忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(3/10〜3/20)

 | まとめ感想  com(12) 
Tag:にゃんこ 

地上波で「かぐや姫の物語」を録画したから、観る前にCMカットしたんだけども、ぜんぶで40分くらいあったよ…。CMがこの世からなくなったら、かなり節電になる気がする!

3/20 ジェシカおばさんの事件簿「遺体はファーストクラス」

飛行機で起こる密室殺人。怪しい面々と、殺人と窃盗。こじれた糸を少しづつほぐしていって、最後にはスッキリ!捻りが効いててよかったです。しかも、事件解決のみならず困った人にアドバイスまで。わんちゃんが可愛かった♪

3/19「ブラインド・ミッション」

Gyaoで観賞。盲目の男三人が銀行強盗をする話ってことでコメディかと思ったら、わりと悲哀ただようサスペンスだった。訓練のくだりでは笑顔が絶えないものの、全て終わったら始末されると分かっててヒロインの大切な人を救うために頑張ってるのが切ない。でも、いろいろと無理のある展開でとくに終盤は尻すぼみ。ハリウッドリメイクに期待。

3/17「バレット・ヒート 消えた銃弾」

Gyaoで鑑賞。CSIシリーズと「シャーロック・ホームズ(ロバダニ版)」を足して2で割ったような作品。1930年代上海の兵器工場を舞台に、ミステリアスな怪事件に刑事二人が挑む。キャラ設定や上海の雰囲気、スタイリッシュなところは良かったけど、後半になるにつれて事件がこんがらがってきて付いていけなかった。伏線回収も丁寧でよかったのに、盛り込みすぎかな。

3/15「3デイズ・イン・トレンチ 砲撃戦線前編」

Gyaoで鑑賞。最初の30分くらい観たけど、集中力が途切れて挫折。3日とたたず仕官が死ぬ独ソ戦最前線で、若い指揮官が古参の仲間たちと頑張るお話?ヒロインは可愛いし、ユーモアもあって割りと面白かった気がする。

3/14「かぐや姫の物語」

映画としては悪くはないし、妖怪みたいなキャラがちらほらいて笑えたけども、単純に好みじゃなかった。私の中の童話「かぐや姫」の神秘的で幻想的なイメージをぶち壊す生臭い「竹取物語」。似たようなテーマなら「ベルリン・天使の詩」の方が好きかな。高畑さんとは相性悪いかも。…にしても、あの御門のエピソードカットはどうなのよ。あれじゃヘンタイ顎のまま終わって、さすがに可哀想でしょ。

3/13「見知らぬ乗客」再見

過去記事を読み返したら、あまりにも短いのに驚いて再見&追記。

3/12「レンタネコ」

猫が可愛いので癒やされたし、設定や「レンタ〜ネコ♪」といしやきいものメロディでやるのがシュールで笑えた。でも、人間(とくに主人公と加齢臭のひと)が嫌な感じがしたし、構成はもうちょっと映画らしく出来なかったんだろうか。群像劇っぽい方が合ってる気が。

3/12 ジェシカおばさんの事件簿「オカルト騎手は夜走る」

なりゆきで友人のママになってしまったジェシカさん(笑)「ジェシカさん」と呼びそうになって「ジェシ…かあさん」が笑える。手がかりをたどって解決する流れはいつも通り良かったし、ラストの「僕が助けてって言っても、次は助けにこないで…」も面白かった。

3/11「ジャッジ・ドレッド(2012)」

う~ん、スタローン主演95年版のリメイクではなく、同一原作の再映画化だったのね。まったくの別物でビックリした。時間がゆっくりに感じられるドラッグを表現するために、冒頭からスローモーションの連続でうんざり。3D映画だったと知って納得だけども、まずは2Dでも面白くしないと。ママはなんで最初に捕まったバカを殺さないの?

3/10「ロスト・アイズ」

ギレルモ・デル・トロ製作につられたけど、9分カットされてたのもあって流れが強引に感じた。…犯人の母親が何をしたかったのかよくわからなかったし。でも、ヒロインが視力を失ってから、出会った人々の顔をほとんど映さない演出は、緊張感や不安感が増してよかったと思う。

■ Comment

こんにちは

「かぐや姫の物語」
なんか、生理になった少女のような生っぽさはありましたね
好き嫌いは、あるでしょうね
御門のエピソードカットって、どこがカットされてたんですか?変態御門→「つ~かまえた」ですよね?
私はこの作品で、月からのお迎えのシーンで「アッ」と思わせられました。こういう解釈もあるのだと。
御伽話のかぐや姫だと、月からのお迎えで月に帰るというのも、地球が視点で中心で天人というイメージがありましたが、
仏教の神々、それも月と地球が離れている(宇宙がある)というのは、あまり考えた事がなかったので。
あそこの描写は、なるほどなあと思いました

