忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「カリートの道(かりーとのみち)」観た

 | 犯罪ドラマ  com(2) 

カリートの道
原題:CARLITO'S WAY
製作:アメリカ’93 145分
監督:ブライアン・デ・パルマ
原作:エドウィン・トレス
ジャンル:★ドラマ/犯罪

【あらすじ】かつて街を牛耳り麻薬の帝王として君臨したカリート。だが、出所した彼を待っていたのは仁義もへったくれもない変わり果てた街だった。待っていてくれた恋人と第二の人生を送るため資金を集め始めるも、彼にはどうしても返さなければいけない1つの“借り”があり……。

後半の緊張感あふれる地下鉄での追いかけっこが良かったです。それまで足を洗ってやり直したいと彼なりに頑張ってるのを見てるから、どうしても切り抜けたいという必死な気持ちが伝わってきます。
冒頭でどうなるかわかってるし、途中でその冒頭に繋げるための伏線がわかりやす~く提示されてるから先は読めるんですよね。でも、彼自身きっとそれをわかってて、それでも諦めきれない…。その足掻きが涙腺を刺激してきました。

最期に彼の目に映るのが、ポスターに描かれる夢の場所で、それが彼女と生まれてくる子ども(?)が楽しくダンスしている様子になっていくエンディングが素晴らしかったです。
このアル・パチーノはイケメンでしたね。ダメなところもあるけど、友情とか義理に厚くて。ヒロインとのロマンスも引き込まれます。彼を誘惑するエピソードが可愛い!

友人だった悪徳弁護士はどんどんヤバくなってくるけど、まあ殺される未来しか見えない状況なら薬物のとりこになってしまうのは当然かも。元々流されやすいタイプに見えたし。…しかし裏切りは許せん。
カリートも過去の栄光を引きずって変なプライドを見せなければハッピーエンドだったんだろうに、そうできないのはやはり彼の生き方が、これまで犯した数々の罪がそうさせなかったんでしょうね。
破滅を予感しながらも彼を愛し続けたヒロインが切なかったです。

関連記事
「ファントム・オブ・パラダイス」観た

■ Comment

こんにちは☆

5年以上前に見たのでもう詳細は分かりませんが
とても良かった印象が強く、このタイトルを見聞きすると
良い映画だったなあと思います。

宵乃さんの記事の内容が、
自分の感想文とおおむね似ていると思うので嬉しいです☆

イラストも全く覚えていませんが、あたたかい色使いで
良い感じですね!
もしいつか再見することがあったら、
このイラストの部分をよく見たいと思います☆

>冒頭でどうなるかわかってるし、

これはそう思ったことを記憶しています。

>ポスターに描かれる夢の場所で、

これがイラストの部分なのですね?

>このアル・パチーノはイケメンでしたね。

同じ年代頃の彼の他の映画では感じなかった良さがありました。

>…しかし裏切りは許せん。

可哀想だったにゃとなっているのは、そういう意味だと思います。

>破滅を予感しながらも彼を愛し続けたヒロインが切なかったです。

感想文で特に思うのがここですね、やはり女性目線で見ますので・・・。

DVDにしてあるので再見したい感じになってきましたよ~!
いずれ、いつか・・・。


.
2018/11/16 12:45  miri編集

>miriさん

いらっしゃいませ、miriさんもお好きな作品だったんですね!
アル・パチーノ主演だから、見ていたとしてもあまりお好きではないかも…と思ってました。しかも同じような感想を持たれたようで、こうしてお話しできて嬉しいです♪

> イラストも全く覚えていませんが、あたたかい色使いで
> 良い感じですね!

ありがとうございます。確か序盤にポスターを目にしたところから回想(本編)が始まって、最後に再びポスターが映されて…というエンディングでした。彼がポスターの場所に抱く想いを知った上で見ると、同じポスターでも切なくて切なくて…。再見されたらぜひじっくりご覧ください。

> 同じ年代頃の彼の他の映画では感じなかった良さがありました。

実は見ている間、アル・パチーノだと気付かなかったんですよね。見たことある顔だなー、誰だっけなーと悩みながら見てました(汗)
いつもとは違う魅力を発揮してたんですね!

> 可哀想だったにゃとなっているのは、そういう意味だと思います。

みるみる壊れていってしまって…。裏切り者だけど、哀れでしたね。

> 感想文で特に思うのがここですね、やはり女性目線で見ますので・・・。

自分が望む幸せはつかめないとわかっていても、彼への愛を止められないところがホントもう…愛でした。せめてイラストのように子供と幸せになってほしいです。
2018/11/17 09:48  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

.