忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(11/6~11/11)

一言感想記事のペースが落ちるかもと言った側からペース回復してるというね…。無料放送でたくさん録画したから、HDD圧迫してたんです。急いで見すぎて、ところどころ記憶が飛んでるなぁ…。

11/11「ガンマン大連合」

OPの歌詞が凄かった「殺っちまおうぜ!同士たちよ!~♪」(笑)主人公二人の中盤の騙しあいとかまでは覚えてるけど、最後の方はなんかいつの間にか革命軍側に心酔してた?でも結局のところ、暴れたいだけかも。妙にカメラアングルが凝っていてカッコよかった。

11/11「ミッドナイト・ラン(1988)」

ちょっと長かったけど地味に面白かった。元警官と横領犯のほのぼのロードムービー。敵が妙にお人よしで、普通なら殺されるようなシーンでも殴って済ますという。主人公たちの方が軽犯罪を繰り返したり、敵のヘリを爆破したりで悪い見本になってたかも(笑)命を狙われてるのにぼへーっとした横領犯がいい味出してた。

11/9「ロミオとジュリエット(英’54)」

名前を棄ててもいい、死んだ方がましとか言いつつ、勘当される覚悟はないから駆け落ちできないし結婚したと言えない。貴族ってそういうもんだろうけど、シェイクスピアの時代にこれを楽しんでいた大衆はその辺気にならなかったんだろうか?ジュリエットの父親は頭おかしいし、やっぱり原作からして好きになれない。しかも、ハッセー版に比べると衣装や女優の年が…。

11/8「嵐が丘(2009)」

途中から「おまえら迷惑だから早く駆け落ちして消えろ!」って思っちゃいました(笑)天邪鬼なふたりに、僻みや妬み…。いい人はほとんどすぐ死んじゃって150分間観てるのが辛かった。

11/7「コッポラの胡蝶の夢」

出だしは興味深かったんだけど、だんだんと哲学的になって途中で寝落ち。翌日続きを見直したけど、やっぱり意味がわからなかった。

11/7「愛の記念に」

完全に意味不明だったんだけど…どうしよう?妙に評価高いから自信なくす。

11/7 ジェシカおばさんの事件簿「容疑者に手を出すな」

他の町で保安官が非協力的なのに、検死医がジェシカさんのファンでペラペラしゃべっちゃうという(笑)43分の中で解決しなければならないので協力者は必要不可欠です。今回はミスリードにまんまと引っかかってしまって、解決パートで驚いてしまった。

11/6「ララミーから来た男」

3本立て続けに観ると頭がダメになるね。良い作品だった気がするけど、結局誰が悪いのか悪くないのかよくわからなかった。

11/6「バイオハザードV:リトリビューション」

こんなにアクションシーンばかり続くと飽きるのよ。1をよく覚えていないけど、1の人たちはクローンじゃなかったんだよね?あと、あの幼い子はホログラムの元になった娘のクローン?行く先々で武器補充するところや、地形などを利用して戦うところはゲームっぽくてよかった。

11/6「私が、生きる肌」

バンデラスが最初から誰にするつもりか決めてたように見えるが理解できない。犠牲者もホラー映画なら真っ先に死にそうな奴だし、感情移入できそうなのは母親だけだったのに、見分けがつかなくて「息子何人いるんだよ!」とか思ってしまった(笑)すぐ気付いたけどね~。伝わってきたのは、ドラッグはダメ絶対という事と、ヨガは心身に良いという事でした。

■ Comment

こんにちは☆

>11/11「ミッドナイト・ラン(1988)」
> ちょっと長かったけど地味に面白かった。元警官と横領犯のほのぼのロードムービー。敵が妙にお人よしで、普通なら殺されるようなシーンでも殴って済ますという。主人公たちの方が軽犯罪を繰り返したり、敵のヘリを爆破したりで悪い見本になってたかも(笑)命を狙われてるのにぼへーっとした横領犯がいい味出してた。

地味でしたか?(笑) 面白かったですネ~☆
デ・ニーロさんに、昔は良いイメージを持っていなくて、この映画で初めて良かったし、これ以降、いろんなコミカルな役柄を知り、今ではけっこう好きな方の俳優さんに変わりました(笑)。 私にとっては想い出の作品です♪

>11/9「ロミオとジュリエット(英’54)」
>11/8「嵐が丘(2009)」

たびたびオンエアしていますが、録画する気にならなかった作品群で・・・もう見ない方が良いかも?ですね(笑)。
「嵐が丘」は特に、原作の印象が強いので(映像では見たくなくて)・・・150分間ね・・・本当にお疲れ様でした!

