忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ステップ!ステップ!ステップ!」観ました

 | ドキュメンタリー  com(0) 

ステップ!ステップ!ステップ!
原題:MAD HOT BALLROOM
製作:アメリカ’05
監督:マリリン・アグレロ
ジャンル:★ドキュメンタリー

【あらすじ】NYの公立小学校60校以上で始められた10週間の社交ダンス・プログラム。コンテストに向け必死に練習する彼らの姿を追いつつ、そのなかで様々なことを学んでいく子どもたちと、彼らを取り巻く環境を描き出していく。

社交ダンスに始まり、社交ダンスに終わる。というわけでわたしの音楽映画祭最後の作品はこちらのドキュメンタリー作品です。
最初はぎこちない笑顔で照れながらもダンスを踊っていた子供たちが、次第に心からダンスを楽しむようになっていく姿が感動的でした。
若い綺麗な先生が、「あの(手のかかる)子供たちが、ダンスをしている時は紳士と淑女になるの」と感涙していたくらいで、海外のダンスの授業の効果は素晴らしいですね。
わたしも中学高校とダンスの授業があったけど、みんなやらされている感があったし、最後まで嫌で仕方がなかったです。先生もやる気がなかったせいか民族性の違いか、それとも日本では合唱コンクールの方がメジャーだから?
3.11で受けた心の傷や”違うもの”への不安を、外国の音楽やダンスに触れる事で乗り越えようという目的もあるようで、普段あまり話さない子と組んで踊ったり、宗教のせいでダンスを踊れない子たちもDJとして参加したり、10歳の子供たちがそれぞれキラキラ輝いてました。
人数多すぎて誰が誰だか分らなかったものの(3校に取材してる事すら後半まで気付かなかった)、ませた子供たちのおしゃべりも面白くて、笑わされたり感心させられたり驚かされたり。
女子がすでに将来に安定した生活を望んでいるところが…将来ドラッグを売るような子はダメだとか、そういう子は親がしっかりしてないから可哀そうだとか、私が同じくらいの頃と比べてしっかり者すぎて凄い。
男子の方も負けず劣らず面白くて、とくにサッカーゲームをしている男の子のトークが最高でしたね。しっかり者で褒め上手だし、妙に哲学的(笑)
ラストの大会では、熱気あふれていて、みんな楽しそうで胸が熱くなりました。
Shall we ダンス?」と違ってかしこまった大会じゃないから子供たちの声援も不愉快ではなく、そもそも司会が「声援頂戴!」という感じでコントロールしていて、大人たちは主にそういう時だけ声援送って、後はそれを忘れるくらい熱中してるのが逆に良かったです。
エンドロールで将来とか愛について語ってる子供たちを映していて、最後まで楽しく観られました。

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.