忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(4/10~4/24)

 | まとめ感想  com(8) 

企画の記事を昨日更新しようと思ってたら、公開したばかりのカードワースの店シナリオに感想をもらって、ひゃっほ~いな感じでバグ取りしてたら夜になってたという(笑)
でもって、まとめ感想がたまったので先にこっちをアップ。明日こそファミリー映画の記事をアップするぞ!

4/24 名探偵ポワロ26話「二重の手がかり」

今まで解決した事件で、夫に殺された妻より妻に殺された夫の方が圧倒的に多いから結婚なんてと言ったそばから一目惚れ。ジャップ警部のクビがかかっているのに、事件そっちのけでデートを楽しむポワロさんが見られます。そんな彼に代わり、捜査に乗り出すヘイスとミス・レモンの友情が素敵。ヘイスもだいぶ灰色の脳細胞が鍛えられてるかも…。「お互い同じ国で仕事をするのはやめましょう」のセリフが切なかったです。しかし、以前のサブタイ「二重の罪」はマジで変えるべき。

4/21「ゲットバック(2012)」

初見なのに既視感があるニコラスケイジらしい作品?まあまあ楽しめたが、FBIに若干イラッとさせられた。脚を撃ったらDNAが残るし、気絶させた方がよかったような。金の強奪方法はちょっと面白かった。

4/18「フィラデルフィア・エクスペリメント(1984)」

タイムスリップのシーンに時代を感じるSF作品。意外と面白かったものの、諸悪の根源である博士が「(実験の犠牲になった)君のことを忘れたことはない」とか言ってるくせに、連れてきてくれと命令する時に”生きたまま丁重に”と言わないんですよね。そのせいで主人公は殺されかけるし、逃亡劇の犠牲者もたくさん出て面白さも半減。いろんな意味で諸悪の根源でした。

4/16 名探偵ポワロ25話「マースドン荘の惨劇」

殺人事件の捜査依頼だと思ったら…な展開と、蝋人形館であるものを見つけた時&ヘイスたちに無視されてスネるポワロさんの様子などは面白かったけど、対照的に事件は冷酷。ラストの「あなたの…?フッ、フフフッ」という犯人の冷笑が怖すぎる…!自白が決め手なのと、再見で真相を覚えていたのもあり微妙な印象。あと、戦争ムード漂うガスマスクを使った防衛訓練は「太陽に灼かれて」を思い出した。

4/10「ワールド・ウォー Z」

これは6話以上の連続ドラマの方が面白くなった気が…。断片的な情報からひねり出した対処法は新しかったし、ゾンビタワーも面白かったけど、テンポが速すぎて内容が薄い。主人公がピンチになっても強運ですんなり乗り切っちゃうからなぁ。ゾンビ化するかもしれないと迷わず自殺準備するところで少しウルッときたのと、「人間を救えばそれだけゾンビが減る」にはなるほどと思った。

■ Comment

こんにちは☆

>公開したばかりのカードワースの店シナリオに感想をもらって、

以前も思ったのですが、私も見るだけとかできるのでしょうか?
ゲーム?に参加しないといけないのでしょうか???

>4/24 名探偵ポワロ26話「二重の手がかり」
>今 まで解決した事件で、夫に殺された妻より妻に殺された夫の方が圧倒的に多いから結婚なんてと言ったそばから一目惚れ。ジャップ警部のクビがかかっているの に、事件そっちのけでデートを楽しむポワロさんが見られます。そんな彼に代わり、捜査に乗り出すヘイスとミス・レモンの友情が素敵。ヘイスもだいぶ灰色の 脳細胞が鍛えられてるかも…。「お互い同じ国で仕事をするのはやめましょう」のセリフが切なかったです。しかし、以前のサブタイ「二重の罪」はマジで変え るべき。

あの探偵コンビは見モノでしたね~笑。
「二重の罪」ってあの作品ですよね~イミフでしたね・笑。

この作品ではポワロさんは「やってはいけない事」をしましたが、ポワロさんも人間だと知り、恋をしている姿はそれこそ見モノでした。 もうちょっとでジャップさんがえらいことになったので、やっぱフクザツですが、悪い女に惹かれるのよね~仕方ないか!

