忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

ディズニー・ピクサー作品 まとめ感想

ディズニー・ピクサー作品の感想をまとめてみました。

「トイ・ストーリー」
3の後に観ると、ウッディの性格の悪さにちょっとガッカリ。まあ、この成長や友情があって、3の感動に繋がるんだよね。シドの部屋にいる、クモみたいな脚に毛をむしられた赤ちゃんの顔の子が妙に印象に残ります。バズは自分を人形と認識してなかったのに、何故人間の前でおもちゃの振りをするのか。人形の本能?
「トイ・ストーリー2」
前作に比べてウッディが成長してるんだけど何故かノレない。オモチャ屋に向かう道中で、交通事故を引き起こしそうなくだりがあるのがね…。せっかく女の子キャラが登場したんだから、もっとラブラブしてほしい。バズとの出逢いは最後だもんなぁ…。
「カーズ」
あまり面白かった覚えがなかったものの確認のため再見。全体的にはいい話で「ドク・ハリウッド」みたい。でも、マックイーンは中盤までいけ好かない奴で、さらにメーターの悪ふざけ(トラクターを驚かせて転んだところを笑い飛ばす)が大っ嫌いなので印象が悪かったのね。それ以外はいつものピクサーらしく、車たちが生き生きしてました。ルイジとグイドのコンビが好き。
「カーズ2」
いきなりスパイ映画で、主役はマックイーンからメーターに変更。メーターはあまり好きじゃないけど、嫌な奴という訳じゃないんだよね。ドック・ハドソンがお亡くなりになっていたっぽいけど、話の流れ的に必然性はないから声優さんが亡くなったのかなぁ…と調べたら、ポール・ニューマンだったのか。そしてやっぱり亡くなったからだったのか。彼への親愛と敬意が感じられました。
「レミーのおいしいレストラン」
「ねずみ=不衛生」という常識のある世界で、「ありえない」のオンパレードが続くので結構しんどい…。もっと頭が柔軟な時期に観れば楽しめたかも。CGは相変わらず素晴らしい。
「カールじいさんの空飛ぶ家」
半サイレントって感じでセピアカラーな妻との思い出が流れる冒頭がよかった。ボーイスカウトの少年の登場シーンまでは面白かったんだけど、家が飛んでる時間が少ないし、なんでもありな展開が有り得ると思える説得力に欠け、段々と白けていってしまった。悪役になってしまった冒険家にも救済措置をとってほしかった…。
「メリダとおそろしの森」
得体の知れないものを食べさせた母親が倒れても心配せず、自分の行いを悔いるのも遅すぎなヒロインで、嫌いというより現実感がなかった。お姫様の責任とか以前の問題ですよねー。でも、弓を射るヒロインは好きです。これをもっと物語に活かせてたらなぁ。
「ピクサー・ストーリー~スタジオの軌跡」
ピクサーアニメが好きな人なら楽しめるし、映画のCG技術の歴史も垣間見えて面白い。ディズニーだけじゃなく、ジョージ・ルーカスやスティーブ・ジョブスも関わっていたんだね~。ピクサーで働く人たちは常に新しい最高のものを求めていて、年齢に関わらず若かった!
関連記事
「ファインディング・ニモ」観ました
「Mr.インクレディブル」観ました
「ウォーリー」観た
「トイ・ストーリー3」観ました
「モンスターズ・ユニバーシティ」観ました
「インサイド・ヘッド」観ました

■ Comment

こんにちは。

ブログデザインは日々成長を続けていて、いつまでも完成しないものでは?と思っています。(^^)
私も昔、追記に感想を書いていたのですが…いつしか辞めてしまいました。1回押すという行動が面倒なんですよね。でも全部載せると長くなりすぎるという…どっちつかずで難しい問題ですよね。(>_<)
でも、いろいろと試していくのは楽しいです。宵乃さんならではのデザインを目指して♪

「レミーのおいしいレストラン」

 知っているのがコレしかないというのは置いておいて…。
 レストランにネズミという本来なら絶対にあってはいけないシチュエーションですが、それをさらにレミー側の視点から見せているところがピクサーならではの作り方だったと思います。思い起こせばピクサーはいつも玩具、魚、車、飛行機、ロボットなど今までにない視点からの独特な世界を私たちに見せてくれているように思えます。

当時の古い記事ですが、トラックバックさせて頂きました。
2014/07/11 18:22  白くじら編集

>白くじらさん

> ブログデザインは日々成長を続けていて、いつまでも完成しないものでは?と思っています。(^^)

ですよね~。ひとつ気になることが出てくると調べるのが止まらなくなってしまって。
私の場合、基本も良くわかってないので新しい技術に飛びついている場合じゃないんですけどね(笑)
HTMLやCSSの記述順の優先度が良くわからない!

