忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(5/18~5/30)

 | まとめ感想  com(4) 

手付かずだったスマホのテンプレートを別のに変えて最適化しました。色々削ったから軽めになってると思う。
あと、広告の規約がいつの間にか変わったらしく、ヘッダーとフッターにある広告を一番下に移動、とかやると規約違反になります。昔テンプレをいじった人は気をつけた方がいいですよ~。オーバーレイ広告(%ad_overlay)は必須じゃないので消しても大丈夫。…突然の規約変更が怖いけど(せめてアナウンスしてほしい!)

5/30 ハリウッド白熱教室「第5回 音響効果 世界は音でできている」

普段、周りがうるさくてあんまり音が聞こえないんですよね。どちらかというとBGMは少ない方が好きだし。でも、「サウンド・オブ・ミュージック」の導入を改めて観てみるとすごかった。

5/29 ジェシカおばさんの事件簿「停電は殺しのチャンス」

「女性は捜査には向いてない」と言い切る刑事さんにジェシカさんキレる(笑)最終的には刑事さんも態度を改めるんだけど、推理を”勘”というところが…。次からラストシーズンか~。

5/26「MONDAY マンデイ」

GyaOで観賞。堤真一さん主演のブラックコメディ。「ハングオーバー」的な展開かと思いきや「タクシードライバー」で、最終的にひねりすぎてよくわからなくなった感じ。テンポが遅いものの途中までは結構面白かった。

5/25「ミス・マープル パディントン発4時50分」

再放送のおかげで記録を残してなかった最後の作品を再見。あとは見逃した1作だけ!事件より、潜入捜査をするルーシーちゃんを巡る恋模様の方が印象に残るかも。短時間で結論を出す必要はなかったと思うけどね。殺人事件にテンション上がっちゃう子供たちとの交流が微笑ましかった。

5/24「アンジェラ」

意外と暴力的なんだけども、優しさを感じる作品。とくに鏡に向かって自分と向き合うくだりがいい。でも、ラストはいまいちパッとしない。個人的には、彼女はアンドレが幼い頃に亡くした母親の魂とかで、ラストはきちんとお別れして欲しかったかな。

5/24 ハリウッド白熱教室「第4回 編集 時間と空間の魔術」

先生の「そこまで頭は悪くないはずなのに、何を言ってるか全く理解できない!という作品あるだろう?」という言葉にうんうん頷いてしまった(笑)同じフィルムを、それぞれ別の人が編集した作品を見比べる授業とかあったら面白そうだな。

5/22「エアポート’05」

「エアポート・シリーズ」とは無関係だけど、明らかに意識してる(笑)B級作品としてはまあ暇つぶしにはなるかな。

5/20「狩人の夜」

ところどころグッとくるシーンはあるけども、全体的に話運びが雑で入り込めなかった。長年虐待されてたわけでもなく、衣食住の安定した環境にいる子供が、「腕をへし折るぞ」と脅してきた怖いおじさんが迎えに来て喜んで飛びつくとか無理があると思う。デフォルメされた愚かな人々の描写の不愉快さの方が印象に残った。

5/19「荒野のストレンジャー」

傍若無人な主人公が、めっちゃ強いくせにトリッキーでイカレタ方法で復讐していく感じの作品。もやっとした終わり方で、結局この主人公はこの町の過去を知ってたのか?と思って調べたら、ある人物の弟のつもりで撮ったらしい。異色西部劇ですね。

5/18「早春物語」

この女めんどくせぇ~!会社を突き止めて訪ねてきた時点でどん引きですわ。私とは思考回路がまるで違うので共感できないし、相手のおっさんの魅力もわからなかった。この時代の空気を知ってる人じゃないと楽しめない気がする。

■ Comment

こんにちは☆

>5/30 ハリウッド白熱教室「第5回 音響効果 世界は音でできている」
>でも、「サウンド・オブ・ミュージック」の導入を改めて観てみるとすごかった。

あの人間で重ねてゆく音のモンタージュは素敵でしたし、その後見るあの導入部は、本当に凄い!ってしみじみ思いますよね~♪

>5/24「アンジェラ」
>意外と暴力的なんだけども、

そうなんですよ~普段なら嫌いなんですけどね(笑)。

>優しさを感じる作品。とくに鏡に向かって自分と向き合うくだりがいい。

そう書いて頂いて嬉しいです!

>でも、ラストはいまいちパッとしない。個人的には、彼女はアンドレが幼い頃に亡くした母親の魂とかで、ラストはきちんとお別れして欲しかったかな。

ラストを嫌いな人が多いようです(笑)。 宵乃さんの仰るすじが、正しくてキレイだとは思うのですけど、あのみっともない成り行き(お別れしない事も含めて)が今回は良いように思いました☆

>5/24 ハリウッド白熱教室「第4回 編集 時間と空間の魔術」
> 先生の「そこまで頭は悪くないはずなのに、何を言ってるか全く理解できない!という作品あるだろう?」という言葉にうんうん頷いてしまった(笑)

うんうんと頷く貴女が見えるような気がします(笑)。

>同じフィルムを、それぞれ別の人が編集した作品を見比べる授業とかあったら面白そうだな。

きっと本当の授業ならあるのでしょうけど(15週間ですからね~笑)5回ではね(笑)。 また別の切り口でやってほしいです!

