忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「見知らぬ医師」観ました

見知らぬ医師
原題:WAKOLDA
製作:アルゼンチン/フランス/スペイン/ノルウェー’2013
監督:ルシア・プエンソ
ジャンル:サスペンス/ホラー

【あらすじ】1960年代のアルゼンチン、パタゴニア。自然に囲まれた町で民宿を営むことになった夫婦は、最初の客としてとあるドイツ人医師を迎え入れる。彼は、実年齢よりも幼く見える12歳の娘リリスに興味を示し、彼女も彼を信頼するようになっていくが…。

<ネタバレあり>
ミステリーではないけど、ミステリアスな雰囲気のある作品でした。
まあ、ナチスに詳しい人なら早い段階で医師の正体はわかるんだろうけど、最初から最後までとある少女の目線で描かれているので、彼が何をした人間なのか詳しいことは描かれず「本当はとても怖いおじさんだった」という曖昧な不気味さだけが漂ってきます。
彼が言葉巧みにその家族に近づいていく姿に、何か恐ろしいことが起きるのではないかとハラハラしながら見てました。

ホラー的な描写はないのだけど、”少女や胎児を実験体としか見てない”という静かな狂気に、背筋が寒くなってきます。彼の手帳に描かれた詳細なスケッチやメモからも、”実験体”が自分と同じ人間であるということを一切意識してないのが伝わってくるんですよね。
そんな彼に丸め込まれ、良かれと思って自ら”実験体”になってしまう母娘が危なっかしい。
それと比べると父親はかなり冷静で警戒しているものの、やはり長年の夢に出資してくれるとなると油断してしまいます。…その金がどこからきたものなのか、考えもしなかったでしょう。

その父親の夢というのが人形の大量生産で、機械的に作られていく人形のパーツを満足げに眺める医師のシーンは、上手い暗喩だったと思います。「人形は全て同じにした方がいい」と彼を説得していたのも印象的でした。
実は、原題のワコルダはリリスのお気に入りの人形の名前で、彼女と医師の出会いも人形を拾ったのがきっかけ。
その人形は胸に心臓のからくりが埋め込まれた父親のオリジナル作品で、彼女は他と違うからその人形を選んだと言います。成長が遅れていて背が低い自分と同じだから。
だからこそ、それを治療してくれる”先生”を慕って信じてしまうんですよね…。
彼に限らず、悪意を持つ者はこうやって簡単に忍び寄ってくるのかもしれません。

淡々としながらも、じわじわと恐怖が迫ってくるのは、これが実話に基づいているからでしょうか。実際に逃亡中に実験をしていたかはわかりませんが、正体を隠してアルゼンチン人の一家と暮らしていたというのは事実だそうです。
鑑賞後、死の天使と呼ばれたナチス将校ヨーゼフ・メンゲレについて調べると、もっと恐ろしくなるかも。

■ Comment

こんばんは

みぎて固定ギプス&針縫いのため
たんぶんでしつれい; ひだりてでうってます

メンゲレは有名だけれど、そのたたくさんのナチス医師たちが亡命・逃亡した事実にはかわりなく、
実際にアーリア人的ようぼうのものばかりが村でうまれたとか、そういうのを聞くと、まさかとおもっておそろしくなりますね
双子実験は有名ですけどやはり人間道徳よりもちてきこうきしんがまさったのでしょうね
2015/10/29 (Thu) 18:02  maki編集〕  

>makiさん

> みぎて固定ギプス&針縫いのため
> たんぶんでしつれい; ひだりてでうってます

うわー!!!大丈夫ですか!?
縫うほどの小指の怪我って、想像しただけで痛々しい…。
痛い時は安静にして、しっかり治して下さいね。
早く治るように祈ってます!

>そのたたくさんのナチス医師たちが亡命・逃亡した

彼以外にもたくさんのナチス医師が逃亡していたんですか…。こんな殺人鬼と変わらない人間が逃亡したなんて聞いたら、よそ者に優しくなんかできないかも。色々な噂があるのも、彼がそれだけ注目されていたということでしょうね。
科学の発展には、この手の一つのことに没頭してしまうタイプの人間が必要ではあるけど、好奇心と承認欲求がどちらも強いと化け物になってしまうのかもしれません。

手を怪我されているのにもかかわらず、コメントありがとうございました!
2015/10/30 (Fri) 10:42  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
見知らぬ医師
【概略】 1960年。パタゴニアにひとりのドイツ人医師が訪れ、ある家族のロッジに逗留する。ある時、彼は発育不良の少女・リリスに関心を示し始め…。 サスペンス ユダヤ人に人体実験を施していたナチス将校“死の天使"ヨーゼフ・メンゲレの実話をもとにしたサスペンス。実際に彼はナチス・ハンターの追っ手を巧みにかわし、戦後35年も南米で生き延びてその間も妊婦や双子で実験して...
いやいやえん|2015-10-29 17:56
.