> 私も昔、追記に感想を書いていたのですが…いつしか辞めてしまいました。1回押すという行動が面倒なんですよね。でも全部載せると長くなりすぎるという…どっちつかずで難しい問題ですよね。(>_<)

できれば読んでくれる方に余計な手間をかけさせたくないんですが、スクロールに時間がかかるのも問題ですよね。
いっそのこと、マウスオーバーで折りたたみが解除されるような(しかもカーソルをはずしても戻らないような)のとか誰か作ってくれないかなぁ(他力本願 笑)

> でも、いろいろと試していくのは楽しいです。宵乃さんならではのデザインを目指して♪

ありがとうございます!
シンプルイズベストで頑張りたいと思います♪

> 「レミーのおいしいレストラン」
>  レストランにネズミという本来なら絶対にあってはいけないシチュエーションですが、それをさらにレミー側の視点から見せているところがピクサーならではの作り方だったと思います。思い起こせばピクサーはいつも玩具、魚、車、飛行機、ロボットなど今までにない視点からの独特な世界を私たちに見せてくれているように思えます。

本当にあってはいけない状況でした…。
これが楽しめないのは頭が固いのかなぁと思ってしまいましたよ。
ピクサーはチャレンジ精神旺盛というか、人とはちがう目をもっているというか。いつまでも自分たちの持ち味を大事にしていってほしいです。
2014/07/12 07:29  宵乃〔編集

こんにちは

→カーズ2
3歳になったばかりの甥っ子が2歳のときから「makiちゃんカーズツーみる?」とそればかり連発して一緒にカーズ2ばかりみてたので、1作目より2作目のほうが何十回とみていて良さもわかってるつもりです。メーターが主人公だけど、スパイ映画の面白さもあるのであまり飽きませんね。

→メリダとおそろしの森
地味ですが、世界観は作りこんであって、質感も素晴らしいし
「歌がないアナ雪」よりはストーリーが好きかもしれません
母娘って難しいよね…
そこをうまく描いた作品だったと思います
同性嫌悪とかありますしねー同じ女だからこそわかることも、憎む事も、色々ありますもの
メリダの自分の運命を決める一矢がかっこよかった
2018/02/07 14:22  maki

>makiさん

「カーズ2」は甥っ子くんのお気に入りでしたか。一緒に何十回も見てあげるなんてお優しい!
序盤から間違えなくカーズなんだけども、ちゃんとスパイ映画していて面白かったですよね。車であることを忘れさせます(笑)
勘違いではあったもののメーターの能力が必要不可欠だったことと、ちょうど自分は邪魔者と落ち込んでいたことがカッチリかみ合っていて、お話としても良かったと思います。

あはは、「歌がないアナ雪」ですか。未見ですが、それは観る気が起きないかも!
世界観自体は面白かったですよね。伝説と魔女の関係とか、謎の人魂がいる森とか、個性的な王族とか。
案外、続編をつくったら成功するかも。あの三つ子の冒険とか見てみたい気がします。

> 同性嫌悪とかありますしねー同じ女だからこそわかることも、憎む事も、色々ありますもの

ですね~、中世ファンタジーでありながら、現代にも通じるテーマを描いていたと思います。
最初にもう少し母親のことを心配する描写があれば、入り込めた気がするんですが…。

> メリダの自分の運命を決める一矢がかっこよかった

真ん中の真ん中を射抜く!
神業でしたね。
2018/02/07 14:24  宵乃〔編集

No title

こんにちは!
メリダは随分、前に見ていて内容の記憶が全くありません(汗)
確か、寝オチしたような・・、と自分の記事を調べると
当たってて嬉しかったです(笑)

>でも、弓を射るヒロインは好きです。これをもっと物語に活かせてたらなぁ。

確かに!!
弓をいる姿がカッコ良かったことは覚えてます!!(^.^)
いろいろ難しいですね、、(^▽^;)
2018/02/07 14:28  take51

>take51さん

あはは、寝落ちしてしまいましたか。
ピクサーだけあってCGは素晴らしかったんですが、残念。
きっとお仕事で疲れてらしたんですね!

> 弓をいる姿がカッコ良かったことは覚えてます!!(^.^)

ですよね!
冒険ファンタジーを期待してたので、もう少し弓で活躍してほしかったです。
いっそのこと、姫の珍道中とか描いた続編がほしいです(笑)
2018/02/07 14:29  宵乃〔編集

こんにちわ

「メリダとおそろしの森」
映像の美しさは素晴らしかったですね。
母が熊になっちゃったときは「はぁぁ???」って感じでしたが、全体的に楽しく見ることが出来ました☆^^
2018/02/07 14:29  mia☆mia

>mia☆miaさん

いらっしゃいませ!
母がクマになるくだりは、子供だったらすんなり受け入れられるのかな?
斬新すぎる展開です(笑)
良いところもたくさんある作品なので、ディズニーみたいにOVAやテレビアニメで続きをやっても良さそうですよね~。
2018/02/07 14:30  宵乃〔編集
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

レミーのおいしいレストラン
料理は誰にでも作れる。しかし偉大な料理を作るには勇気が必要だ。 2007年(RATATOUILLE (rat a too eee)) 製作国:アメリカ 監督:ブラッド・バード 製作:ブラッド・ルイス 製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン 脚本:ブラッド・バード 音楽:マイケル・ジ…
MOVIE-DIC|2014-07-11 18:10
.