忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「カリフォルニア」感想

 | 犯罪  com(0) 

カリフォルニア
この映画のヒロインはアデールだと言い張る。
製作:アメリカ’93
原題:KALIFORNIA
監督:ドミニク・セナ
ジャンル:サスペンス/犯罪ドラマ

連続殺人犯についての本を書くため、恋人と各事件現場を訪ねながらカリフォルニアに向かう事にしたブライアン。ガソリン代を浮かすため同乗者を募るが、現れたのは得体の知れない男アーリーとその恋人アデールだった。

まず始めに断っておきますが、この映画をクライムサスペンスだのロードムービーだのと思って観てもガッカリします。これは、いかれた殺人鬼をそうと知らずに愛してしまった、アデールの悲劇の物語なのです。とにかく彼女に感情移入して見守り、彼女のあやうさにハラハラし、純真さに心打たれ、悲劇に涙してください。
ほんと、最後の演出はうるっときますから。
それはもう、キャサリン救出劇なんて記憶から消え去るくらいに…。

B01N4D6TKS カリフォルニア [Blu-ray]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.