忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(2/18~2/21)

 | まとめ感想  com(8) 

「冬の猿」「不機嫌なママにメルシィ!」「ポーキーズ」「ブルー・ストリーク」「スター・トレック(2009)」「ロックアウト(2012)」の一言映画感想です。

2/21「冬の猿」

なんだこのタイトル?と思って見てみたら、なんだこの映画?になりました(汗)元アル中が第二次世界大戦の終わりに、もし生き残ったら一生酒は飲まないと奥さんに誓って数年、彼の経営するホテルに昔の自分みたいな酒飲み男が現れて…というお話。後半で禁酒の誓いを破って酒飲み男とバカ騒ぎをし、さんざん町を騒がせたのに翌朝には何もなかったように酒飲み男は寄宿舎から娘を連れて帰り、元アル中は墓参りに出掛ける…。何が言いたかったんだろう?酔っ払い嫌いの私には嫌悪感しかなかった。

2/20「不機嫌なママにメルシィ!」

LGBTは複雑だよね。体と心、恋愛対象の性が人によって全然違うから、それぞれ違う悩みを持ってるし一括りに同性愛者と思われるのも辛い。脚本・監督・主演は主人公のギヨームさん本人で、彼が自分自身を見つけるまでの悩みや母への尊敬と深い愛が描かれてます。俳優としての基礎が出来上がるまでの過程でもあり、短い作品ながら内容は濃かったです。

2/20「ポーキーズ」

エロと粋がることしか頭にない高校生6人のおバカ青春コメディ。おバカなノリが楽しいし、不良少年とユダヤ人少年が拳を交えて認め合う展開は感動しました。不良少年は自分が軽蔑する父親と同じになりかけてると気付いたんだろうね…。でも、ラストの建物倒壊はやりすぎ。あの場は丸く収まったけど、結局バレないように殺れば問題ないって考えそう…。

2/18「ブルー・ストリーク」

ビバリーヒルズ・コップ」にかなり影響を受けてそうなコメディ作品。泥棒が警官に化けて警察署に潜入し、なんやかんや手柄を立てまくってしまう展開が楽しいです。警部や相棒が主人公に入れ込んでノリノリなんだけど、ただのお馬鹿さんじゃないところもgood。ふざけているようで友達の死のことは忘れてない主人公もいい。けど、最近こういうアクションコメディは見てて疲れてしまうのよね。年か…。

2016/4/4「スター・トレック(2009)」

まったく頭に入ってこなかった…。いきなり未来からとか言われて納得するの早すぎな気が。主人公に魅力を感じなかったし、スポックが彼女と惹かれ合う過程をすっ飛ばしすぎててついていけなかった。

2016/4/1「ロックアウト(2012)」

序盤のCGがひどいし、凶悪犯をコールドスリープで収監ってのが意味不明だった(更生させる努力もせず刑期終えたら放り出すのか!?)し、その他ツッコミどころ満載だったけど、B級アクション映画として楽しめた。大統領の娘が途中で黒髪ベリーショートになるのもいい!あの大気圏突入できるスーツいいなぁ。近未来SFなのに現実的なトリックなのも逆に新鮮。キスで終わらないのもよかった。

■ Comment

こ、この映画・・・!!

宵乃さん、こんばんは^^

いつもいつも宵乃さんの記事を読ませていただいているのですが、コメントをなかなか書き込めなくてゴメンナサイ!

本当は、電車の中で今年一番必死に笑いをこらえたのが「落雁」の記事だったり(youtubeの"はじめしゃちょー"みたい!と思って笑)、「雨に唄えば」とか「知りすぎていた男」とか、もう書きたい気持ち満載すぎて。。。

スミマセン、でも「ロックアウト」!ちょっと私、この映画とーっても好きだったので、今オフロに入る前にコメント残させていただきます(笑)!

ペラッペラのCGの酷さもB級映画のアルアル感丸出しのこの映画、ホント憎めなかったです。私はガイ・ピアースって、けっこうシリアス路線しか見たことがなかったので
この映画を観て彼への印象がガラリと変わりました(良い意味で♪)

ちょうど再見したところだったので、またあとでゆっくり記事を書きなおしたいと思います。宵乃さんのロックアップのイラストを見たかったですー!!!
2016/04/11 19:45  はなまるこ〔編集

>はなまるこさん

> いつもいつも宵乃さんの記事を読ませていただいているのですが、コメントをなかなか書き込めなくてゴメンナサイ!

いえいえ、読んでもらえるだけで嬉しいです。「落雁」の記事も楽しんでいただけましたか(笑)
それにしても「ロックアウト」にコメント頂けるとは思いませんでした。楽しめたんだけど、観ている人は少ないかなぁと思って記事にしなかったんですよ。失敗した!

> ペラッペラのCGの酷さもB級映画のアルアル感丸出しのこの映画、ホント憎めなかったです。私はガイ・ピアースって、けっこうシリアス路線しか見たことがなかったので
> この映画を観て彼への印象がガラリと変わりました(良い意味で♪)

そうそう、ツッコミどころがあっても憎めないんですよね。ガイ・ピアース演じる飄々とした主人公も魅力的でした。こういう役も良かったです♪

> ちょうど再見したところだったので、またあとでゆっくり記事を書きなおしたいと思います。宵乃さんのロックアップのイラストを見たかったですー!!!