>4/18「フィラデルフィア・エクスペリメント(1984)」
>タ イムスリップのシーンに時代を感じるSF作品。意外と面白かったものの、諸悪の根源である博士が「(実験の犠牲になった)君のことを忘れたことはない」と か言ってるくせに、連れてきてくれと命令する時に”生きたまま丁重に”と言わないんですよね。そのせいで主人公は殺されかけるし、逃亡劇の犠牲者もたくさ ん出て面白さも半減。いろんな意味で諸悪の根源でした。

けっこうカルト人気作品だったようですね、ちょっと前までは。
今はあちこちでオンエアするので、私も数回見ましたが、
カルト的に好きだったのではないので詳細はボヤ~っと(笑)。 
たしかにその人は良くなかったです。

>4/16 名探偵ポワロ25話「マースドン荘の惨劇」

あの犯人はもはや人間ではないと思います! 
それなのに馬鹿な男は分かんないんですよね~笑。

>4/10「ワールド・ウォー Z」
>こ れは6話以上の連続ドラマの方が面白くなった気が…。断片的な情報からひねり出した対処法は新しかったし、ゾンビタワーも面白かったけど、テンポが速すぎ て内容が薄い。主人公がピンチになっても強運ですんなり乗り切っちゃうからなぁ。ゾンビ化するかもしれないと迷わず自殺準備するところで少しウルッときた のと、「人間を救えばそれだけゾンビが減る」にはなるほどと思った。

私はあまりゾンビと言うモノを見たことがないので(初めてではないと思いますが?)けっこう面白かったです。
それと、この映画は数回予告編を見ているので、オンエアに飛びつきました。

長いお話で続きがあるらしいけど、製作されても見ないと思います・・・主人公たちだけが助かるのがどうもね~。 でもあのワクチンは良いと思いましたし、避けられる人たちの意味が早くから分かってしまったのでちょっと切なかったです。 まぁ普通でした。


.
2016/04/25 (Mon) 13:50  miri〔編集〕  

>miriさん

> 以前も思ったのですが、私も見るだけとかできるのでしょうか?

ありがとうございます♪
ちょっと面倒ですが、カードワース本体(フリーソフト)と店シナリオをそれぞれダウンロードして、キャラクターを適当に1人登録して、そのキャラクターで店シナリオを選択するとどんな感じか見られますよ。
http://cardwirth.net/guide/guide01.php
このページの下の方に本体のダウンロードページへのリンクが。次のページでゲームの始め方やキャラメイク(全部”AUTO”で作成できます)、その次のページでシナリオの遊び方を画像つきで説明してます。
私のシナリオは「猫と魔法の飴玉店」で検索すれば出てくるので、DLして解凍しての『CardWirth』フォルダの『scenario』フォルダに入れておいて下さい。
まあ、できることと言ったら店員さんとお話したり、スキルカードの説明が読めるくらいなので、無理はしなくていいですからね~(汗)

> あの探偵コンビは見モノでしたね~笑。

めったに見られない初々しい探偵コンビでしたね!
せっかくのポワロさんのロマンスなのに「二重の罪」と似たタイトルというのが気に喰わないです。

> この作品ではポワロさんは「やってはいけない事」をしましたが、ポワロさんも人間だと知り、恋をしている姿はそれこそ見モノでした。 もうちょっとでジャップさんがえらいことになったので、やっぱフクザツですが、悪い女に惹かれるのよね~仕方ないか!

そうなんですよね~、恋するポワロが憎めないです。一生の恋には、友情も霞んでしまうようですね(ちゃんと助けはしたけど)

> 今はあちこちでオンエアするので、私も数回見ましたが、
> カルト的に好きだったのではないので詳細はボヤ~っと(笑)。 

miriさんもご覧になってましたか。意識しなくてもちょくちょく目に触れる作品ってありますよね。そうか、カルト作品だったのか。
あの博士のせいで亡くなった人が何人いたのやら、という感じでした。

> あの犯人はもはや人間ではないと思います! 
> それなのに馬鹿な男は分かんないんですよね~笑。

ですね~、内面が外見に表れたら、彼女は悪魔のような姿をしているでしょう!