なお、次回からの「宇宙白熱教室」も昨年見ましたが、なかなか面白かったですよ~☆ ご参考まで。

>5/20「狩人の夜」
> ところどころグッとくるシーンはあるけども、全体的に話運びが雑で入り込めなかった。長年虐待されてたわけでもなく、衣食住の安定した環境にいる子供が、「腕をへし折るぞ」と脅してきた怖いおじさんが迎えに来て喜んで飛びつくとか無理があると思う。デフォルメされた愚かな人々の描写の不愉快さの方が印象に残った。

まぁちょっと毒のある変わった作品でしたね~。 最後の方に出て来たオバサン、リリアン・ギッシュなんですよ。。。「イントレランス」のゆりかごの女性です☆

>5/19「荒野のストレンジャー」

6月になったら見る予定です。

>5/18「早春物語」
>この女めんどくせぇ~!会社を突き止めて訪ねてきた時点でどん引きですわ。私とは思考回路がまるで違うので共感できないし、相手のおっさんの魅力もわからなかった。この時代の空気を知ってる人じゃないと楽しめない気がする。

ハハハハハ・・・もうどうにもこうにもジェネレーションギャップでしょうね~? 宵乃さんのお小さい頃の作品なので・・・もう忘れて下さいね♪


.
2015/05/30 (Sat) 15:47  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪

> あの人間で重ねてゆく音のモンタージュは素敵でしたし、その後見るあの導入部は、本当に凄い!ってしみじみ思いますよね~♪

ですね~、今までで一番楽しそうな授業だったかも。
無性に「サウンド・オブ・ミュージック」が再見したくなりました。

> ラストを嫌いな人が多いようです(笑)。 宵乃さんの仰るすじが、正しくてキレイだとは思うのですけど、あのみっともない成り行き(お別れしない事も含めて)が今回は良いように思いました☆

嫌いというほどではないけど、あのCGが微妙で気持ちが離れちゃったんですよね。上手く描けないなら、昔ながらの手法で静かに去った方が粗も見えなかったかなと。

> きっと本当の授業ならあるのでしょうけど(15週間ですからね~笑)5回ではね(笑)。 また別の切り口でやってほしいです!

きっと楽しいでしょうね~。そういう授業なら参加してみたいです。その後、先生にこっぴどくこき下ろされそうですが(笑)
「宇宙白熱教室」は興味あるものの、家族の録画と被ってるのでこれ以上は無理そうです。

> >5/20「狩人の夜」
> 最後の方に出て来たオバサン、リリアン・ギッシュなんですよ。。。「イントレランス」のゆりかごの女性です☆

あの幻想的なゆりかごの女性が…とても生活感のあるおばさんに!
でも、どことなく超然としてるところは共通してるかも。歌で対決?するくだりが印象的でした。

> ハハハハハ・・・もうどうにもこうにもジェネレーションギャップでしょうね~? 宵乃さんのお小さい頃の作品なので・・・もう忘れて下さいね♪

なんかすみません。恋愛に積極的な女の子って苦手なんです。色々通り越して、手玉に取るようなタイプなら大丈夫なんですが(笑)
2015/05/31 (Sun) 10:39  宵乃〔編集〕  

狩人の夜

異色で印象に残りましたね~。
手にHATEの入れ墨なんていうのも、あー、あの映画ね、という感じで、わりと有名だったり。
詳しくは覚えていませんが、また見てみたい映画です。
2015/06/01 (Mon) 23:59  ボー編集〕  

>ボーさん

いらっしゃいませ!
ホント、一度見たら忘れられない怖さがロバート・ミッチャムにありました。
舟下りのシーンは幻想的でしたし、全体的にアンバランスな印象がありますよね。

> 手にHATEの入れ墨なんていうのも、あー、あの映画ね、という感じで、わりと有名だったり。

あ~、あれって入れ墨だったんですか。サインペンで書いたのかと(笑)
あの説教?に聞き入ってるおばさんの気持ちがまったくわからなかったです。人に聞かせるレベルにない話だったし、教養のなさが露見するシーンだと思ったのに…。

また再見の機会があるといいですね。
コメントありがとうございます♪
2015/06/02 (Tue) 07:23  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
1998年に見た映画ベスト14とワースト10
各年のマイ・ベスト・ムービーを、少しずつ記事にしていこうという遠大な(?)企画。(ワースト・ムービーがある場合も。) さかのぼっていって、今回は1998年。
或る日の出来事|2015-06-01 23:53
.