忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「フローズン・タイム」観た

 | 青春  com(4) 
Tag:イギリス 

フローズン・タイム
原題:CASHBACK
製作:イギリス’06
監督:ショーン・エリス
ジャンル:★青春ロマンス/ファンタジー

【あらすじ】失恋の痛手から不眠症となった画家志望の青年ベン。おかげで毎日8時間の暇ができ、スーパーマーケットで夜間スタッフのバイトを始め”キャッシュバック”することに。やがて、ベンの不眠症が限界に達した時、彼は周囲の時間を止められるようになり…。

失恋のショックで不眠症に陥り、時間を止める力を手に入れた青年ベンの青春ロマンス。
画家志望の彼が時間を止めて何をするかというと、なんと美しい女性たちを脱がせて一心不乱にデッサンすることなんですね~。…これほどまでに時間操作能力を有意義に使っている作品があっただろうか!?
監督がファッション・フォトグラファーなのもあって、美しい女性の裸体がたくさん見られます。とくに、ベンが美に目覚めたきっかけであるグラマーなスウェーデン人のお姉さんはインパクト大。子役の少年は役得ですね(笑)
でも、好きな女性シャロンに対しては触れるのすら躊躇し、子供時代には好きな子とのファーストキスを逃してしまうような、すごく奥手でピュアな主人公なのでエロくなりません。
しかも、時間をとめる能力があるのにワクワクするような展開もないんですよ。せいぜい、おバカな同僚や上司をからかう程度で。…時間を止めたまま年老いて死んだら、時間の狭間で消えるんだろうか、なんてアンニュイな事を考えてるほど。
シャロンに惹かれ始めた自分に戸惑っていて、不器用に恋をするので精一杯なところが彼の持ち味だったと思います。

以下、ネタバレですが…
実は、この能力の事はぜんぶ彼の夢か妄想なのではないかと思わせるところもありました。
そもそも寂れた夜のスーパーマーケットに、あんなプロポーションの良い若い女性ばかり来るわけないし、不眠症で仕事中は時間が過ぎるのを淡々とやり過ごすだけの毎日じゃ、アレくらいの妄想をしてもおかしくありません。
途中、止まった時間の中で誰かが逃げていっても、追うでもなく調べるでもなく投げっぱなしで、手をボキボキっと鳴らすと時間が動き出すというのも適当(笑)
大量のデッサンだって、地道に絵の才能を磨いてきた彼なら記憶だけでも描けそうです。
そんな彼の危うさが「恋愛睡眠のすすめ」と被って、余計に惹かれたんだと思います。

雰囲気映画に近いものがあるかもしれませんが、映像が美しく(とくに雪の舞うラスト!)、ロマンティックでユーモア溢れる作品でした。
彼女のキスで呪縛(不眠症)から解放されるくだりや、彼の想いのすべてが込められた絵が転機になる展開が素敵♪
ちなみに原題はキャッシュバックで、彼が余った時間をバイトでお金に換えることを示してます。邦題の「フローズン・タイム」の方が、時間と彼の心の二つにかかっているようで、この作品の雰囲気をあらわしているかも。
でも、主人公の台詞に「フローズン・セカンド」という言葉があるので、どうせならそっちで良かった気がします。

■ Comment

こんにちは

北欧女性は美人ばっかり。と思ってしまった作品です(笑)
こんなに美人ばかりスーパーにこないよ!とか、その辺は妄想でもなんでも、よいです
結局のところ、主人公が不眠症を脱却し、純愛が実ると言うラブストーリーだったのですから!
絵描きにとっては素敵な才能ですよね~でも眠れないのはつらいかな^;
エロチックに見えない裸体が美しく素晴らしかったですが、一点、モザイクだけはなんとかならなかったかな^;
あの子役の少年は役得と言うかなんていうか、情操教育的にいいのか?と思ってしまいます
2015/04/19 (Sun) 08:51  maki編集〕  

キャッシュバック

原題はキャッシュバックでしたか。
邦題のほうが、時間が凍りつくという内容がよく分かりますね。
時間が止められたら何をしようか…困ってしまう凡人な私でした。
2015/04/19 (Sun) 09:38  ボー編集〕  

>makiさん

> 結局のところ、主人公が不眠症を脱却し、純愛が実ると言うラブストーリーだったのですから!

ですね~、キスで不眠症が治るというのもピュアで可愛かったです。
普通に描いたら陳腐なロマンスにしかならないところ、独創的な表現で引き込む手腕が素晴らしい。プラス北欧美人の魅力も(笑)

> エロチックに見えない裸体が美しく素晴らしかったですが、一点、モザイクだけはなんとかならなかったかな^;

そうそう、モザイクが逆に卑猥でしたね!
近代美術の裸婦像とかにモザイク入れたりしないんだし、気にする必要ないと思うけどなぁ。子役くんは、アレくらいの年なら日本じゃ銭湯で女湯に入れるんだし、別に悪い影響はないと思いますよ。
2015/04/19 (Sun) 11:32  宵乃〔編集〕  

>ボーさん

いらっしゃいませ!
タイトルが「キャッシュバック」じゃ、観なかったかもしれませんね~。
そういう点では日本の配給会社も上手いことやったと思います。エロを全面に出すのは詐欺ですが(汗)

> 時間が止められたら何をしようか…困ってしまう凡人な私でした。

普段入れないようなところを見学してみたいです。滅多に開放されない寺院のなかとか軍事基地とか♪
2015/04/19 (Sun) 11:37  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「フローズン・タイム」
なんだかヌードがあるっぽいので見てみた。(正直である。) 予想に反して、コミカルなところがある映画だった。
或る日の出来事|2015-04-19 09:26
フローズン・タイム
思っていたよりもよかったです。同僚も個性的で、楽しそうなバイト先です。 ジャケットや概略で感じていたまでの「女性の裸体」主体での物語ではなかったです。いや、裸体は裸体なんですが。この女性の裸体がまたキレイ。ただモザイク部分周辺だけが、なんか逆にそこだけ卑猥な気がしちゃうのが残念。あれ、いらない効果なんじゃないのかな〜〜〜 ラストの止まった世界の中の雪景色が美しかった。見終わった感じ的には...
いやいやえん|2015-04-19 08:36
.