> 主人公たちだけが助かるのがどうもね~。 でもあのワクチンは良いと思いましたし、避けられる人たちの意味が早くから分かってしまったのでちょっと切なかったです。 まぁ普通でした。

グロ描写は少なめだったので、ゾンビものが苦手でも観やすい作品だったかも。主人公があまりにも強運なのをどうにかしてくれれば、もう少し見応えあったと思いますが。
主人公の周りで人が死にまくっていて、家族が無事だったのは彼と離れていたからでは?という感想を見かけて納得してしまいました。周りの運を奪ってるのか(笑)
避けられる人たちの意味にすぐ気付けたとはさすがですね。ゾンビもののなかでも珍しいパターンでした。
2016/04/25 (Mon) 15:23  宵乃〔編集〕  

Z

Zはゾンビのことだったのかーと。
あんまりおもしろくはなかった記憶です。

これだったら今公開中の「アイアムアヒーロー」のほうが断然おもしろいし、怖さもありますね。日本映画も負けちゃいないなと思ってものでした。
2016/04/26 (Tue) 06:58  ボー編集〕  

>ボーさん

> Zはゾンビのことだったのかーと。
> あんまりおもしろくはなかった記憶です。

かなりすっとばしてましたもんね~。もっとじっくり描ける連ドラなら、主人公がピンチを乗り越える過程も”強運”じゃなく知恵と勇気で…なものになっていたかもしれません。

> これだったら今公開中の「アイアムアヒーロー」のほうが断然おもしろいし、怖さもありますね。日本映画も負けちゃいないなと思ってものでした。

タイトルからアメコミかと思ったら邦画なんですね。新作映画の情報に疎くて(汗)
怖さもあるヒーローものですか。結構面白そうです。機会があったら見てみますね!
2016/04/26 (Tue) 07:27  宵乃〔編集〕  

こんにちわ☆

【ワールド・ウォーZ】
確かに、ドラマ仕立てにした方がよかったかもですね!
CGは凄かったですねぇ。壁のぼりのシーンや飛行機中のシーン。
ドギマギする場面が多かったです。

ブラピの強運が羨ましい・・・・。

ボーさんと同意見♪
【アイアムアヒーロー】はなかなかGOODでした。
ただ、ハリウッド映画に比べると若干邦画はテンポ感が鈍いトコロがありますよね。
でも最近の邦画は面白いものが多いです!(=゚ω゚)
2016/04/26 (Tue) 13:34  mia☆mia  

>mia☆miaさん

いらっしゃいませ。
そうそう、壁のぼりや飛行機のシーンなど、CGも頑張ってました。このクオリティで連続ドラマをやってくれたら、絶対毎週観ちゃいます♪

> 【アイアムアヒーロー】はなかなかGOODでした。
> ただ、ハリウッド映画に比べると若干邦画はテンポ感が鈍いトコロがありますよね。
> でも最近の邦画は面白いものが多いです!(=゚ω゚)

お、mia☆miaさんもお気に入りですか。ますます興味深いです!
最近、あまり邦画を観なくなったので、新作情報もスルーしてたんですよ。
面白い邦画が増えて、日本の映画界も元気になってくれると嬉しいですね。
2016/04/27 (Wed) 07:35  宵乃〔編集〕  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/28 (Thu) 20:57    

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/29 (Fri) 11:38    
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ワールド・ウォーZ
ワールド・ウォーZ [DVD](2013/12/20)ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス 他商品詳細を見る 【WORLD WAR Z】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 その日、ジェリー(ブラッド・ピット)と妻、2人の娘を載せた車は渋滞にはま っていた。一向に動かない車列に、これがいつもの交通渋滞でないことに 気付くが、次の瞬間、背後から猛スピードで暴走するトラックが迫...
miaのmovie★DIARY|2016-04-26 13:29
「ワールド・ウォー Z」
「世界大戦Z」っていう意味のタイトルだから、予告編を見たときには、最終的な大戦かと思ったよね。
或る日の出来事|2016-04-26 06:53
.