お、再見されたんですね!
いつか私も再見した時に、きちんと記事にしたいと思います。
コメントありがとうございました!
2016/04/12 07:31  宵乃〔編集

こんばんは。

「スタートレック」2009年版

 最初、リメイクかと思っていたのですが、最新の事件にも関わらずリプートのような形をとっていて面白かったです。
ただ、いつもの【一言いいたいコーナー】が【一言ではすまないコーナー】になるくらいツッコミどころ満載な作品でした。(^^;
艦長、すぐに現場放棄するんじゃなーい!とかね。
でも「宇宙大作戦」の懐かしい音楽やナレーションはとても嬉しかった作品でした。

「ロックアウト」

アクションシーンはいろいろと工夫もあってよかったですね。
ただ、こちらもツッコミどころ満載で、ちょっといろいろと詰め込み過ぎた結果、中途半端になったのかもしれませんね。
「ニューヨーク1997」を思い出す作品でした。

両方共トラックバックさせて頂きました。
2016/04/12 19:45  白くじら編集

>白くじらさん

いらっしゃいませ!
「スタトレ」はほとんど観たことがないですが、パラレルワールドを描いているのかなと思ってました。
あまりドラマとか整合性は気にせず、派手にカッコよくやってればいいという感じでしょうか。
ホント、彼に艦長はまだ早い気がしました。

> でも「宇宙大作戦」の懐かしい音楽やナレーションはとても嬉しかった作品でした。

多少なりとも元ネタが分かると楽しめる度合いが変わる作品でしょうね。懐かしい雰囲気は少し感じられました。

> ちょっといろいろと詰め込み過ぎた結果、中途半端になったのかもしれませんね。
> 「ニューヨーク1997」を思い出す作品でした。

「ロックアウト」は愛すべきバカ映画の類が好きな人にはたまらないです。
ダメなところも可愛く思えてくるんですよね~(笑)
残念ながら「ニューヨーク1997」は未見です(続編は観たんですが…)
コメント&TBありがとうございました♪
2016/04/13 08:01  宵乃〔編集

こんにちは☆

カードワース・・・頑張って下さいませ!!!

>4/4「スター・トレック(2009)」

けっこう面白かったですが、この監督は何を撮っても同じ?とか思いました(笑)。 たしかに彼女とスポックの気持ちの触れあいの過程は分からなかったですネ! ・・・まぁ普通に良かったけど、全体的に「アメリカのおごり」を感じました(笑)。

2016/04/10 13:44
2018/02/15 13:14  miri

>miriさん

> カードワース・・・頑張って下さいませ!!!

ハイ、がんばります!

> 4/4「スター・トレック(2009)」
> 普通に良かったけど、全体的に「アメリカのおごり」を感じました(笑)。

この監督の作品を調べてみたら、コレとM:I:IIIしか知らないや。しかも、まったく覚えてないです。
私には合わないようで、面白さが分かりませんでした。異星人と割と仲良くやってる世界を描いているのに、アメリカのおごりが出るなんてよっぽどですよね。
コメントありがとうございました。

2016/04/11 07:06
2018/02/15 13:17  宵乃〔編集

こんにちは☆

>2/21「冬の猿」
>なんだこのタイトル?と思って見てみたら、なんだこの映画?になりました(汗)

1年半前に見たので詳細は分からないけど、大まかにはけっこう覚えています。
脚本がいまいちで、ちょっと分かりにくい作品でしたね~!

>後半で禁酒の誓いを破って酒飲み男とバカ騒ぎをし、さんざん町を騒がせたのに翌朝には何もなかったように酒飲み男は寄宿舎から娘を連れて帰り、元アル中は墓参りに出掛ける…。何が言いたかったんだろう?

私なりに、この映画の作られた頃のフランスにはこういう人たちが多かったように思い、きっとそういう人たちの共感は得られたように思い、この監督ですしね、女性には分かりにくい男性の映画のようにも思いました。

ギャバンが良かったです。

>酔っ払い嫌いの私には嫌悪感しかなかった。

私も酔っ払った人は嫌いですけど、たまに自分もなるけど(笑)
この映画には(そのシーン以外を思うと)そういう感じは受けなかったです。


.
2018/02/22 11:11  miri編集

>miriさん

いらっしゃいませ、1年以上前にご覧になってましたか。
私はギャバンの酔っ払い描写が出た瞬間からドン引きだったので、脚本の良し悪しすらわかってないかもしれません。内容がわかり始めたのが、ちゃんと禁酒してるとわかったところからなので(汗)

> この映画の作られた頃のフランスにはこういう人たちが多かったように思い、きっとそういう人たちの共感は得られた

そうなんでしょうね~。他作品に出てくるような酒に溺れる帰還兵などの描写を思い出しました。だからこそ「1回だけ飲んで、そこでスパッとやめられるわけないじゃん」という思いもあり…。

> この映画には(そのシーン以外を思うと)そういう感じは受けなかったです。

ずっと、悪魔の甘い誘惑!堕落するのかしないのか!?という目で見てしまいました(汗)
miriさんの言う”そのシーン以外”が何を指すのかもわかりません…。私みたいなタイプは酔っ払いが出てきた時点で切るべきだったかも?
コメントありがとうございました。
2018/02/22 12:52  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

ロックアウト
実は名探偵な大統領の娘さん! 公開年2012年Lockout制作国フランス監督スティーヴン・セイント・レジャー、ジェームズ・マザー原案制作リュック・ベッソン、マルク・リベール、ライラ・スミス制作総指揮脚本スティーヴン・セイント・レジャー、ジェームズ・マザー、リュッ…
MOVIE-DIC|2016-04-12 19:33
スター・トレック (2009年版)
宇宙…そこは最後のフロンティア 2009年(Star Trek)製作国:アメリカ監督:J・J・エイブラムス原作:製作:J・J・エイブラムス、デイモン・リンデロフ製作総指揮:ブライアン・バーク、ジェフリー・チャーノフ、ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン脚本:アレック…
MOVIE-DIC|2016-04-12 19:27
.