すると、ファイル転送が作動しなくなります。)
  • Phone Service(デバイスのテレフォニー状態を管理します)
  • Netlogon
  • Network Connection Broker (ストアからの通知)
  • Print Spooler(印刷)
  • Server(サーバ機能、セキュリティ上)
  • Delivery Optimization(Windows Updateのインストール時にインターネットの帯域幅を他のユーザーとシェア)
  • Remote Desktop Configuration
  • Remote Desktop Services
  • Remote Desktop Services UserMode Port Redirector
  • Windows Remote Management

新しく追加されたもので停止、無効か手動にしたもの

  • Connected User Experiences and Telemetry("Diagnostics Tracking Service" の代わりに入れられた自動トラッキング)
  • Connected Devices Platform Service(ネットワーク接続デバイスの自動セットアップ)
  • Contact Date_・・・・・(連絡先のインデックスを作成)
  • Shared PC Account Manager(Manages profiles and accounts on a SharedPC configured device)
  • Windows カメラフレームサーバー(複数のクライアントがカメラデバイスからビデオフレームにアクセスできるようにします。)

新しく追加されたものでレジストリから無効にしたもの

  • CDPUserSvc・・・・・(One Drive関係?)regeditで、CDPUserSvcとCDPUserSVC・・・・・のstartを右クリック、編集で数字を2から4に変更。どこにあるかはregedit内で検索後、次を検索で見つかります。
  • User Date Access・・・・・、User Date Storage・・・・・(One Drive関係?)regeditで以下のstartを4に変更。
    PimIndexMaintenanceSvc、PimIndexMaintenanceSvc・・・・・、UnistoreSvc、UnistoreSvc・・・・・、UserDataSvc、UserDataSvc・・・・・、OneSyncSvc、OneSyncSvc・・・・・
  • ホストの同期_・・・・・(このサービスはメール、連絡先、カレンダー、およびほかのさまざまなユーザーデータを同期します。このサービスが実行中でないときは、メールと、この機能に依存する他のアプリケーションは正しく機能しません。)regeditで、OneSyncSvcとOneSyncSvc・・・・・のスタートを4に変更。

    新しく追加されたもので保留したもの

    • MessagingService_・・・・・(テキストメッセージと関連する機能をサポートしているサービスです。)
    • Storage Tiers Management(システムないのすべての階層型記憶域で、記憶域階層へのデータの配置を最適化します)
    • SynTPEnh Caller Service(タッチパット関連)
    • Windows プッシュ通知システムサービス(このサービスはセッション0で実行し、通知プラットフォームと、デバイスと、WNSサーバー間の接続を処理する接続プロバイダーをホストします。)
    • Windows プッシュ通知ユーザーサービス_・・・・・(このサービスは、ローカル通知とプッシュ通知をサポートするwindows通知プラットフォームをホストします。タイル通知、トースト通知、直接通知がサポートされています。)
    • 埋め込みモード(埋め込みモードサービスでは、バックグラウンドアプリケーションに関連するシナリオを使用できます。このサービスを無効にすると、バックグラウンドアプリケーションがアクティブになりません。)
    • 無線管理サービス(無線管理および機内モードサービス)

■ Comment

そんなことしなくても

こんなに追加されていたのですね。大変勉強になります。
ごくたま~に予期しないエラーの原因がサービスの無効だったりするんで、何を無効にしたか覚えておきたいものですが。

Cortanaはそんな要らない子かな~なんて思いますよ。天気見るときとか使う。 それとアプリも起動できるんですが。https://pbs.twimg.com/media/CqTXHPXUsAAq8hD.jpg 
 CortanaがOFFだと速いですか?
2016/08/20 21:28  Sheephuman

>Sheephumanさん

初めまして、コメントありがとうございます♪
新しく追加されたサービスの一覧は、めっちゃ読み辛くてすみません(汗)
20個くらいですかね。たぶん便利にアプリを使える環境を整えつつ、プライバシー情報をバンバン収集したいんだと思います。

> ごくたま~に予期しないエラーの原因がサービスの無効だったりするんで、何を無効にしたか覚えておきたいものですが。

そうなんですよ。いつも忘れるので、win10にしてからは備忘録として残すことにしました。後で見返すのに便利です。

> Cortanaはそんな要らない子かな~なんて思いますよ。

天気はメールチェックする時に目に入るので、わざわざ調べたことないですね~。アプリもショートカットで済むし、起動終了起動…を何度も繰り返すことがあるので読み上げる方が疲れるかも(笑)

> CortanaがOFFだと速いですか?

ハッキリ実感できるほどではないかもしれないけど、ファンが回る頻度は減りました。ただ、win10はインストール後にしばらく裏で色々やってるので、それが終わったせいかもしれません。
あと、Cortanaさんにいつも見られてる感じから解放されるのが、個人的に大きいです(笑)
2016/08/21 10:31  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.