>11/7「コッポラの胡蝶の夢」
> 出だしは興味深かったんだけど、だんだんと哲学的になって途中で寝落ち。翌日続きを見直したけど、やっぱり意味がわからなかった。

そうでしたか、結構面白かったですが・・・夢落ちではないところが気に入っています♪

>11/6「私が、生きる肌」
> バンデラスが最初から誰にするつもりか決めてたように見えるが理解できない。犠牲者もホラー映画なら真っ先に死にそうな奴だし、感情移入できそうなのは母親だけだったのに、見分けがつかなくて「息子何人いるんだよ!」とか思ってしまった(笑)すぐ気付いたけどね~。伝わってきたのは、ドラッグはダメ絶対という事と、ヨガは心身に良いという事でした。

変な映画でしたね~(笑)。
ラストシーンがなければ見る価値ないですよね(笑)。
ヨガ・・・この映画の場合は本当に良かったですネ☆
まぁお互い「見た」というだけで(笑)。


.
2014/11/12 (Wed) 14:40  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
さっきコメントに伺ったところだったんですよ~。入れ違いかな?

> デ・ニーロさんに、昔は良いイメージを持っていなくて、この映画で初めて良かったし、これ以降、いろんなコミカルな役柄を知り、今ではけっこう好きな方の俳優さんに変わりました(笑)。 私にとっては想い出の作品です♪

大きな感動や笑いはなかったものの、全体的にクスクス笑えてじんわり温かくなるような作品でした。
デニーロさんの怖い印象を吹き飛ばす役柄でしたね♪

> 「嵐が丘」は特に、原作の印象が強いので(映像では見たくなくて)・・・150分間ね・・・本当にお疲れ様でした!

そうですね、「嵐が丘」はTV映画で知名度も低いし(感想記事の少なさ!)、好きな俳優さんでもいない限り見る必要はなさそうです。「ロミジュリ」は原作の台詞を忠実にやってるっぽくて、バカップルぶりは丁寧に描かれてたかな(笑)
ハッセーのイメージを崩したくなければ観ない方がいいでしょう。

> >11/7「コッポラの胡蝶の夢」
> そうでしたか、結構面白かったですが・・・夢落ちではないところが気に入っています♪

疲れてたのもあって、終わりの方がどういう意味なのかさっぱりでした。夢オチではないんですね…。ただ、最初から最後まで雰囲気は良かったです。

> ラストシーンがなければ見る価値ないですよね(笑)。
> ヨガ・・・この映画の場合は本当に良かったですネ☆

安易に母親が気付かなかったのがよかったです。戸惑いが伝わってきて。
ただ、あの後どうなるんでしょう。健康的な意味で…。
ヨガはこれからも心の支えになるかもしれません。わたしもヨガをやってみようかと思ってしまいました(笑)
2014/11/12 (Wed) 15:39  宵乃〔編集〕  

おはようございます☆

>11/7「愛の記念に」
> 完全に意味不明だったんだけど…どうしよう?妙に評価高いから自信なくす。

昨日見ました。
他人さまがどう評価しようと、宵乃さん的にイミフならそれで良いのですよ!
きっぱり☆

私は母親の心情の一部だけ、メッチャ分かって胸が痛かったけど
他はよくある「悪いフランス映画」悪いと言っていけないなら
ダメな、余計マズイ?(笑)
好きではない、嫌いなフランス映画の見本のような作品でした(笑)。

この監督ソフィーの映画でも嫌だったし、
主演の女優もちょっと前に(演技でセザール賞をもらった)
「冬の旅(さすらいの女)」を見たんだけど
いまいちというか・・・良くなかったです(笑)。

そんなわけで、高評価の方々はそれで結構、
私たちはそれぞれ自分の感想を大切にいたしましょう~♪


.
2014/11/14 (Fri) 08:32  miri〔編集〕  

>miriさん

> 他人さまがどう評価しようと、宵乃さん的にイミフならそれで良いのですよ!
> きっぱり☆

ありがとうございます~、断言していただけてホッとしました。
miriさん的にも楽しめない作品だったんですね。
フランス映画好きなmiriさんと同じように感じたようで嬉しいです。

> 私は母親の心情の一部だけ、メッチャ分かって胸が痛かったけど

痛々しかったですよね…だからこそよけいに、あの娘の行動が意味不明すぎて共感できなかったです。父親もかなり嫌な感じでしたし。

> この監督ソフィーの映画でも嫌だったし、主演の女優も~
> いまいちというか・・・良くなかったです(笑)。

主演女優も監督もこれがデビュー作だったみたいですね。
どちらも私たちには相性が悪いのかも(笑)

> そんなわけで、高評価の方々はそれで結構、
> 私たちはそれぞれ自分の感想を大切にいたしましょう~♪

ですね~。ホント、コメントありがとうございました。
ところで、この前のIMAGICAでやってた少年が走る映画(わかるかな笑)、ご覧になりました?
あまりに素晴らしかったのでブログDEロードショーにリクエストしようと思ってるんですけど、もしmiriさんがもうご覧になったなら止めときます。
2014/11/14 (Fri) 10:51  宵乃〔編集〕  

No title

こんばんは!

