忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「さよなら。いつかわかること」観た

さよなら。いつかわかること
原題:GRACE IS GONE
製作:アメリカ’07
監督:ジェームズ・C・ストラウス
ジャンル:★ロードムービー/ドラマ/戦争

【あらすじ】シカゴのホームセンターで働くスタンレーのもとに、イラクに出征中の妻グレイスの戦死の報が。気持ちの整理がつかない彼は、12歳の長女ハイディと8歳の次女ドーンにその事実を伝えることができず、ドーンが行きたがっていたフロリダの遊園地を目指して家族旅行を始め…。

クリント・イーストウッドが音楽担当らしいです。鑑賞後に知ったのでぜんぜん覚えてないけど、そう言えばEDは早送りせずにしみじみ聞いてしまった。
妻に先立たれた夫であり、母親を亡くした娘たちの父親であるスタンレーを、ジョン・キューザックが熱演。
奥さんの声が入った留守番電話に旅先からメッセージ(弱音)を残すのが切ない…。
何も知らず戦地へ行った母を心配し、夜眠れなくなってしまった長女ハイディに、「眠れない時はパパを起こせ、話ができるだろう」とスタンレーが言うシーンがよかったな。いい父親です。
隠れてタバコを吸っていた彼女に、タバコを買い与えて一緒に吸い、ゲホゲホむせてみせて、「やめたほうがいい」と娘に言わせるくだりとか、機転が利いて普通に感心してしまいました。

一番良かったのは、ドーンとお母さんの約束です。ネタバレしない方がいいと思うので詳しくは書かないけど、この約束のおかげでラストは涙腺が…。
こういう心が繋がるような約束は、時には何よりも助けになりますね。
ただちょっと気になったのは、終盤の家族の会話シーンがセリフなしだったのと、ケンカ別れ?したスタンレーの弟と仲直りしたシーンが少しも描かれなかったのが、さらっと流しすぎて物足りない。
あと、ムダにフィルムがレトロ風なのが意味不明だった。
ちなみに、原題の意味は「グレースはもういない」と直接的で、この邦題はけっこう良かったと思います。

■ Comment

No title

>ただちょっと気になったのは、終盤の家族の会話シーンがセリフなしだった
私はここはセリフが聞こえなかったのが、よかったなぁと思いました。
気持ちの伝え方ってそれぞれ、色んなスタイルがあるだろうから
あえてセリフなしで個々の想像にまかせてくれたのかな、と。

>この邦題はけっこう良かったと思います。
久々にいい邦題だったなぁと思いました。
時々とんでもないのがありますからね。笑
2014/08/01 (Fri) 21:42  マミイ編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
このセリフなしのシーンは人によって印象が変わりそうですよね。
わたしも観る人に任せるタイプの描き方は好きなんですが、もう少し最初の方だけでもセリフありでよかったかなぁと思ってしまいました。
ちょっと短い作品だったからだと思います。

> 久々にいい邦題だったなぁと思いました。
> 時々とんでもないのがありますからね。笑

ですよね~。これは愛情の感じられる邦題でした。
センス以前に作品への敬意がまったく感じられない邦題があるのが困ったものです!
2014/08/02 (Sat) 21:09  宵乃〔編集〕  

こんばんは!

この映画、すごーく覚えてます。
3人で浜辺に寄り添って座っている予告編を観て「絶対観よう!」と思った作品でした。ラストとかからくりがぼやけて思い出せない映画って、私実はけっこう沢山あるのですが(^^;)この映画のラストは忘れられません。

そうそう、セリフが聴こえないんですよね。物語を極個人的なお話としてそっと閉じていたところが印象的でした。お父さんが子どもたちに何と伝えたのか、それをずっとずっと追って観てきた物語だっただけに、想像するだけで泣きそうになります。。。私はあのエンディングで泣いてしまいました。ほんと、邦題だけでも泣かせられます。なかなかない、良い日本語タイトルですよね!

ジョン・キューザックは「俳優は自ら傷つく仕事だ」とアクターズ・スタジオ・インタビューで言っていました。「普通は隠したり否定したくなるような人間の影の部分をさらけ出す場所が演技なのだと思う」と言っており、やはり彼の作品では単純なヒーローものというのはほとんどないような気がします。どこか情けなくて、だらしなくて、みっともない部分があるという役が多いのですが、でも考えてみるとそういう役柄の方が人間味があって身近に感じられます。この映画も、まさに彼のそんな存在感がはまった作品だったなぁと思いました。

音楽はイーストウッドだったのですか!わー、もう納得!の一言です。この映画の想いを静かに包み込むようなピアノ曲がとても素晴らしかったと思います。あー、なんて良い情報でしょうか。宵乃さん、ありがとうございます♪
2014/09/11 (Thu) 21:15  はなまるこ〔編集〕  

>はなまるこさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
あのラストシーンを予告にもってくるとは、なかなかやりますね。
邦題といい、かなり配給会社の誠意が見られる作品です。

> ラストとかからくりがぼやけて思い出せない映画って、私実はけっこう沢山あるのですが(^^;)この映画のラストは忘れられません。

わたしもラストから忘れるタイプで!(笑)
再見する時にお得なんですが、この作品はラスは印象に残ってますね。
きっとこれからも心に残っていくと思います。

> 物語を極個人的なお話としてそっと閉じていたところが印象的でした。お父さんが子どもたちに何と伝えたのか、それをずっとずっと追って観てきた物語だっただけに、想像するだけで泣きそうになります。。。

確かにその通りですよね。
そう考えると、この作品のラストはあれがベストだったんだと思えます。
音楽に身を任せて、想像力を働かせればよかった!

> 「普通は隠したり否定したくなるような人間の影の部分をさらけ出す場所が演技なのだと思う」と言っており、
> この映画も、まさに彼のそんな存在感がはまった作品だったなぁと思いました。

キューザックの俳優としての生き方が伝わってくる言葉です。
本気で演るほど傷つくとは、それでもこのような役を演りきるがすごい!
根っからの俳優さんという感じです。ますます好きになりました♪

> 音楽はイーストウッドだったのですか!わー、もう納得!の一言です。この映画の想いを静かに包み込むようなピアノ曲がとても素晴らしかったと思います。

再見する時はじっくり彼のピアノも堪能したいです。
イーストウッドが作曲した曲はあまり知らないんですが、この映画の感動を引き立てる良い曲でした。
何気に恵まれた作品ですよね~。
2014/09/12 (Fri) 10:59  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
.