忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ジェイン・エア(1996)」観ました

 | ロマンス  com(6) 
Tag:イギリス 

ジェイン・エア(1996)
原題:JANE EYRE
製作:イギリス’96
監督:フランコ・ゼフィレッリ
原作:シャーロット・ブロンテ
ジャンル:★文芸ドラマ/ロマンス

【あらすじ】幼い頃に両親を亡くし、自分を嫌う叔母の家や、過酷な環境の寄宿学校で子供時代を過ごしたジェイン。強く賢い女性に成長した彼女は、貴族フェアファックス・ロチェスターが引き取った少女アデールのガヴァネス(女性家庭教師)となるが…。

久しぶりに良い文芸ドラマを観たなぁという感じです。
内容は王道で、身分差ロマンスからの実は…な展開なんですが、ヒロインは当時にしては珍しい器量が良くないという設定。まあ、私から見たら十分美人でしたが。
静謐でしっとりした空気が感じられる映像と、雰囲気ピッタリの女優さんたち、イギリスの貴族社会を感じさせてくれる美術や衣装なんかが上手く調和して、見ごたえある作品になってました。
名前は出てこないけど見たことある俳優さんが多いなぁと思っていたら、成長したジェインを演じていたのはシャルロット・ゲンズブールだったんですね。「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」と「恋愛睡眠のすすめ」以来だなぁ。
原作は知らない(「ブロンテ姉妹」が作者か!)けども、ジェイン・エアという女性が今ここにいると思わせるくらいしっくりきて、聡い瞳をした子供時代からそのまま成長しましたように見えました。子役も良かった♪
意地悪な叔母もブレなくて良かったですね~。終盤でジェインに謝るものの、それは地獄に落ちるのが怖いからで悪いとは全く思っていないところとか。

あと、妙に印象に残るのが病人が本当に病人に見えることですね。青白くて細くて今にも倒れそうな感じ。ヘレンとかとくに。中には病人じゃないのにそう見える人も…(汗)
過酷な子供時代の描写もインパクトあって、洗面器の水が凍るような部屋で寝てて凍死しないのかと心配になったけど、これが実際に作者が通っていた学校をモデルにしたと後から知って更にビックリ。
ヘレンはその学校で亡くなったお姉さんがモデルのようで、この作品によって学校を告発して改善したんだとか。まるでジェインはシャーロット・ブロンテの分身のようです。
終盤は急展開すぎて物足りなかったけども(牧師さんと三角関係になるのかと思った)、それを差し引いても楽しめました。彼女とロチェスターの抑えた感情が繊細に描かれていてやきもきさせられたし、謎のうめき声とかミステリアスな展開も面白かったです。

「ジェイン・エア」は他にも映像化作品がたくさんあるようで、他の作品を観たらまた印象が変わるかもしれませんが、とりあえずゲンズブールのジェインを観られてよかったです。
機会があったら他のも見たい♪

関連記事
第33回ブログDEロードショー「チャンプ(1979)」

■ Comment

コメントを有難うございました☆

>久しぶりに良い文芸ドラマを観たなぁという感じです。
>機会があったら他のも見たい♪

仰るとおりですネ~!

>内容は王道で、身分差ロマンスからの実は…な展開なんですが、

「…」ってアレですか???  う~ん、アレとは違うのでは???

>ヒロインは当時にしては珍しい器量が良くないという設定。まあ、私から見たら十分美人でしたが。

ジョーン・フォンティンよりはマシでしたが、不細工とは程遠い感じでしたね~(笑)。

>静謐でしっとりした空気が感じられる映像と、雰囲気ピッタリの女優さんたち、イギリスの貴族社会を感じさせてくれる美術や衣装なんかが上手く調和して、見ごたえある作品になってました。

とにかく、美しかったですネ~全部が☆
監督が監督なのでね~!

>「恋愛睡眠のすすめ」以来だなぁ。

これはうっかり! あのヒロインでしたか~!!!

>原作は知らない(「ブロンテ姉妹」が作者か!)けども、

宵乃さんの世代では、学校でもこの姉妹の書いた作品についての学習はなかったのでしょうね~う~ん、世代間格差を感じます・・・残念!

>聡い瞳をした子供時代からそのまま成長しましたように見えました。子役も良かった♪
>意地悪な叔母もブレなくて良かったですね~。

ほほほほほ・・・本当に隅々まで、女優陣の頑張りが凄かったです☆

>これが実際に作者が通っていた学校をモデルにしたと後から知って更にビックリ。
>ヘレンはその学校で亡くなったお姉さんがモデルのようで、
>まるでジェインはシャーロット・ブロンテの分身のようです。

そうでしたか、あの姉妹に他に早世した姉妹2人が居たことは知っていたのですが・・・。

>彼女とロチェスターの抑えた感情が繊細に描かれていてやきもきさせられたし、謎のうめき声とかミステリアスな展開も面白かったです。

これら良かったですネ!

>「ジェイン・エア」は他にも映像化作品がたくさんあるようで、他の作品を観たらまた印象が変わるかもしれませんが、とりあえずゲンズブールのジェインを観られてよかったです。

宵乃さんにとって良い出会いだったようで良かったです☆
それぞれに特徴があるので、また他の作品を鑑賞されたらお話しましょうネ~!
(BBCのドラマは、ソフトではカットが多いそうなので、オンエアがあると良いですネ!)