>「私が、生きる肌」

僕のブログにコメントをくださる方の紹介で見ましたので、
あまり変な書き方をし辛かった記憶が実はありまして・・
斬新なネタで面白くもありましたが、最後のシーンが無ければ「なんじゃこれ?」だったと思います(笑)

>伝わってきたのは、ドラッグはダメ絶対という事と、ヨガは心身に良いという事でした。

脱法ドラッグなども怖いですよね~
この間、後ろを走ってた車のドライバーの顔が
白目をむいてて怖かったです。「え?脱法ドラッグかも??」
と思いっきり避けました(笑)

2014/11/14 (Fri) 20:08  take51  

>take51さん

> 僕のブログにコメントをくださる方の紹介で見ましたので、あまり変な書き方をし辛かった記憶が実はありまして・・
> 斬新なネタで面白くもありましたが、最後のシーンが無ければ「なんじゃこれ?」だったと思います(笑)

きっとそうだろうなと思ってました。気を使いますもんね。
究極の愛という宣伝文句は、本国でもされていたのかな~?
バンデラスの狂い方が中途半端な感じでした。奇抜さはないけど、監禁モノの古典「コレクター(1965)」は一生忘れられない不気味さと後味の悪さを味わえます。
…テンポが遅くて辛いけど(笑)

> この間、後ろを走ってた車のドライバーの顔が白目をむいてて怖かったです。「え?脱法ドラッグかも??」と思いっきり避けました(笑)

あわわ、それは怖すぎます!
ドラッグは自分や家族や他人も巻き込みかねないから、ホント怖いですよね。
なんで脱法ドラッグなんかに手をだすのか…騙された人が多いのかな?
脱法ドラッグの怖さをもっと教育しないとダメですね。
2014/11/15 (Sat) 11:48  宵乃〔編集〕  

私も「生きる肌」はチョット・・・

宵乃さん、こんにちは。
私も「私が、生きる肌」はナンジャコリャ!?と思いました(笑)。

もともと衝撃的な映画を撮るアルモドバル監督でしたし、スペイン映画でバンデラスが生き生きしているところを見られるんじゃないかな!?と、期待感いっぱいで見てしまったのもあるんですが、それまでのアルモドバル監督の「なんだこりゃ」とは違う、ただの胡散臭いオチにちょっとガッカリしてしまいました。それはナイよなーと^^;全身タイツとヨガだけはよく覚えています(笑)。

そうそう、宵乃さんは、今Gyaoでやっている「リンカーン弁護士」ってご覧になりましたか?マコノヒー主演の映画です。私、この映画、すごく好きだったのでまた懲りずに2回ほど見てしまいました(笑)。もしご覧になっていて「いや、つまらん!!」と思っていたら余計なことを書いてゴメンなさい(笑)。もし未見でしたらぜひ宵乃さんのレビューとイラストを見たい!!!と思いまして書かせていただきました♪
2014/12/09 (Tue) 14:59  はなまるこ〔編集〕  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/12/09 (Tue) 15:07    

>はなまるこさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
はなまるこさんのブログの一言感想にもあったので、気になっていた作品だったんですよ。

> スペイン映画でバンデラスが生き生きしているところを見られるんじゃないかな!?~ただの胡散臭いオチにちょっとガッカリしてしまいました。
> 全身タイツとヨガだけはよく覚えています(笑)。

なんだか期待とは違う方向に行ってしまった感じでしたよね。結局何が撮りたかったのかわからなくなってしまったような。
バンデラスの扱いも微妙で、ホント、数年したら彼女のタイツヨガしか思い出せなさそう(笑)

> そうそう、宵乃さんは、今Gyaoでやっている「リンカーン弁護士」ってご覧になりましたか?

あ、それならみたいものリストに入れてあって楽しみにしてます♪
でも、それを観るまでに4本くらい消化しないと…(汗)
はなまるこさんが2回も観てしまう作品なら、早く観てみたいですね~。
できればイラスト&感想もかきたいです。感想ストックも3本あるけど!!
2014/12/10 (Wed) 07:44  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.