「ジャッジ・ドレッド」
B級作品としては、悪くない…と思いました
スタローン版がどれだけのものなのかを知らないってのもあるのかもですが…
ただスロモ多用は、ちょっとしすぎでしたね

「ロスト・アイズ」
なにせ上手いなあと思ったのが、不安をあおる演出。
これは、本当に巧みでした。
2015/03/22 (Sun) 13:55  maki編集〕  

>makiさん

> なんか、生理になった少女のような生っぽさはありましたね
> 好き嫌いは、あるでしょうね

そうなんですよ。自分でも思いの他、童話のかぐや姫が好きだったようで。あのばさばさの短い髪もダメでした…。

> 御門のエピソードカットって、どこがカットされてたんですか?変態御門→「つ~かまえた」ですよね?

その後、文通で心を通わせて、(権力者が大好きな)不老不死の薬をもらっても「姫のいない世界で永遠の命なんて…」と燃やすところが好きだったんです。あそこで終わったら、ただのヘンタイアゴ野郎という印象しか残りません(笑)

> 仏教の神々、それも月と地球が離れている(宇宙がある)というのは、あまり考えた事がなかったので。
> あそこの描写は、なるほどなあと思いました

あそこは海外の人もビックリですよね。日本の古典を原作にしてるのに、SFと仏教が融合してて。かぐや姫に思い入れがなかったら、素直に楽しめたと思います。

> 「ジャッジ・ドレッド」
> スタローン版がどれだけのものなのかを知らないってのもあるのかもですが…

実はスタローン版もぜんぜん面白くないんですけどね(汗)
ただ、こちらは建物の中だけで、あの荒廃した世界をもう少し見せてほしかった気がします。ママも悪役なら悪役らしく、真っ先に捕まったバカを始末すればいいのにと思ってしまいました。

> 「ロスト・アイズ」
> なにせ上手いなあと思ったのが、不安をあおる演出。
> これは、本当に巧みでした。

ですね~、あれだけで作品として格が上がったと思います。目が見えない主人公って映画で結構いるけど、その中でもなかなかのものでした!
2015/03/22 (Sun) 15:32  宵乃〔編集〕  

こんばんは

ああ、なるほどなるほど
竹取物語の御門との交流の部分ですね
あそこはカットと言うか、なかったことにされてましたね(笑)
そうなんですよ、そういう原作エピがはぶかれてしまうと、
竹取物語を知らない昨今の子は、これが本エピと思ってしまうかもしれませんね
そういう危惧もありますね
2015/03/22 (Sun) 18:03  maki編集〕  

Re: こんばんは

> あそこはカットと言うか、なかったことにされてましたね(笑)

そうなんです…なかったことに!
それで代わりに入るのが、捨丸が家族を棄てて姫と逃げようとするエピソードなので余計に納得いかないです。姫は知らないからいいけど、捨丸はてめぇさっきまでわが子を可愛がってじゃねぇか!とか思ってしまいました(笑)

> 竹取物語を知らない昨今の子は、これが本エピと思ってしまうかもしれませんね
> そういう危惧もありますね

「ほぼ原作通り」と感想で書いている方も多いですしね…。竹取物語って、○○という言葉の由来は~なんだよ、という故事みたいな創作エピソードが多くて、とくに最後の富士山の名前の由来は印象に残ってたので残念でした。
2015/03/23 (Mon) 07:23  宵乃〔編集〕  

昨日はコメントを有難うございました☆

>3/12「レンタネコ」
> 猫が可愛いので癒やされたし、設定や「レンタ〜ネコ♪」といしやきいものメロディでやるのがシュールで笑えた。でも、人間(とくに主人公と加齢臭のひと)が嫌な感じがしたし、構成はもうちょっと映画らしく出来なかったんだろうか。群像劇っぽい方が合ってる気が。

たしかに♪れんたーねこ♪というのは面白かったです(笑)。
最初の方は良かったのですが・・・
この監督なので期待し過ぎたのかもしれません・・・。


.
2015/03/23 (Mon) 09:24  miri〔編集〕  

レンタネコは録画済(未見)

「かぐや~」は、私は新解釈?をおもしろく見ました。
走ったときの激しい絵の表現なんかも、感情がほとばしって好きでしたねえ。

「ロスト~」あんまり覚えていませんが、見えないサスペンスはいろいろあれど、うまくできてた気がします~。
2015/03/23 (Mon) 09:32  ボー編集〕  