.
2015/01/08 (Thu) 17:25  miri〔編集〕  

>miriさん

> 「…」ってアレですか???  う~ん、アレとは違うのでは???

実はお金に困らないだけの遺産があるんじゃなかったでしたっけ?
まあ、身分差は変わらないでしょうが…。

> ジョーン・フォンティンよりはマシでしたが、不細工とは程遠い感じでしたね~(笑)

映像化となると、やはりある程度は見た目を求められちゃうんでしょうね~。
この監督が撮る映像は美しいので、あまり不器量だと周囲に負けてしまいそうですし。
ロチェスター視点ということで(笑)

> 宵乃さんの世代では、学校でもこの姉妹の書いた作品についての学習はなかったのでしょうね~う~ん、世代間格差を感じます・・・残念!

タイトルは聞き覚えがあるので、多少は触れたかもしれません。
学校で習った日本人以外の作家の作品は「あのころはフリードリヒがいた」の「ベンチ」しか覚えてないという。たぶん、他にもあったとは思うんだけど…。
miriさんみたいに、もっとたくさん西洋文学に触れたかったです。

> そうでしたか、あの姉妹に他に早世した姉妹2人が居たことは知っていたのですが・・・。

二度と同じ事が起こらないように、この作品を通して訴えたんでしょうね。
本当にすごい女性です。

> 宵乃さんにとって良い出会いだったようで良かったです☆
> それぞれに特徴があるので、また他の作品を鑑賞されたらお話しましょうネ~!
> (BBCのドラマは、ソフトではカットが多いそうなので、オンエアがあると良いですネ!)

一番最初に見たのがこの作品でよかったです♪
今まで見てなかったのが不思議なくらいですが(笑)
ドラマのオンエアもイマジカあたりでやってくれないかなぁ。

***********

「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」は何かとかぶって録画できなかったんですよ~。本物の審美眼をもった老夫婦のドキュメンタリーですか。
miriさんの評価も良いようだし、再放送があったら見たいです。
そして、「あなたへ」を録画しようと思ったらまたかぶってたという…。なんでいつもかぶるの!!
2015/01/09 (Fri) 12:02  宵乃〔編集〕  

こんにちは♪

「ジェイン・エア」って映画やドラマで色々と作られているので、私はどのジェイン・エアを観たんだっけーと思いながら宵乃さんの記事を読ませていただきました・・・ら、私もゲンズブール版を観たことがあるのを思い出しました!!

私は小学生の頃に「漫画で読む世界名作文学」みたいなシリーズが好きで読んでいたのですが、(良いのか悪いのか)その絵のイメージがすごーく強かったんですよ。なのでこの映画版を観る時に、そのイメージが壊れたらこわいな悲しいなと思っていたのですが、雰囲気といい主人公の強さといい、何の違和感もなく、それ以上に映像の持つ説得力に逆に感動した覚えがあります。少女時代のアンナ・パキンちゃんとか、私のイメージそのままでした。(妻のバーサがわっはっはっはとか屋敷の中で奇声を上げるシーンとかは、漫画版ではそのまんまホラーで子ども心に怖かったのですが・・・)

そうそう、主人公が器量はあまり良くないという設定のはずですが、私が読んだ漫画はお目目キラキラの美少女でした(笑)。この映画では、やや受け口気味のゲンズブールがうまくその辺りを演じていて好感度が上がりました!あ、そうなってくると、この役はキルスティン・ダンストが演じてもなかなか良いんじゃないかなと今思いました(笑)。映画って見た目も大事なので「私に不器量な役やらせる気!?」とか、そのあたり難しそうですね^^;

2015/01/15 (Thu) 10:27  はなまるこ〔編集〕  

>はなまるこさん

> 私はどのジェイン・エアを観たんだっけーと思いながら宵乃さんの記事を読ませていただきました・・・ら、私もゲンズブール版を観たことがあるのを思い出しました!!

たくさん映像化されていると、だんだんどれがどれなのかわからなくなってきそうですね(笑)
私もこれから色々と観ていきたいので、このゲンズブール版は永久保存してあります♪

> イメージが壊れたらこわいな悲しいなと思っていたのですが、雰囲気といい主人公の強さといい、何の違和感もなく、それ以上に映像の持つ説得力に逆に感動した覚えがあります。

そのシリーズ、小学校の図書室にありました~!
でも私は一度も読んだ事がなくて、歴史ものの映画を観るようになってから「読んどきゃよかった~」と後悔してます。
子供時代にできたイメージって強固だから、まったく問題なく、むしろそれ以上だったとなると、本当に凄い事ですね。
ジェインを演じた二人の演技も素晴らしいし、彼らを選んだ監督もさすが!

> お目目キラキラの美少女

容易に想像できます(笑)

> やや受け口気味のゲンズブール
> 「私に不器量な役やらせる気!?」とか、そのあたり難しそうですね^^;

ダンストならそんな事を気にせず熱演してくれると思います!
ゲンズブールのあの口元は目が行きましたね。女優さんだから魅力的な見せ方も、そうじゃない見せ方も自分で把握していて、それをしっかり使い分けてるなぁと感心しました。
演じがいのある役だと思います。
2015/01/15 (Thu) 12:59  宵乃〔編集〕  

No title

お美しいイラストです☆☆☆


.
2015/03/20 (Fri) 20:11  miri〔編集〕  

>miriさん

いつも見て下さってありがとうございます♪
2015/03/21 (Sat) 13:09  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.