>miriさん

> たしかに♪れんたーねこ♪というのは面白かったです(笑)。

あんなのが通りがかったら思わず二度見すると思います(笑)

miriさんはこの監督さんお気に入りでしたし、余計にガックリきたでしょうね~。
私ですら、いったい監督さんはどうしてしまったんだろうと心配になりましたよ。構成も短編を連続でやってるみたいなテキトー感がありました。
次は頑張ってほしいですね♪
2015/03/23 (Mon) 11:07  宵乃〔編集〕  

>ボーさん

> 「かぐや~」は、私は新解釈?をおもしろく見ました。
> 走ったときの激しい絵の表現なんかも、感情がほとばしって好きでしたねえ。

私も別物として割り切れれば楽しめたと思います。
あの絵柄であのスピード感、躍動感はすごいですよね!

> 「ロスト~」あんまり覚えていませんが、見えないサスペンスはいろいろあれど、うまくできてた気がします~。

「暗くなるまで待って」を意識してそうなところもありましたしね~。
今回のTVカット版はちょっと微妙だった気がします(汗)
2015/03/23 (Mon) 13:45  宵乃〔編集〕  

こんにちわ

『かぐや姫。。。。』を地上波で見ました。
絵は綺麗でしたね。特に色遣いが。
コメント欄で、帝との後日談があることを今知りました!
てっきり変態顎野郎だと思い込んでましたよぉ。

特に印象も残らず感銘も受けませんでした。
個人的にアニメもテンポ早いものの方が好きデス。
2015/03/30 (Mon) 17:50  mia☆mia  

レンタネコ

ネコ好きとしましては、まったりしましたー。
あんなに、のんきに暮らしたい(実際は、のんきでもないのかも、ですが)
2015/03/30 (Mon) 23:21  ボー編集〕  

>mia☆miaさん

いらっしゃいませ!
mia☆miaさんも地上波でご覧になったんですね。
ホント、色合いなど和風でよかったです。

> コメント欄で、帝との後日談があることを今知りました!
> てっきり変態顎野郎だと思い込んでましたよぉ。

やはり知らない方がこれを見たらヘンタイ顎だとしか思えませんよね!
原作の御門は最初はともかく、ちゃんと反省して姫と心通わせているので、この変更はさすがに不憫です…。

> 特に印象も残らず感銘も受けませんでした。
> 個人的にアニメもテンポ早いものの方が好きデス。

大絶賛されていて、そこまでかな?とは思いました。
アニメはもう少し短い方が見やすいですよね。
コメントありがとうございました♪
2015/03/31 (Tue) 07:13  宵乃〔編集〕  

>ボーさん

こちらもコメントありがとうございます♪
そうですね~、私もネコ好きなので可愛いネコたちには癒されました。
でも、ネコアレルギーの家族がいる家にレンタルするのは、家族にとってもネコにとっても不幸に繋がりますし…。
まあ、ただのコメディと見ればいいんでしょうね。
2015/03/31 (Tue) 07:33  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「レンタネコ」
いいなー、この、まったり感。
或る日の出来事|2015-03-30 23:16
「ロスト・アイズ」
見えないヒロインに忍び寄る恐怖! ハラハラしましたっ!
或る日の出来事|2015-03-23 09:34
「かぐや姫の物語」
月から来た娘は、自分らしく生きることを許されなかった。
或る日の出来事|2015-03-23 09:33
かぐや姫の物語
【概略】 竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。 アニメーション 生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 繊細で...
いやいやえん|2015-03-22 13:23
ジャッジ・ドレッド
近未来版「ザ・レイド」みたいな。 ドレッドは新人ジャッジ、アンダーソンと共に悪名高きギャング・ママ一味が支配する200階建高層ビルへと乗り込む。しかし、ママはビルを完全シャットダウンし、全住人に向けて放送、仲間達にジャッジの抹殺命令を下す。…まんまだね。 シルヴェスター・スタローン版のはみたことがありません。 主演のドレッド役のカール・アーバンさんがずっとヘルメットを被ってるので、顔が...
いやいやえん|2015-03-22 13:23
ロスト・アイズ
ギレルモ・デル・トロ製作ということで楽しみにしてました♪ 舞台となる家屋は薄暗くて不気味さが漂っていて、なかなか雰囲気が良かったです。主演は「永遠のこどもたち」のベレン・ルエダさん。 徐々に視力を無くしていくというところがポイント。ホラーというよりサスペンスですね。ホラーじゃなくて残念。 姉の死に不信感をもったフリアが死の真相を追い求めていくのだけれど、只でさえ狭い視界で、怪しい影がみ...
いやいやえん|2015-03-22 13:22
.